瞳の黄金比率は1:2:1!濁り目対策で『白目の部分』も美しく

モテ子
前から思っていたんだけど、アナタって死んだ魚に似てるわよね。

02」は第一印象を左右する重要パーツ。今では普段使いできるカラーコンタクトもすっかり浸透し、「瞳の黄金比率の日」(1月21日)までも制定されました。ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが「カラーコンタクトレンズに関する意識調査」の結果をもとに打ち出した瞳の黄金比率は「1:2:1」。この数字を見て“黒目は大きい方が魅力的”と思い込んでしまうのは実はNG!なんと、黒目がこれ以上の割合を占めるようになると、支持率はガクンと下がってしまうのです!美しい瞳の条件とは、白目と黒目のバランスが良く、双方ともに輝きをキープしていること。美容業界では「本物の美人は白目が綺麗」と発言する人もいます。濁り目対策術を知り、真のまなざし美人を目指しましょう☆

アナタは白目美人?それとも濁り目予備軍?

白目の美しさが失われる要因は、日常生活中に沢山潜んでいます。まずは下記のチェック項目で、日頃の習慣が目に負担を与えていないか再確認してみましょう。
【濁り目度チェック】










01いかがでしたか?チェック数が少なければ、アナタは「瞳を美しく保つ生活」ができています◎逆にチェックが多かったという方は、充血眼精疲労、目の黄ばみや結膜炎に気をつけて!今は大丈夫という方でも、今後白目の透明感が失われるリスクがあるので注意しましょう。この他に、白目の美しさを奪う大きな原因として挙げられるのが「加齢」。けれど、こればかりは避けられないと落胆するのはまだ早い!肌や髪同様に、瞳だってアンチエイジングできるんです☆というわけで、白目をより白くするテクをお教えします♪

充血&お疲れEYESに☆目の周りの筋トレ

目の酷使による疲れや、ドライアイによる充血を解消するには「眼輪筋(がんりんきん)トレーニング」がオススメ!目の周りを取り囲む筋肉のエクササイズなので、目元のクマやまぶたのむくみ解消にも効果抜群です。目ヂカラをUPさせたいアナタも是非試してみて。
【眼輪筋トレーニング】(朝と夜1回ずつ行いましょう)

  1. 目をギュっと閉じる。(5秒間)
  2. 目を思い切り見開く。(5秒間)
  3. 目を見開いた状態で、顔や眉を動かさないように、眼球だけ右→上→左→下に動かす。(各5秒間ずつ)

瞳の美容食材はコレ

目に良い食材といえば、アントシアニン豊富な「ブルーベリー」を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、若々しい白目のキープ&再生に役立つ食材は他にもあります☆

ほうれん草

ほうれん草には「ルテイン」という、目を紫外線ブルーライト(この2つは目にとって大ダメージとなります)から守る栄養素が豊富に含まれています。ルテインはもともと人間の目の中にも存在しているのですが、歳と共に減少してしまうため、食事やサプリで補うのがGOOD。ほうれん草には、眼病や充血を防ぐ「ビタミンC」も豊富!このビタミンCはルテインの吸収をサポートする力もあります。
【ルテインを含む食材】ほうれん草/ケール/ブロッコリー/卵

レバー

目の疲労回復に役立つ「ビタミンB1」と「ビタミンB2」、目を乾燥から守る「ビタミンA」がたっぷり含まれているのがレバー!ドライアイの人は、ビタミンB群とビタミンAを積極的に摂ることをオススメします。ただし、後者のビタミンAは、過剰摂取すると副作用が出てしまうビタミンなので要注意!めまいや吐き気を引き起こす/胎児に悪影響を与えるといった危険があるので、妊娠中の方は特に注意が必要です。
【ビタミンB1・B2を含む食材】豚肉/納豆/豆腐/うなぎ/ひじき
【ビタミンAを含む食材】シソ/小松菜/人参/うなぎ/ピーマン

白目を際立たせるアイメイク

白アイシャドウ×紺色マスカラorアイライナー

瞳自体にアプローチする以外に、「白(パール感のあるもの)いアイシャドウ」の反射を利用して白目をキレイに見せるという方法があります。

【方法】

  • 下まぶたや目頭に白アイシャドウ(またはペンシル)を薄く入れるだけ

アイシャドウをおいた下まぶたが「レフ版」の役割をしてくれ、目の色がキラキラと輝いて見えるというわけ☆「」もまた、白目を綺麗に見せてくれる色です。深いブルーや紺色のカラーマスカラやアイライナーを使ってみるのも良いでしょう。

この他、目の周囲の血行を促進する「温冷タオルケア」や、軽いマッサージも白目をクリアにしてくれます。現在は「目のホワイトニング」用の目薬も発売され注目を集めているとか☆澄みきった白目は、黒い瞳を引き立ててくれるだけでなく、目を大きく見せる効果もあります。逆に充血した目や黄ばんだ目では、黒目を強調したコンタクトを使ったとしても「痛そう」という印象を与えてしまいますよね。白い目は新たな美の基準!内側からも外側からも、しっかりとケアしてあげましょう♪

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!