13812_eye

流行メイク!すっぴん風メイクの方法

モテ子
今年のトレンドワードは素肌感。その分厚い化粧から卒業しなさい。

美容界のトレンドワードと言えば「すっぴん風メイク」!健康的で清潔感あふれるナチュラルなメイクは男子ウケも抜群!最近競うようにブログですっぴんを披露しているタレントやモデルたちも、実はその多くが本当のすっぴんではなく“すっぴん風メイク”を施しているというのです!素肌を活かした好感度バツグンのメイク、今すぐ自分もトライしたい。でも気になる部分は隠したい…それが女子の願いですよね。今回は、そんな欲張りな女子の願いをかなえるべく、欠点を隠しつつ素肌感はキープする方法を伝授☆作りこまないナチュラルさと抜け感を演出して、「メイクしてないの?」と思っちゃうような清楚カワイイ「イマドキ顔」に変身しましょう!

スキンケアで土台作り

すっぴんメイクに欠かせないのは、素肌感。メイクの前に、まずはスキンケアでしっかりとお肌を整えることで、メイク後の乾燥やヨレを防ぐことができます。スキンケア時には、シートマスクでのケアや化粧水でひたひたにしたコットンでパッティングするなど、十分な水分を与えることが大切。その後、油分でお肌にしっかりとフタをして水分を閉じ込めます。この時、こっくり系のクリームは使わず、オイルや乳液など薄く伸ばせるタイプの保湿アイテムを選んで。

モテ子流!すっぴん風メイク

ナチュ肌をつくるベースメイクの3ステップ

すっぴん風メイクには、丁寧な下地作りとパウダーで仕上げたふんわりフォギーなお肌が必須。モテ子流すっぴん風メイクは、下地・コンシーラー・パウダー3ステップで、素肌の美しさを際立てます。

肌色を補正する下地をチョイス

化粧下地すっぴん風メイクは、何をおいても下地が命!透明タイプのものより、肌色を補正するタイプの化粧下地をチョイスし、お肌全体に均一に伸ばします。目頭や小鼻のキワ、口元などヨレやすい部分はスポンジでトントンと押さえるようにして。このひと手間が、長持ち美肌のヒケツです☆
ここで気をつけたいのは、頬やおでこなどの広い部分には、極力スポンジを使わず指で伸ばすこと。ファンデーションと違って軽い力でもヨレてしまう化粧下地…、広い部分にスポンジを使うとかえってムラになることもあるんです。

コンシーラーで気になる部分をカバー

クマニキビ跡などの気になる部分は、コンシーラーで軽くカバーします。ここでコンシーラーをこってり塗ってしまうと仕上がりが不自然になってしまうので、厚塗りはNG!気になる部分を薄くする程度でOKです。

ナチュラルなルースパウダーをオン

すっぴん風メイクベースメイクの仕上げに、素肌の色を活かす粒子の細かいルースパウダーをお肌に重ねましょう。
すっぴん風メイクは、あくまでもお肌の色味と質感を活かしたメイク。肌を明るく見せるピンクや赤みを消すブルーのパウダーなどもありますが、これらはファンデーションと重ねないと逆に不自然です。素肌の色にもよりますが、よほど小麦肌でない限りは、基本的にナチュラルカラーをチョイスして。
また、すっぴん風メイクでは、パウダーをしっかり密着させることが大切。パウダーブラシではなくパフを使用して、細かい部分までしっかりと押さえましょう。

ポイントメイクは色味なし&血色重視

ベースを整えたら、次はポイントメイク。最低限のアイテムを用い、細部までしっかり仕込むことが、ナチュラルな質感を生み出すためのポイントです。

アイブロウはパウダーのみ

メイクの印象を決めるは、パウダーのみを使用してふんわりとした太眉を意識して。
眉山を作らず、なだらかで均一な太さに揃えることで、地眉っぽさを演出できます。また、傾斜をつけない直線的なの眉を描けば、あどけない子供っぽさを演出することも♪その日のファッションなどに合わせてみても良いでしょう◎

アイラインはペンシルで仕込む

やわらかい印象を作るためには、ブラウンのペンシルライナーが最適。まつ毛の隙間を埋めるように、目のキワにラインを引きます。目じりは跳ね上げず、まっすぐか少し下げ気味にするとナチュラル感が増してより柔らかい雰囲気に…☆

チークはコーラルカラーをまぁるくふんわりと

いくら流行りの色とはいえ、ピンクやブラウンのチークはすっぴん風メイクには不向き。レッドやコーラルを使って自然な血色をプラスし、ジューシーなふんわりほっぺを作りましょう。
頬のいちばん高いところを中心に、まぁるくチークをオン。少し横長の楕円形に入れれば、初夏らしいハツラツとした印象にチェンジ!

これまで主流だったボリューム重視のメイクとは違い、余計な手間を省いた「薄盛りメイク」がヌーディ感を生み出すコツ。一つ一つのプロセスを丁寧に行うことで、崩れ知らずの素肌感あふれるナチュ顔が完成します。ポイントをしっかり押さえ、明るく健康的なすっぴん風メイクにぜひ挑戦してみてくださいね!

ナチュラルメイクおすすめ記事

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!