短い爪でも長見せOK!指が細く見えるネイルテク

モテ子
選ぶ色や形次第でアナタの指はどこまでも細く長く見せられるのよ。指痩せしてる時間がない女子は取り入れてみなさい。

美しいネイルアートは指先を華やかに演出してくれます。でも、指が短いし爪も伸ばせないから、どんなネイルアートをしても似合わないかも…、そんな指先コンプレックスを抱えている女子も多いみたい。そこで今回は、悩める女子のために指先をほっそりと長く見せるネイルテクをお教えします!なんでもストーンを置く位置を工夫するだけで指が長く見える効果が生まれるのだそう!更には「指が細く見えるカラー」もあるのだとか☆指先美人になりたい女性必見です!

指が細く綺麗に見えるカタチ

短め派:自爪の形を楕円形(オーバル)に整える

01エメリーボードで爪の両端から中央へ向かって削っていきます。この時、先端を尖らせすぎず、卵型のようなラインに削るのがポイント。

長め派:スクエアオフでより長く

爪を伸ばせる方にオススメなのは先端をとがらせないスクエアオフ。爪の面積が広くなるため、長見せ効果が最大限に出ます。ただし、長い爪でスクエアオフにする場合、両端が欠けやすくなるので扱いには気を付けて。

長見せカラー&デザイン

普段使いOK!ヌードカラー

02オフィスや学校でも使用できる上品な「ヌードカラー」は指の色をきれいに見せ、更に指を長く見せてくれる定番カラー。自分の指の色に近い色味を選ぶのがベター☆大人の女性らしさを演出できます。

寒色系カラー&ラメ

03寒色系のカラーは指元を引き締めて、指を長く見せてくれます。写真のような濃紺×シルバーラメはパーティシーンなどにピッタリ。この夏トレンドのターコイズブルーに挑戦してみるのもアリ◎

斜めライン&ラメ

04斜めフレンチは指を細く長く見せる定番デザイン。ゴールドやシルバーなど、目を引くカラーで斜めに細いラインを入れると、更にほっそり長見せ効果がUPします。

指先にポイントを置く

0506

指先ラインストーンラメを置くと、視線がそこに集中するので指がスラリと長く見えます。オーバルのカタチと組み合わせることで、爪の先端が更に強調されます。

ネイルを施すことで指が縦に長く見える理由は、「分割錯視」(ぶんかつさくし)という、目の錯覚から起きるもの。爪が伸ばせない時に使える便利な裏技です☆今回ご紹介した長見せテクはどれもシンプルなので「セルフでできそう!」と思われた方も多いのでは?実は、爪全体をデコりすぎるとかえって指が短く見えてしまうんです。指を細く長く見せたい時のアートはシンプルなものがおススメです☆アナタの日常生活にぜひ取り入れてみて。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!