h-01.png

まだ間に合う!日焼け後のアフターケア

モテ子
諦めたらそこで試合は終了よ。

青い空に碧い海!太陽の下でのBBQ!
色白肌はキープしたいけど夏のイベントは外せない、そんなリア充女子に朗報です!紫外線対策をどんなに徹底して臨んでも、長時間日差しの下で過ごしてしまうとやっぱりお肌はダメージを受けてしまうもの。屋外で夏を満喫したいなら色黒女子化は致し方なし!?いいえ、そんなことはありません。日焼けダメージは、直後に適切なケアをすることで最小限に抑えることができるんです◎日焼け後のアフターケアは正しい知識とスピードが命!方法はいたって簡単。夏を美肌で乗り切りたいアナタは必見です☆

日焼け=軽いやけどと考えるべし!

日焼けした直後のお肌ってヒリヒリと痛みますよね。酷い時には赤く炎症を起こしたり水ぶくれができることも。これは、お肌が“やけど”を負った状態に陥っているから。日焼け後のアフターケアは「軽いやけどをした敏感なお肌を扱うもの」と考え慎重に行うことが最も重要です。

まずはクールダウン

h-01.png日焼けをしてしまったら、やけど同様まずはすぐに冷やすこと。冷たい濡れタオル、ハンカチなどで包んだ保冷剤、氷水を入れたアイシングバッグ(氷嚢)、市販の冷却パックなどを肌にあてましょう。冷水をかけたり水風呂につかるのもOK。ただし、シャワーを使う場合は肌に刺激を与えないよう水圧は抑え目に。

日焼け止めの落とし方

日焼けした当日の洗顔には細心の注意が必要。お肌をいち早く清潔な状態に戻すために、帰宅後はすぐにメイクや日焼け止めを落としましょう。この時、刺激の強いクレンジング剤や洗顔フォームは使用しないよう気をつけて。アナタのお肌は今「敏感肌」になっています。低刺激の洗顔フォームや石鹸だけで優しく落とし、W洗顔が必要な場合はミルクやクリームタイプのクレンジングアイテムを用いましょう。お湯で落ちるタイプのコスメをお使いの場合は洗浄アイテムを使用せず、お湯だけで優しくすすぎ落とすのがベストです。

入浴はぬるま湯シャワーのみ

熱いお湯は日焼け直後のお肌にとっては大ダメージ。全身日焼けをしてしまった場合は、湯船に浸からず、ぬるま湯や冷水でシャワーするだけにとどめましょう。身体を洗う際にはタオルなどを使わず(特にナイロンタオルは厳禁!)、素手で優しく包み込むように洗い、すすぎに重点を置きましょう。

日焼け当日のスキンケア

日焼けした肌は水分が不足した状態。コットンに低刺激の化粧水をたっぷりと染み込ませてパッティングしましょう。ここで押さえておきたいのは次の2ポイント。

  1. 化粧水はお肌のほてりやヒリヒリ感がひいてから使う
  2. 日焼けした当日に美容成分たっぷりの美白化粧品などを使わない

「日焼けしたらとにかく美白!」と考えるのは日焼け後数日経ってから。美容成分も過敏な状態のお肌にとっては大きな負担。当日のケアは極力シンプルなものにとどめましょう。オススメは消炎&保湿効果抜群の“アロエ”配合の化粧水。また、お肌にフタをするための乳液やクリームも低刺激のものを選びましょう。馬油クリームや、乳液代わりにオロナイン軟膏を使用するのも◎これらは軽度のやけどを沈める効果があり、日焼け直後のケアアイテムとしては最適です。

水分補給は身体にも!

先に述べた通り、日焼けをしたお肌は乾燥し、皮膚細胞は脱水状態に陥っています。外側からの保湿だけでなく、水を飲んで内側からも不足した水分を補いましょう。ミネラルウォーターのほか、スポーツドリンクなどもオススメです。
また、日焼けしたお肌の早期回復にはビタミンA.C.Eを摂ることも重要。これらは3種まとめてビタミン“エース”と呼ばれることも。美肌再生のために覚えておきたい呼称ですね☆

  • ビタミンA…小松菜、ニンジンなどの緑黄色野菜、うなぎ、レバー
  • ビタミンC…グレープフルーツなどのかんきつ類、キウイ、アセロラ
  • ビタミンE…アボカド、アーモンド、モロヘイヤ

日焼け後のNG行為

日焼け後のお肌が非常に敏感な状態であることはもうお分かり頂けたはず。次のような行為は更なるダメージを与えてしまうので絶対にNGです。

  • 無理に皮をむく:シミや傷跡が残る原因となってしまいます。
  • 更に日焼け止めを塗る:日焼け後の肌を紫外線に晒すのは厳禁!けれど日焼け止めもダメージのモト…。日焼け後の肌は柔らかい素材の上着や日傘などで守りましょう。
  • アルコールやカフェインの摂取:これらは水分を体外へと排出する作用があるため、乾燥・脱水状態を悪化させてしまいます。また、飲酒は日焼けや炎症を促進してしまう残念な力もあるのだとか。アルコールは日焼け後だけでなく、「前」にも控えたいものですね。

最後に

いかがでしたか?これまで日焼け当日にシートマスクなどでガッツリと美白ケアをしていた方は驚かれたかもしれません。本格的な美白アイテムは、日焼け後のヒリヒリ感や赤み、かゆみが解消されてから使うこと。数日は敏感肌さん向けのアイテムを使い、肌状態を元に戻していきましょう。外側からケアできない分は、食事や睡眠など、内側からのケアで補って。
アウトドアに部活、外回りの仕事etc…現代女性が紫外線の攻撃から逃れるのはなかなか難しいもの。アフターケアの知識もしっかり身につけることでこの夏こそは白いお肌を守りぬきましょう♪

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!