初心者さんでも簡単ゆる巻き☆コテの使い方~基本編~

モテ子
髪の巻き方ならこの私に聞きなさい。…実はデジタルパーマなんだけどね。

ダークな髪色がトレンドの今秋。黒髪のまま、ヘアスタイルに日々変化を持たせることでオシャレを楽しみたいという女子が急増中です。何もしないと重たく暗~い印象を与えがちな暗めの髪も、ふんわりと巻けば優しげで女性らしい上品スタイルに様変わり☆でも、コテってなかなか使いこなせないものですよね。思い描いていたヘアスタイルにならなかったり、前髪を流すつもりが逆方向にクルンと向いてしまったり…。そこで今回は基本のコテの使い方をおさらい♪最もメジャーな3種類の巻き方をご紹介します。お洋服や気分に合わせて、ヘアスタイリングも楽しみましょう。

コテの選び方 サイズでカール感が変わる

使いやすいのは32mm!

「そもそもどのサイズのコテを選べばいいの?」という初心者さんにオススメなのは、定番の32mm!ふんわりとしたゆるい巻き髪を作ることができます。ショートやボブ、前髪などの短い髪には26mmのコテを。逆に、超ロングヘアの方は太めの38mmを使うと巻きやすさがUPします。女性に多いセミロングからロングヘアの髪に細めのコテを使うと「ゆる巻き」というよりは「強めウェーブ」に。また、太めのコテを使うと「巻き髪」というよりは「エアリーなうねり」を出すことができます。なりたい髪型に合わせてチョイスするのも良いでしょう。

コテを使う前に

きちんと乾かしカールローションを

髪は熱により傷んでしまうもの。特に濡れてキューティクルが開いた髪にコテを使ってしまっては大ダメージ!濡れた状態ではカールもつきにくいので、しっかり乾かしブラッシングした髪に使用しましょう。
次に、髪を熱から守るための「カールローション」を、巻きたい部分にだけ吹きかけて。カールの持続時間もグーンとUPしますよ。ローションで濡らし過ぎてしまった場合は、再度ドライヤーで乾かしましょう。

忙しい朝でもブロッキング

早速コテを使う…のはまだ早い!ローションをつけたら、クリップを4~8個用意して髪をブロッキング(上下左右に分けること)します。この一手間がキレイな仕上がりのためのカギ。髪の量に合わせて4束~8束に分けるのが理想です。オススメは、サイドの髪それぞれをクリップで挟み、後ろの髪を中心と上下に分けて、合計で6束作る方法。(=サイド2束、後ろ4束)とはいえ忙しい朝はできるだけ手間を省きたいもの。そんな時は、イラストのように髪全体を上下に分け、上段の髪だけ大きめのワニクリップやシュシュを使って頭上でまとめておきましょう。仕上がり度も巻きやすさもUPしますよ☆では、前準備ができたらいよいよコテを使ってみましょう。

定番愛されヘア フォワード巻き(内巻き)

まずは定番のフォワード巻き。フェミニン上品なので職場や学校でも浮きません。1回にコテに挟む髪は3cmくらいを目安にしましょう。多すぎは禁物。丁寧にブロッキングした人も、1束を更に2、3本に分けて挟みましょう。

やり方

→動画を再生できない方はこちら

  1. 髪の中間にコテを斜めに入れ、クリップが外側にくるように毛束を挟みます。
  2. コテの上部を支え、内向きに1回転させましょう。毛先までコテを滑らせながら同様に巻き、クリップをゆるめてスッと引き抜きます。

    ※注意:コテの温度は約180度と非常に高温。髪にあてる時間は1か所3秒程度に抑えましょう。

大人っぽく華やかに リバース巻き(外巻き)

フォワード巻きとは逆に、顔側から後頭部方向へとカールさせるリバース巻きは、洗練されたエレガントな印象を生み出してくれます。

やり方

  1. 髪の中間にコテを斜めに入れ、クリップが内側にくるように毛束を挟みます。
  2. コテの上部を支え、外向きに1回転させましょう。毛先までコテを滑らせながら同様に巻き、クリップをゆるめてスッと引き抜きます。

ミックス巻きにもトライ

ブロッキングした髪を、内巻き→外巻きと交互に巻いた後、ほぐして馴染ませるとボリュームがありオシャレなミックス巻きになります。ポイントはボリューミーになりすぎないようコテの回転数を2回程度に抑えることと、顔周りを内巻きにして小顔に見せること☆

短い髪にも ワンカール巻き

毛先のみを内側に巻くことでAラインのまとまりあるシルエットを作るワンカール巻き。シンプルかつガーリーで今とても人気です。ふんわりとしたボブスタイルもこの方法で作ることができます。

  1. 髪の中間にコテを水平に入れ、クリップが外側にくるように髪の中間を挟み、そのまままっすぐ毛先までコテを滑らせます。
  2. 毛先部分までコテが来たら、挟んだまま内向きに一回転させ、前方にコテを引き抜きます。

ふんわり前髪も同じ要領で

細めサイズのコテを水平に入れて、同じ要領で毛先を内側に巻くと、今っぽいふんわり前髪に。前髪を巻く場合も上下にブロッキングし、下段→上段の順で巻きましょう。横に流したい場合は、流したい方向とは逆に髪を引っ張りつつワンカールさせて。(=右に流したい場合は左に引っ張りながら巻く、ということ☆)

最後に 巻き終わったらほぐして仕上げる

全体を巻き終えたら、まずは髪の熱が冷めるまで放置orドライヤーの冷風をあてましょう。これがカールの崩れを防ぐコツ◎その後、手で髪をほぐし、スタイリング剤で最後の仕上げ☆ワックスを揉みこんだ後にスプレーを髪の内側から吹きかけるとより長時間キープできますよ。

いかがでしたか?初めてさんは、コテのスイッチをOFFにしたまま練習してみて。失敗や熱のダメージを最小限にとどめることができます。冬のパーティシーズンはすぐそこ♪自分に似合う巻き方を見つけて、女の子らしさをUPさせましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!