ニキビの原因はマスクにあり!?肌荒れを起こすマスクのNGな使い方

モテ子
ニキビを隠すためにマスクしてると悪化するわよ。

花粉が猛威を奮う今日この頃。寒暖の差も激しく、風邪も未だに流行中。この時期は、マスク女子が最も増加する時期と言っても過言ではないでしょう。外的刺激や細菌から私達を守ってくれるマスク。すっぴんフェイスを世間の目からも隠してくれるマスク。でも、そんなマスクがお肌に強い刺激を与えていることを、アナタはご存知でしたか?春先のニキビやカサつきの原因は、やりがちな“NGマスク習慣”にあるかもしれません。今回は、ニキビを増やさない正しいマスクの使い方と、ハーブティを使った女子向けオリジナル保湿マスクの作り方をお教えします。

当てはまったらマスク没収!NGマスクニキビ習慣

女子力低下ループに!スキンケアせずマスク

忙しい朝、メイクどころかスキンケアすらまともにできない。よし、とりあえずマスクを着用!この行為、お肌を傷つけています。どんなに良質な製品だとしても、やはりお肌に直接触れるマスクは、摩擦などの刺激を皮膚に与えてしまうもの。乾燥肌さんは、特に摩擦に弱いので注意が必要です。マスク着用時は、乳液クリームをいつも以上に丁寧に塗り、お肌を保護してからつけるのが正解です。

マスク荒れ被害者A
「スキンケアとメイクを一切しない“肌断食”を実践していた時に、すっぴん顔を隠すためにマスクを使っていたんです。鼻部分やゴム部分はかゆいし、ニキビも大量発生。肌大崩壊って感じでした。」

なんちゃってECO!?使い捨てマスクを使い回し

不織布製の使い捨てマスクに関しては、「もったいない精神」は捨てるべき。不衛生なマスクをお肌にあてるのはトラブルのもとです。原則としては1日1枚を目安に。マスクでお肌が荒れやすい方は、もっとこまめに交換しても良いでしょう。というのも、ウイルスだらけの電車や、花粉だらけの通学路を共にしたマスクには大量の刺激物質が付着しているから。風邪や感染症予防の場合は、通勤通学で1マスク→職場や学校で1マスク→帰路で1マスクの合計3マスクを使い、外部のウイルスを室内に持ち込むのを防ぎましょう。屋外だけでの花粉対策の場合は、行きと帰りで合計2マスク使うことをおすすめします。

雑菌育ててるの?長時間つけっぱなし

「職場ではずっとマスク。なんだか保湿効果も感じる♪」確かに、マスクを長時間つけていると、乾燥悩みは減るかもしれません。なぜなら、自分の呼気などによりマスク内が蒸れるから。“蒸れ”は皮脂分泌を盛んにするので、ニキビ発生リスクは高まる一方。また、温度も湿度も高くなったマスクの内側は雑菌の温床になり、既にできてしまったニキビが炎症を起こすまでに悪化することも。定期的にマスクを外して換気することを心掛けましょう。外したマスクは清潔な袋などに入れ、塵や汚れがつかないよう気をつけて。

ニキビを増やさないマスクの使い方

まず大前提として、「ニキビを隠すためだけにマスクをする」のはやめること。ニキビを悪化させてしまう原因は、先に述べた通り、刺激雑菌(特にアクネ菌)です。早く治すためにも、ニキビ跡を残さないためにも、隠したい気持ちはグッと抑えて。
花粉症や風邪対策としてマスクを使う場合は、サイズに注意しましょう。防御したい一心で、サイズが小さめ、紐がキツめのマスクを選ぶのは不正解。摩擦によるトラブル発生率が上がってしまいます。肌とマスクの間に隙間ができず、なおかつ着用していて負担を感じないものを選びましょう。マスクの紐は、肌荒れだけでなく、頭痛や耳が痛くなる原因にも…。

  • 紐が太めのマスクを選ぶ
  • 紐部分を覆う専用のチューブを装着する

このような工夫で痛みや負担を軽減することができますよ◎
乾燥肌さんや、風邪で喉がカサカサという方は、今話題の「濡れマスク」を使ってみては?この濡れマスク、なんと自分で手作りすることもできます。

スギ花粉症さん必見!オリジナル香る濡れマスクの作り方

マスク考案者Y
「乾燥肌なのでマスクと肌が擦れると痛くて…。でも、花粉症対策はしたいので、カモミールティを使った濡れマスクを作ってみました!」

ハーブティ濡れマスクの材料

  • ハーブティのティバック:1個(スギ花粉症さんにはカモミールがオススメ)
  • スープ皿
  • お湯:150mlくらい
  • 使い捨てマスク:2枚
  • マスクより小さいサイズに畳んだガーゼ

作り方

  1. スープ皿にお湯とティーバッグを入れてハーブティを作り、ガーゼを浸す。
  2. キッチンペーパーやタオルでガーゼの水気をよく切る
  3. 濡れガーゼを二枚の使い捨てマスクで挟んで出来上がり!

カモミールの香りは、花粉症や鼻炎を緩和する効果があるだけでなく、心を落ちつかせてくれる効果もあります。ただし、ブタクサ花粉症の人はアレルギー症状が悪化する危険があるので要注意。鼻詰まりや頭痛を解消するペパーミントティーなどで作ってみて。

マスク考案者Y
「濡れマスクじゃなくてアロママスクを作りたい場合は、水筒などに熱いハーブティを入れて、飲み口部分にマスクを一枚置いてみて。蒸気で香りを移せますよ♪」

いかがでしたか?マスクは、上手く使えば日々を快適に過ごすための強い味方になるもの。けれど、使い方を誤れば、肌状態を悪化させるおブス化アイテムになってしまうのです。これまでのNG習慣を見直し、美肌も健康もキープしましょうね!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!