20150413eye3

たれ目にもネコ目にも☆理想の目元別・アイラインの引き方

モテ子
私くらいの年齢になるとアイメイクよりもスキンケアになっちゃうのよね…。

目元は私達の印象を決める重要なパーツ。お肌や眉よりも「アイメイク重視!」という女子も多いでしょう。中でも手を抜けないのがアイライン!描き方やアイテム次第で、魅力UPにも失敗感の強調にも繋がってしまうから、慎重にいきたいところ。でも、守りに入って毎日同じラインを引き続けていては、メイクライフを100%楽しむことはできないかも!?今回は、たれ目ネコ目など、なりたい目元に合わせた上手なアイラインの引き方をお教えします♪

201504133girls

守ってあげたい☆たれ目メイク

20150413taremegirl
主役となるアイテムは、リキッドタイプのアイライナーと濃い茶色のアイシャドウ。アイライナーは、筆ペンタイプ細めのものをおすすめします。この他、ブラウンのペンシルライナーがあると尚良し。あらかじめアイシャドウを入れた状態で実践してみましょう。

How to

1
20150413tareme1まず、リキッドライナーで目頭から目尻まで、ごく普通のラインを入れましょう。
2
20150413tareme2目尻の延長線を描くように、3~4mm長めにラインを引きます。この時、ラインを跳ね上げないように注意。目を開いた状態で、目尻の流れに沿うようにラインを足してみて。
3
まぶたを指で軽く引き上げまつ毛の隙間を埋めましょう。くっきりとしたラインを引きたい場合は、黒目の中央から目尻部分を重ね塗りし、ラインを少々太めにしてみて。
※つり目さんの場合は、目頭側のラインを太くした方が、自然なたれ目に近づけます。
4
20150413tareme33で引いた目尻ラインの端から下まぶたの目尻側1/3にかけて、ペンシルライナーでラインを入れましょう。目尻を「く」の字で囲うイメージで。
5
20150413tareme4ダークブラウンのアイシャドウを、目尻ラインの端から下まぶたの目尻側1/3にかけて入れましょう。小さなチップを使い、ラインを引くイメージで。同じ色のシャドウで、上まぶたに入れたアイラインもぼかしましょう。
6
20150413tareme5マスカラは上下とも、目尻側のまつげを強調するように重ね塗りしてみて。お人形のようなタレ目になりたい場合は、涙袋にパール感のあるシャドウを入れましょう。

女子会に☆ハネ上げキャットライン

20150413catgirl
目尻をキュッと跳ね上げる「キャットライン」をマスターすれば、まるで子猫のようないたずらっぽい目元に。テーマパークへのおでかけや女子会など、華やかでオシャレな場にピッタリです。極細の筆ペンタイプリキッドライナーで描いてみましょう。

How to

1
20150413cat1まず、目頭から目尻まで丁寧にラインを引きます。まつ毛の隙間も埋めましょう。
2
20150413cat2目尻から5~8mm、斜め上向きの跳ね上げラインを書きます。目を開き、下まぶたの延長線を描くようにラインを入れると、垂れすぎず上がりすぎない自然なラインになります。ナチュラルなキャットラインはこれで完成。
3
20150413cat3目尻から跳ね上げラインの端を、△を描くように重ね塗りすると、パーティガール風のちょっぴり派手めなキャットラインになります。黒ではなくカラーライナーを使用するのもオシャレで可愛いですよ。

大きくつぶらな目元に☆オルチャン風アイメイク

20150413ulgirl
オルチャンとは韓国語で「最高に可愛い顔」という意味。美意識の高い韓国女子のメイクをお手本にして、アナタも最高にキュートな目元をGETしましょう。必要なものはジェルライナー黒系のアイシャドウ、そして涙袋用のパールシャドウです。王道のブラウン系シャドウではなく、ベージュのアイシャドウを、あらかじめアイホール全体に馴染ませておきましょう。

How to

1
20150413ul1目頭から目尻まで、ジェルライナーで太めのラインを引きます。リキッドライナーを重ね塗りしてもOK!太さの目安は、二重や奥二重の人の場合、「二重幅より少し細め」と考えて。
2
20150413ul3目尻より5mm程度ラインをたれ目風に延長し、スッと軽めに跳ね上げるように筆を抜きます。
3
20150413ul4黒系のアイシャドウを、下まぶたの目尻側1/3に入れます。目尻を「く」の字で囲むように意識すると、上まぶたの延長したラインとキレイに接続させられます。
※チップでは黒が濃くつきすぎるので、細いアイシャドウブラシを使ってみて。
4
20150413ul5オルチャンメイクに欠かせないのがぷっくりとした涙袋メイク。パール感のあるベージュシャドウや、涙袋ライナーを下まぶたに大胆にのせ、涙袋を強調しましょう。

自然でキレイなアイラインを引くためのコツ

初心者さんもこれで安心☆ペンシルで下書き

20150413eyeliner
今回ご紹介した3種のメイク方法は、いずれもリキッドジェルタイプのアイライナーを使用しています。しかし、これらを使って一回で美しくラインを引くのは、初心者さんには至難の技。ペンシルタイプのアイライナーを(1)目尻から黒目方向へ、(2)目頭から黒目方向へと少しずつ動かして「下書き線」を描いておきましょう。綿棒などでの修正も簡単です。

まつ毛の隙間はきちんと埋めよう

まつ毛同士の間を埋めずに、リキッドライナーなど印象度の強いコスメを使ってしまうと、アイラインだけ浮いたような不自然さが出てしまいます。上まぶたを指の腹で優しく持ち上げ、鏡を斜め上から覗き込んで。ペン先をまつ毛の下から入れ、少しずつ隙間を埋めていきましょう。この時も、柔らかいペンシルタイプを使うのがベター。
このあと、まつ毛の生え際よりも内側の粘膜に「インライン」を引くのもワンランクアップテク。ただし、粘膜部分にある「マイボーム腺」を詰まらせてしまうと、ドライアイ眼病の原因になることも…。インラインを引くのは、特別な日のみにしておいた方が良さそうですね。

アナタのなりたい目元は見つかりましたか?アイラインの引き方をアレンジするだけで、全身のオシャレ度も雰囲気も一変するもの。服やシーンに合わせてアイメイクにも変化をもたせ、女子であることを思いっきり楽しみましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!