Let´s眠活!睡眠を見直して美肌づくり

モテ子
森じゃなくても、よく眠る人は美女になれるらしいわよ。


睡眠不足のときは、身体がだるかったり、肌荒れするなど身体に影響が出ますよね。過労が目立つ現代では、国民の5人に1人は睡眠に問題を抱えているといわれています。睡眠は健康そして美容の最初の一歩です。様々な美容法やアイテムに目が行きがちですが、睡眠前後のちょっとした習慣作りでよりよい睡眠にできる「眠活」に注目してみましょう。

睡眠不足だと何が起こるの?

睡眠を十分にとれていないとストレスや疲れがとれにくくなります。また肌を新しい層に入れ替える「ターンオーバー」に影響をきたし、ニキビなど肌荒れをもたらします。睡眠はホルモンバランスとも密接な関係があり、質の悪い睡眠は太りやすい身体、不眠症なども引き起こしてしまいます。

さっそく実践!今日から始められる「眠活」4つ

睡眠は健康と美容の一番の要素です。質の良い睡眠をとるために、忙しい毎日でもできるちょっとした「眠活」を取り入れてみませんか?

1.毎日同じ時間に起きる

気持ちのよい目覚めと一日のリズムを作るホルモン「コルチゾール」は体内時計に依存して分泌されます。このホルモンは起きる3時間前に分泌を始め、起床時間にピークを迎えます。いつもより早起きしたときや、逆に寝坊したときに機嫌が悪くなったりしてしまうのはこのコルチゾールの分泌量が関係しているのです。コルチゾールの分泌を整えるには毎日同じ時間に起きることが最も有効です。また、コルチゾールはストレスを減らす作用や脂肪を分解しエネルギーに代える作用も持っています。

2.朝日を浴びて自然な快眠へ

朝日を浴びることはメラトニンの分泌に大きく影響します。メラトニンは自然な快眠をもたらすホルモンです。メラトニンの分泌は太陽を浴びているときに減少し、暗くなると増加します。また、メラトニンは光に大きく影響します。寝る前のスマートフォンやテレビは分泌の妨げになるので避けましょう。

3.睡眠時間は7時間~8時間が適切

睡眠不足や寝すぎが肥満に繋がるのは「レプチン」と「グレリン」のホルモンのバランスが乱れることにあります。レプチンは食欲を抑え、グレリンは食欲を増進します。睡眠のリズムが乱れるとレプチンが減り、グレリンが増えるため肥満体質を引き起こすのです。また睡眠不足は前述の「メラトニン」と「コルチゾール」の分泌の妨げにもなってしまいます。睡眠時間は短くても長過ぎてもダメ!7時間~8時間を保つよう意識しましょう。

4.0時には布団に入る

脳は、眠ってから約3時間後に深い睡眠であるノンレム睡眠を開始し、それと同時に成長ホルモンが多く分泌されるようになります。成長ホルモンは、肌の層の入れ替えのターンオーバーを促すため美肌を保つ役割や免疫力をあげてくれる効果があります。7時間~8時間の睡眠時間を確保しつつ、ノンレム睡眠の時間を長く保つために、0時には就寝しましょう。

快眠お助けアイテム

緊張やなぜか目がさえてしまったり、誰もが経験するであろう「眠れない夜」。忙しくて質の良い睡眠がとれていない。そんなとき質の良い眠りを届ける快眠アイテムをご紹介します。

アロマ・お香で癒しを


心地の良い香りは心をリラックスさせ眠りへと導いてくれます。アロマディフューザーやアロマを入れた加湿器、お香など様々な香りものアイテムがあります。その中でも一番簡単なのが、アロマオイルをティッシュや布にたらして枕元におくことです。
効果的な香りとしてあげられるのが「ラベンダー」で海外の実験でも効果が証明されています。ですが、好みは人それぞれなので自分にあった好みの素敵な香りに出会うことが一番かも知れませんね。

暖かい飲み物でリラックス

なかなか眠れない緊張感をほぐすにはリラックスすることが大切。生姜湯ハーブティーが特におすすめ。生姜は身体を温める作用があります。そして睡眠には深部の体温を下げる必要があります。一見矛盾しているようですが生姜によって一時的に体温を上げ、その反動から下げる動きが眠りへと導いてくれるのです。
また、ハーブティーは、お茶でありながらノンカフェインであるため睡眠の妨げになりません。先ほどの香りと同様にハーブティーにも香りでリラックスさせる効果があるのです。

お湯につかる

食事後にお風呂に入ると、体中に食事の栄養を運んでくれるというメリットも。38度~40度のあつすぎない温度に10分ほど浸かると身体の芯まで暖まることができます。先にあったように身体の深部の体温が下がっていくと眠気がくるためお風呂に入ることでも眠気を誘うことができるのです。

眠活で美しい心と身体を手に入れよう

いかがでしたか?睡眠は健康にも美容にも重要な役割を果たしていたんですね。眠活は今日からできる小さな習慣。質の良い睡眠で根源から美しくなりましょう。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!