1日5分!初夏に間に合う二の腕やせエクサ

モテ子
脚やボディは引き締まっているのに二の腕だけプニってる女子、かなり多いわよね。


だんだんと日差しが強くなってきましたね。昼間にはカーデやジャケットを脱いでしまいたいほど暖かくなることも。でもちょっと待って!そのプニプニの二の腕、本当にさらけ出しても良いの?二の腕は20代で早くも筋肉量の減少が始まる「太りやすい部位」!意識的に引き締めなければ、脂肪が蓄積していくばかりの危険パーツなのです。今回は1日5分でできる、簡単&疲れない二の腕エクサをご紹介!初夏を迎える前に急いで実践しちゃいましょ!

なぜ二の腕は太りやすいの?

理由は上腕三頭筋の衰えにあり!

二の腕の内側、いわゆる「力こぶ」の部分はカタいのに、裏側はプニプニと柔らかく、たっぷりと摘まめるほどの贅肉がある…そんな女子も多いのでは?
この理由は、

  • 力こぶ部分「上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)」=物を持つ時に使う筋肉
  • 裏側「上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)」=日常生活でほとんど使われない筋肉

だから。カバンを持ったり重い物を持ち上げたりと腕を使っているつもりでも、鍛えられているのは「上腕二頭筋」だけなんです。
特に、PC仕事などで肩コリや猫背に悩んでいる人は気を付けて!同じ姿勢をとり続けることにより血流やリンパの流れが滞ると、この「腕の裏側」に脂肪と老廃物が溜まって憎きセルライトとなってしまうのです。
二の腕痩せのためにはエクササイズやストレッチなど、普段の生活では行わない動作をしなければならない理由、お分かりいただけましたよね?

二の腕エクササイズの前に 肩甲骨の重要性

腕の付け根ではなく肩甲骨から動かそう

二の腕エクサを行う際、絶対に覚えておきたいのは「肩甲骨から動かす」ということ。
肩甲骨の周りには、腕や背中ヤセに欠かせない筋肉や褐色脂肪細胞が集中しており、「上半身の骨盤」と呼ばれているほど重要!二の腕をはじめとする上半身太りの大きな原因は肩甲骨まわりがカタくなっていることにあります。逆に、肩甲骨を重点的にほぐしてあげることで、一時的な二の腕ヤセだけでなく、脂肪を燃やしやすい痩せ体質を作ることが可能!“二の腕エクサは肩甲骨エクサも兼ねて行う”ことで効果が倍増するというわけ◎
それでは、上記のポイントを意識しつつエクササイズに挑戦してみましょう。

超単純!1分でできるロボット体操

やり方

  1. 両腕を床と平行に持ち上げ、両肘を90度に曲げます。肩甲骨にグッと力を入れて。
  2. 肩甲骨と腕の根元に力を入れたまま、右腕のみ頭上に持ち上げます。肘の角度は90度をキープ。
  3. 力を入れたまま、右腕を1の位置に戻しましょう。肘は90度の角度をキープしたまま、「ワン・ツー」のリズムで右腕だけ上げ下ろしします。(×8回)
  4. 01

  5. 左腕も同じ要領で8回上げ下ろししましょう。
  6. 02

血流も改善!舞踊風エクサ

やり方

  1. 姿勢を正して立ち、腕をピンと伸ばします。肩甲骨〜手の指先まで、意識的に力を入れましょう。
  2. 両手をリズミカルに内周りに回しながら、8カウントで両腕を頭上まで持ち上げていきます。肘が曲がらないよう注意して。手指の先までピンと伸ばし、手首を使って力強く回していきましょう。
  3. 01

  4. 両手を外周りに回しながら、8カウントで両腕が床と水平になるところまでおろしていきます。この時も肘が曲がらないように気を付けて。
  5. 02

  6. 腕の高さを維持したまま、今度は肩甲骨を開くように、8カウントで両腕を胸の前まで持っていきます。両手は内周りにチェンジし、くるくると回し続けます。
  7. 03

  8. 両手を外周りに回しながら、肩甲骨同士を近づけるようなイメージで、腕を3の位置まで戻します。(8カウントで)
  9. 04

  10. 両手を内周りに回しながら、8カウントで両腕をおろしましょう。
  11. 05

いかがでしたか?手首を回すたびに、指の先にジワジワとしびれるような感覚が走れば、末端まで血が巡っている証拠。両腕を長時間伸ばしっぱなし&上げっぱなしにするエクササイズなので、翌日は少し筋肉痛になるかも。エクササイズ後は、手をおろして脱力した状態でブラブラッと振る/腕をグ~ッと伸ばしてストレッチするなどし、筋肉の緊張をほぐしてあげましょうね。

今回紹介した2つの二の腕エクササイズ。どちらかを毎日1回だけでも続けていくと、1ヶ月後には触り心地で変化がわかるほどにたるみが解消されているはず!ブラウスから覗くほっそりとした女性らしい腕を目指して、今日から是非トライしてみてくださいね☆

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!