ダイエット効率UP!朝昼夜、いつ運動するのが効果的?

モテ子
せっかく運動するなら、効果が上がる時間帯を狙いたいわよね。

朝ジョギングしてから学校や会社へ行く人も、帰宅後にジムで汗を流す人も、どちらも健康的で見習いたい!だけど、忙しいのが現代女性のサダメ。せっかく運動するならば、「痩せ効果があがる時間帯」を狙って効率的にスリムダウンしたいもの。そこで今回は、朝昼晩どのタイミングでどのような運動をするのがベストかをご紹介します。なんでも自律神経が「活動モード」の時や体温が上がる時間帯に運動すると消費エネルギーがUPするのだとか。知って得するダイエット知識を身につけて、効率ヤセを狙いましょう!

朝or夜:ダイエット効果が上がるのは朝!

カギを握るのは交感神経

朝と夜に同様の運動をした場合、消費エネルギーが多いのは朝!この理由は、2つの自律神経(交感神経と副交感神経)のリズムにあります。
【自律神経のはたらき】

  • 交感神経=活動モードの時に優位になる。心拍数が上がり体温UP。脂肪を分解し、熱を生み出す。
  • 副交感神経=リラックスモードの時に優位になる。心拍数が減り体温は低下。心身の休息や回復を促す。

朝から日中にかけては、交感神経が優位になる時間。副交感神経は夜に向かって優位になっていくもの。つまり、同じ運動をした場合、脂肪の分解や燃焼の効果が上がるのはということになります。

朝の運動はデメリットも…

ただし、忙しい朝の運動にはリスクもあります。特に朝一に強度の運動を試みるのはとっても危険!起床時は血糖値が最も低く、更に身体が渇いている状態。「何も口にせず朝ランニングしていたら低血糖で倒れてしまった」という事例は何件も報告されています。また、朝一は体温が低く身体も硬い状態。いきなり激しい筋トレなどを行ってしまうと怪我につながることもあるんです。このような理由から、朝はストレッチやウォーキングなど、軽度の運動がオススメ!本格的なランニングなどを行う場合は、次の3ポイントに気をつけましょう。

  1. ウォーミングアップのストレッチや準備体操を普段より入念に。
  2. 起床後すぐはNG!起きてから30分~1時間空けて行いましょう。
  3. 朝食後すぐの運動もNG!胃腸に負担がかかり消化を妨げる原因になります。

朝食前にしっかりと運動したい場合は、水分と栄養豊富な軽食(バナナなど)を摂り、「完全な空腹状態」(飢餓状態)では行わないよう気をつけましょう。

安全&快適なダイエットタイムは夕方16時前後!


脂肪燃焼に最も効果的な時間帯は朝といっても、起床後すぐと朝食後すぐは危険…となると忙しい現代女性はなかなか時間がとりにくいですよね。そこでオススメしたいもう一つのダイエットタイムは夕方の16時前後!というのも、夕方16時前後は1日のうちで最も体温が高い時間だから。

  1. 代謝が上がっているため運動による消費カロリーが上がる
  2. 身体が活動モードの時間帯なので、気持ちの面で運動に取り組みやすい
  3. 朝とは異なり、もともと筋肉がほぐれているので運動能力が高く怪我もしにくい

などなど、様々なメリットがあるのです◎

夕方の運動が成長ホルモンを増やす!

更に、ある大学教授の研究では「夕方の運動が成長ホルモンの分泌を促す」「朝の運動では成長ホルモン分泌量の変化は少なかった」という結果も出ているそう!成長ホルモンといえば、代謝UPや筋肉量UP、美肌メイキングに欠かせないホルモン。ハードな運動はぜひ夕方を狙って行ってみて☆

夜の運動でストレス解消!

夕方から夜に向けて、自律神経は副交感神経が優位の状態に…。とはいえ、夜も夕方と同様朝よりも体温が高く、身体を動かしやすい状態。運動を楽しみながら取り組むことで1日に溜まったストレスを解消することができます◎もちろん、朝夕に比べればダイエット効果は下がるといっても、運動すればエネルギーは消費され、ボディが引き締まるのは事実!会社や学校などの関係で夜に運動するのが最も習慣化しやすいという場合はそのまま続けるのが吉です!(なぜなら、ダイエット成功のための最大のカギは「継続」だから☆)

痩せたいなら、夜遅くは運動より睡眠

ただし、夜間遅くにハードな運動をして交感神経のスイッチを目覚めさせてしまうと、快眠を妨げてしまうことも…。深夜は無理に運動せず、布団に入ることが痩せ体質を作るための必勝法。どうしても夜遅くしか時間がとれない場合は、ゆったりとしたヨガストレッチ呼吸法などを選んで、身体をリラックスモードに導いてあげましょう。

私達の身体の状態は1日の中で常に変動しているもの。自律神経のリズムや体温、筋肉の状態に合わせて最適な運動を選ぶことが、無理なく痩せ効率を上げるヒケツです。朝は時間をかけて身体を目覚めさせてから運動、夕方は強度UP、夜遅くまで頑張り過ぎない、この3点を押さえて毎日健康的に脂肪を燃やしていきましょう♪

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!