太ももの前張りを落とすには?

モテ子
若い子は筋肉、大人はたるみ、太ももっていくつになっても女子を悩ませるわよね。

運動ではなかなか改善できない「太ももの前張り」。細身で脂肪は少なめ、そこまで筋肉質ではない…けれど太ももの前側がパンパンとお悩みの女性は非常に多いものです。ダイエットをして体重や脂肪は落とせても、レッグラインが美しくなければ、真の美脚とは言えませんよね。今回は、太もも前部が張ってしまう原因と、前張り解消ストレッチをお教えします。やりがちなあの習慣も、アナタの脚を気付かぬうちに太らせているかもしれません。

骨盤に注目!反り腰=骨盤前傾

20150220_momo-compare
アナタは日頃、キレイな姿勢で生活できていますか?ピンと立っているつもりでも、横から見ると腰が反ってしまっている女性は非常に多いもの。イラストの右の女性は、典型的な反り腰です。この姿勢の時、骨盤は前傾しています。骨盤前傾とは、左右の腰骨が恥骨よりも前に出た状態。「骨盤は全身の要」、ここが歪むと上半身にも下半身にも悪影響が出てしまいます。

反り腰=前ももに負担がかかる!

骨盤前傾の反り腰さんの場合、猫背出ッ尻になってしまい、体重は前ももばかりにかかってしまいます。こうして気付かぬうちに、前ももの筋肉のみが使われ、使用されない裏ももには脂肪がついてしまうのです。太ももを酷使する運動などはしていない、裏ももを触るとプニプニしている、という人は骨盤歪みにより前ももが張っている可能性大!

  • デスクワークで座って作業する時間が長い
  • 常にハイヒールを履いている
  • 内股(立つと膝小僧やつま先が内を向く)

これらの習慣も、骨盤を前傾させて前ももに負担をかける原因なので気をつけて。レッグラインが崩れるだけでなく、腰痛にも直結してしまいます。上のイラストの左側の女性を目指し、今日からさっそく姿勢を改めましょう。

反り腰改善☆腸腰筋ストレッチ

骨盤前傾さんの場合、骨盤と太ももをつなぐインナーマッスル「腸腰筋(ちょうようきん)」が日常であまり使われず、カチコチに強張った状態になっています。まずは、この腸腰筋を伸ばし、正しい姿勢を保つ力を取り戻しましょう。

やり方

  1. 立った姿勢で右脚を大きく一歩前に出し、背筋を伸ばしたまま膝を曲げていきます。右膝は立て、左膝は床につけましょう。この時、右膝が右足より前に出ないように。両手は右膝の上に置きましょう
  2. 骨盤を前に突き出すようにして左脚の付け根(股関節付近)を伸ばします。呼吸をしながら5秒程度ストレッチしたら、反対の脚も同様に。


※この時、腰を反らないよう注意しましょう。

太ももガチゴチその1=筋肉太り

痩せにくい太り方「筋肉太り」を防げ!自転車の漕ぎ方NG

「一般的な自転車漕ぎでは脚は太くならない。太ももが筋肉質になるのは競輪選手並みの自転車運動をした場合。」…ダイエット界ではよく聞く言葉ですが、自転車通勤や通学をしている女子ならば、「嘘だ!」と言いたくなってしまうかもしれません。でも、ダイエットジムの定番マシン「エアロバイク」で脚痩せした人がいるのもまた事実。自転車で太ももが張ってしまう原因は、その漕ぎ方にあります。次のような漕ぎ方は、太もものアウターマッスルを発達させるNG漕ぎ。未来の自分のために、控えた方が良いでしょう。

  • ギアを重くした状態で思いきりスピードを出す
  • 坂道(登り坂)を立ち漕ぎする

筋肉質な脚は「健康的」ではありますが、いざ自転車に乗る生活をやめた時、筋肉の間に脂肪が溜まる「筋肉太り」に悩む可能性があります。既に筋肉太りしている人は、エアロバイクなどでのダイエットは不向き。太ももをほぐす伸ばすスローな運動を選ぶといった方法で細い脚を作っていきましょう。

椅子で前ももストレッチ

自転車だけでなく、脚の筋肉を使う運動の前後にはストレッチが不可欠!前ももストレッチで、筋肉の緊張や疲労をリセットしてあげましょう。

やり方
椅子に片膝をのせ、手で足の甲を掴み、足をヒップに近づけましょう。前ももの伸びを感じながら20秒ストレッチしたら、反対側も同様に。
※座面が動かないタイプの椅子や台を使うのがオススメです。

太ももガチゴチその2=セルライト

下半身の脂肪の溜め込みやすさは上半身の6倍!

運動不足血行不良など、筋肉脚に悩む女子とは真逆の理由で、太ももが凸凹と硬くなることも。この正体は、ご存知「セルライト」。下半身は心臓から遠く冷えやすいだけでなく、脂肪を貯蔵する「レセプター」が6個もあるため(これ、上半身には1個しかありません。)、脂肪の溜め込みやすさは上半身の6倍!太ももやヒップに脂肪やセルライトがつきやすい理由は、このような女性の身体の仕組みにもよるものだったのです。身体を冷やす環境に身を置いている人は、太ももガチガチ予備軍。冷たい脂肪を、燃えやすい温かな脂肪に変えるべく、日々揉みほぐすことが大切です。

マッサージはそけい部まで

「揉みほぐす」「押し流す」「温める」、この3つは筋肉太りさんにもセルライト保持者さんにも、最も効果的な脚痩せ術。ポイントは、お悩みの太もも部分を揉むだけでなく、膝から「そけい部」に向けて、脂肪毒素を押し流すようにマッサージすること。脚の付け根のそけい部には、老廃物の出口となるリンパ節があります。

  • お風呂の中で温まった状態で行う
  • 保湿効果のあるマッサージジェルを使用する

などの工夫で、痩身&美容効果がUPしますよ。ぜひ、毎日の習慣にしてくださいね。

いかがでしたか?前ももが張る原因は、こんなにも沢山あったんですね。この他、「外側重心」で立つ癖がある人も、太ももが外側に張り出しやすいので気をつけて。靴底の外側がすり減っている場合は危険!姿勢の改善を心掛けましょう。自分の脚タイプに合った対策術を選び、美しい脚線を取り戻しましょうね。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!