マイナーだけどパワー絶大!「小胸筋ほぐし」でバストアップ&谷間メイク

モテ美
「こむね筋」じゃなくて「しょうきょう筋」よぉ~!

メリハリのあるボディラインは女性の憧れ!ダイエット中でもバストだけは落とさないようにと、「大胸筋(だいきょうきん)」を鍛えるエクササイズを並行して行っている女性は非常に多いもの。でも、そんな美意識の高い女性でも、意外と見落としがちなのが「小胸筋(しょうきょうきん)」の存在!アナタは小胸筋ほぐしを生活に取り入れていますか?そもそも小胸筋って何?とお思いの読者さんも多いことでしょう。そこで今回は、女性らしい身体を作るために欠かせない小胸筋のキホンについてお教えします☆

小胸筋(しょうきょうきん)って?

バスト下垂を阻止する筋肉!

「小胸筋」とは、有名な「大胸筋」の下にあるインナーマッスル。大胸筋ほどの知名度はありませんが、小胸筋には次に挙げる3つの大きな役割があります。

  1. 「上半身の骨盤」である肩甲骨が上がってしまわないよう下制する
  2. 左右のバストを中央に寄せる(=谷間を作る!)
  3. ろっ骨が下がらないよう引き上げる

小胸筋がガチゴチに縮まってこの役割を果たせなくなると、肩甲骨が倒れるように引っ張られてしまうので、猫背内巻き肩、そしてバスト下垂離れ胸になるといった憂き目を見ることになります。また、左右の肩が内側に入り込み、胸が圧迫されるわけですから、呼吸も浅くなり、痩せにくい体質へと変化してしまうのです。

ろっ骨が下がるとくびれがなくなる!?

次に、小胸筋がろっ骨を引き上げる役割を果たせなくなった場合について、考えてみましょう。ろっ骨が下がってしまうと、ろっ骨下部と骨盤上部との距離が狭くなるため、ウエストのくびれが失われてしまいます。小胸筋は、上向きバストを保つためだけでなく、キュッと曲線を描くウエストライン作りにも一役買っている筋肉だったんですね。メリハリボディを保つためには、意外と知られていない小胸筋のコリをほぐし、きちんと働いてもらうことが不可欠ということ!では、どういった場合に小胸筋は凝り固まってしまうのでしょうか?

PCにスマホ!現代女性は全員キケン

え、車の運転や寝姿勢も!?

小胸筋がガチゴチに凝り固まる原因は、現代社会のそこかしこに潜んでいます。アナタもひとつは当てはまっているのでは?

  • 長時間のPC作業/下向き姿勢でのスマホ操作/長時間の車の運転/同じ方向を向いての「横向き寝」/猫背姿勢

このように、肩が前方に突き出る姿勢がクセになってしまっていると、小胸筋は縮んで固まってしまうというわけ。でも、仕事や生活環境によっては、PCや車から離れることは難しいもの…。そこで、日々意識的に小胸筋をほぐし、ストレッチしてあげることが重要になってくるのです。

毎日できる☆小胸筋をほぐす方法

手やボールでマッサージ

一番簡単にできるのはハンドマッサージ!冒頭のイラストで示した小胸筋の位置を参考に、グー(こぶし)やパー(指圧)でグイグイと押しほぐしてみましょう。お風呂上がりに、ボディクリームをデコルテ周辺に塗り、鎖骨ケアと同時に行うのも効果的。小胸筋がほぐれるだけでなく、「リンパのゴミ箱」である鎖骨もマッサージできるので、デトックス効果もGETできます。
実際に小胸筋を触ってみて、「やばい!凝ってる!」と危機感を感じた方には、テニスボールマッサージが最適。ボールを手で転がすのもOK。より深部までほぐしたい方は、ボールを置いたマット上にうつ伏せになり、自らの身体を前後左右に小さく動かしてみて。ボールを使う場合は、皮膚を守るためにTシャツなどを着て行いましょう。痛気持ちよさがクセになっちゃうかもしれません♪

立ってできる腕振り体操

次に紹介するのは、緊張状態の小胸筋をリラックスさせる体操。こちらも同じく立ったままできるので、毎日行うのに最適☆背筋を正し、足を軽く広げて立ちましょう。まずは、先ほどのイラストを参考に、右側の小胸筋の付け根部分を左手で探しましょう。(※イラストで○になっている部分。)鎖骨下の端と肩の間に触れていき、ゴリゴリとする場所を見つけたら、そこに人指し指・中指・薬指を置いて強めにプッシュ。そのまま、右腕を前後に大きく5~10回程度振ってみましょう。腕の緊張もリセットすることができますよ。心地よいと思う回数行ったら、左側も同様に。

肩甲骨はがしも効果的!

先に述べたように、小胸筋は肩甲骨を正しい位置にキープするための筋肉。バストだけでなく、背面の肩甲骨とも繋がっています。ということは、肩甲骨を動かす「肩甲骨はがし」を行えば、縮こまっていた小胸筋のストレッチとバストアップにも繋がるということ。

  • 肩甲骨を寄せる/肩甲骨から腕を回す/肩甲骨を上下させる

このように、比較的シンプルな動作でほぐすことができるので、デスクワークの方などは是非日課にしてみてくださいね!

いかがでしたか?位置も認知度も大胸筋より下位にある「小胸筋」ですが、上向きで中央にキュっと寄ったバストメイキングのためには欠かせない筋肉だったんですね。見落とされがちな小さな存在にも目を向け、丁寧にメンテナンスをしてあげることで、美しい身体は作られていきます。固まりがちな小胸筋ほぐしを、アナタも今日からぜひ実践してみてくださいね。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!