アナタの悩みは下腹orウエスト?タイプ別・お腹太りの原因を徹底調査!

モテ子
お腹ポッコリにも種類があるってもんよ。

02
誰もが一度は悩んだことがあるであろう、お腹太り。でも、お腹太りと一括りに言っても、「くびれがない!」「下腹ポッコリ…」などなど、悩む部分は人それぞれですよね。お腹痩せと聞いて闇雲に飛びついてしまうのは遠回りでもったいないこと。アナタのお腹はどのタイプ?お腹ポッコリの種類と原因を知って、効率ヤセを狙いましょう!

上腹部 おへそより上がポコッ

その1:胃の冷えに要注意!

お腹の中でも胃の位置 (みぞおちの周り)がポコッと出る原因の一つは「胃の冷え」。内臓が冷えると、その臓器を守るために「内臓脂肪」がついてしまいます。胃の冷えを引き起こす主な原因は、冷たい食べ物や飲み物の摂りすぎ。手のひらでおへその上を触った時に冷たいと感じる人はこのタイプです。温かいものをゆっくりと摂り、冷えで機能が低下している胃を回復させてあげましょう。

その2:腹筋&背筋の衰え

上腹部が出ているけれど冷たくはないという方は、胃をはじめとする内臓を支えるための腹筋が衰えている可能性大!腹筋の衰えは加齢や猫背姿勢が大きな原因です。姿勢を正す、「腹直筋」を鍛える(普通の腹筋でOK!)などが効果的な改善策。また、背筋の衰えにも着目して。お腹ぽっこりと聞くと、身体の正面ばかり引き締めねばと思いがちですが、背中の筋肉は正しい姿勢をキープする役割を担うもの。背筋を鍛えることが猫背やお腹の出っ張り解消に繋がるのです。

この他、便秘や腸機能の低下も上腹部ポッコリに関係するという説も。「便秘と言ったら下腹でしょ?」と思われるかもしれませんが、腸にガスが溜まり膨張することで胃が圧迫されポコッと出てしまうそう。「出ている部分」だけに気をとられず、背面や下部に不調がないか、今一度目を向けてみましょう◎

ウエストやおへそ周りがプニプニ

その1:腹斜筋の衰え

女性らしさを感じさせる絶対モテパーツ「くびれ」。ウエストにお肉がつきくびれが見当たらない…という場合は脇腹の筋肉、「腹斜筋(ふくしゃきん)」が衰えていると考えられます。この部分は普通の腹筋や日常生活での動作では引き締められないもの。意識的にエクササイズやストレッチを取り入れましょう。

その2:皮下脂肪がセルライトに

おへそ周りの脂肪ってしぶといですよね。これは内臓脂肪よりも落ちにくい「皮下脂肪」がつきやすい場所だから。更に、落ちにくいからと放置していると脂肪に老廃物やコラーゲンなどが結合し、より頑固なセルライトに!おへそ周りが出ているアナタはセルライトが蓄積して肥大化している危険アリ!お風呂の中などで徹底的に揉みほぐしましょう。

下腹部ぽっこり

その1:皮下脂肪

ポッコリパーツの定番といえばやっぱり下腹。この部分に皮下脂肪がつきやすいのは子宮・卵巣など重要な器官を守るため。男性には「リンゴ型体型」(お腹の中間が出ている)が多いのに比べ、女性に「洋ナシ型体型」(下半身に脂肪がついている)が多いのはこのためです。ただし、おへその少し下あたりが出っぱり、ゴロゴロとした硬い感触がある場合は子宮筋腫などの疑いも。違和感を感じる場合や月経異常を伴う時には婦人科を受診しましょう。

その2:腸の冷え&便秘

特に太ったわけでもないのに下腹が張る場合は便秘が原因かも。運動不足や食生活の偏り、腹筋の力の低下に加え、腸の冷えも便秘の引き金となります。手で触れた時、おへその下が冷えているアナタは要注意。生活習慣を改善し、腸もみマッサージなどを積極的に取り入れていきましょう。

その3:腹横筋の衰え&内臓下垂

お腹周りをコルセットのように取り囲む「腹横筋(ふくおうきん)」は、子宮などの内臓を守り、骨盤を正位置にキープする役割を担います。長時間のデスクワークや出産などでこの筋肉が衰えると、「コルセットをはずした状態」すなわち下腹ポッコリに…。また、腹横筋の衰えは下腹が前方に出るだけに留まりません。支えを失った内臓が下垂することで真下にある骨盤に歪みが生じ、脚太りや全身の姿勢悪化にまで発展してしまいます。そんな重要な腹横筋ですが、とても簡単な呼吸法で鍛えることが可能!冷えの改善などにも繋がるので是非トライしてみましょう☆

ショック!加齢でお腹はこう太る!

いかがでしたか?お腹太り一つにも、こんなに沢山のタイプと原因があったんですね。でも、誰にでも起こり得るお腹太りの原因って…もう一つありますよね。それはズバリ、加齢01ワコール人間科学研究所の研究発表によると、お腹太りには
(1)30代頃おへそ周りが出る
(2)40代頃に下腹全体もぽっこり
(3)50代頃には胃の位置まで、つまりお腹全体が出てしまう
という順序があるのだそう。なんともシビアな3ステップですよね。ただし、「生きていれば必ずお腹が出る」というわけではありません!というのも、姿勢が良い人日頃から適度な運動を続けている人、自身に合う機能性下着を着用している人などは、歳を経ても若い頃同様のスタイルをキープできているのだとか☆

現在の年齢や日頃の習慣、姿勢のクセなどを照らし合わせ、その時々に合ったダイエット法と継続的な運動を組み合わせていくことが、ぺたんこお腹キープの必勝法と言えるでしょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル