冷え症に低体温…何が違うの?アナタの冷えはどのタイプ?

モテ子
女子の低体温自慢ってなんなの?「私太りやすい体質です」って言ってるようなものよ。

Xmasのお祭りムードも今日で一段落。華やかな街の雰囲気や、心のワクワク感によりかき消されていた「冬は寒い」という極々当たり前の事実を、再び肌で痛感する時期がやってきました。既に身をもってご存知の方も多いとは思いますが、冷えは万病のもとであり女子の大敵!けれど、「指先が冷たくないから私は冷え症じゃない」「私の平熱はもともと35℃台なの」と、自分の健康や美の敵である冷えを自覚していない女子が多いのもまた事実。今回は自覚しにくい、けれど放置すべきではない冷え症低体温について特集します。今若い女性に増加中の「冷えのぼせ」についてもご紹介。来たる本格的な真冬に備え、自分の冷えタイプを知り、温活に本腰を入れましょう。

手足が冷たい=末端冷え性

141226_hie_02
冷え症には種類がありますが、中でも私達女性にとって馴染み深いのは「末端冷え性」。その名の通り手足など、身体の末端が冷たくなり、酷い場合は夜眠ることができないほど。下半身がむくみやすい、お肌が乾燥してしまうといった美を阻害する症状も末端冷え性から来るものです。手足が冷たくなる主な原因は、血管が細い・血液がドロドロ・キツい下着や衣服による締めつけなどにより、新鮮な血液が身体の細部まで行き渡らないこと。また、ストレスや不規則な生活などで自律神経が乱れることも大きな原因。血管の開閉が上手くできなくなるため、血流が滞り、冷えに繋がります。

お腹が冷たい=内臓型冷え性

自覚症状が少なく、「隠れ冷え性」と呼ばれることも

手足は温かいけれど冬場になると便秘(もしくは下痢)気味になる、食欲がわかない、体温が35度台…という女子は「内臓型冷え性」かも。末端冷え性さんほど症状を自覚しにくい点が怖いところでもあります。主な原因は、冷たい飲食物や糖分(特に白砂糖)の摂りすぎ、運動不足による胃腸機能の低下など。極端な食事制限も原因になります。内臓、つまり体内が冷たいということは「子宮周りが冷えている」ということ。婦人科疾患や不妊に繋がりやすいので、自覚症状が少なくとも改善をはかるべき冷え症と言えます。セルフチェックは至って簡単。お腹に手を当てた時ひんやりと冷たければ、内臓型冷え性である可能性大です。

若い女子に急増中!「冷えのぼせ」って何?

141226_hie_03
「冷えのぼせ」とは、手足は冷えているにもかかわらず、上半身、特に頭部が熱くのぼせてしまう症状のこと。汗をドッとかく場合もあります。ほてりやのぼせと聞くと、更年期のホットフラッシュを想像する方も多いのですが、この「冷えのぼせ」は今20代~30代の若い女性、特に筋肉量の少ない人に非常に多く見られるもの。目の疲れ肩コリむくみ生理痛などの症状も伴います。引き金となる原因は、末端冷え性と同じく血行不良ですが、冷えのぼせはこれが悪化したもの。リンパも滞り、水分は正常に巡って排出されなくなります。このような冷えのループに嵌ってしまうと、身体は重要な頭部の熱をキープすべく、手足など末端の体温を下げることになり、「冷えるのにのぼせる」といった症状が発生!自律神経の乱れとも深く関わる症状であり、緊張不安など、心に不調を来たすケースも多発しています。ヘルスケア用品の開発をしている「ピップ株式会社」の調査によると、20~50代の3人に1人が冷えのぼせ症状に悩んでいるとのこと。一見暑がりと勘違いされがち(また、当人もしがち)な冷えのぼせですが、「冷え症の深刻バージョン」であると認識を改めましょう。

平熱が低いって良くないの?低体温の危険性を知ろう

平熱35度台は低体温

141226_hie_01
「低体温」とは、一般的に体温が36℃に達しない場合を指します。冷え症と低体温は似て非なるもの。冷え症と同時に低体温という人も多い一方で、末端冷え性さんなどは、身体の一部が冷えていても体温を測ってみると36℃以上ある場合があります。逆に、特段冷えは感じないけれど常に平熱が低いという方も非常に多いもの。では、この低体温さんの一体何がどのように危険なのでしょうか?

健康・美容・ダイエット、全てに悪影響が及ぶ

私達人間の理想の体温は36.5℃以上であり、この時身体の免疫力は満点に近い状態に保たれています。免疫力とは体温が1℃下がると約30%も下がるもの。体温が36.0℃の時、人は「震える」ことで熱生産を増やそうとし、35.5℃まで下がった状態が常に続くと、排せつ機能や代謝機能が低下し、自律神経失調症の症状(めまい、吐き気、だるさ、不安感など)やアレルギー症状が現れます。35.0℃はガン細胞が最も増える体温。ここまでお読みいただいて、もう低体温が健康にとって毒にしかならないことはおわかりいただけたでしょう。美容面では、(1)ターンオーバーが遅れてしまうことで、肌や髪からハリつやが失われ、老けた印象になる(2)便秘がちになりニキビなどに悩まされるといったデメリットが挙げられます。ダイエット面では、基礎代謝の低下により「痩せ体質」から遠ざかることが1番の大打撃!体温が1℃下がると基礎代謝は約12%も下がってしまい、摂取したものを効率良く消費できず溜め込むことになります。下半身や顔もむくみやすく、腸が活発に働かないため下腹もぽっこり…。まずは、熱を作る器官である筋肉の量を増やす、内臓を温めるといった努力で改善を目指していきましょう。

温活ちゃんの声
過度の食事制限と有酸素運動のしすぎで女性らしさを失ったあげく、体温は35℃前後に!厚着しても芯が冷えているからガタガタ震えて辛かったなぁ~。で、筋肉を鍛えるためにエクサを始めたところ、半年で体温が36℃台に!痩せ型でお腹だけポコッだったけど、今はお腹もペタンコ☆月経不順もかなり改善されたし、何より冬でも普通に楽しく活動できることが嬉しいです♪

そう、努力の方向を間違えたり、やり過ぎてしまうことは、美と健康の大敵である冷えを招くことに直結しているのです。特に隠れ冷え性や低体温は、当人にも気付かれないまま進行してしまうことが多いので注意が必要。美への感度の高いアナタなら、自分の身体をしっかりと観察し、管理する能力は長けているはず☆当てはまる症状があった女子は、「キレイの土台は温かい身体である」ことをきちんと理解し、今日からさっそく身体を温める生活を始めましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル