セルフでサロン並みの仕上がりに☆ネイルポリッシュをきれいに塗るコツ

モテ子
色ムラのあるヨレヨレネイルするくらいなら、自爪の方がマシじゃない?

女子のオシャレの基本とも言える「ネイルアート」。常に指先まできれいにしている人って、美意識も女子力も高く見えますよね。でも、サロンに通うのはお金がかかるし、かといって自分でアートをすると残念な仕上がりに…。一体どのようなポイントに気をつけたら、ヨレのない美しいネイルに仕上げることができるのでしょう?今回は、サロン風の仕上がりを目指すセルフネイル派の女子のために、ネイルをきれいに塗るためのコツをお教えします。

→動画を再生できない方はこちら

ネイルポリッシュをきれいに塗るコツ

必要なもの

ネイルポリッシュ
ベースコート
トップコート
エミリーボード(爪の形を整えるもの)
バッファー(爪の表面の凸凹を整えるもの)
シャイナー(爪の表面を磨くもの)
メタルプッシャー
ニッパー
オレンジウッドスティック
ネイル薄め液
コットン(はみ出してしまった時用)
リムーバー(はみ出してしまった時用)

自爪のケアをしっかりしておく

爪表面を清潔&ツルツルに


ポリッシュを塗る前に、まずはしっかり手を洗い、爪表面の汚れ油分を取り除きましょう。また、目では見えにくい甘皮も爪の表面にはついているもの。メタルプッシャーオレンジウッドスティックを使いながら押し上げ、ニッパー甘皮切を使って余分な甘皮を切り取りましょう。
(※怪我しないよう気をつけて。初心者さんは、指に巻いたガーゼなどで優しく取り除くのもOK!)
甘皮処理が終わったら、爪の長さをエメリーボードで整え、バッファーを使って、爪の表面の凸凹をなくし、シャイナーを使いツヤツヤの状態にします。

下地を省かない!ベースコートの使用はマスト


バッファーで磨いた粉が残らないよう、しっかりと洗い流したら、次にベースコートを塗ります。ベースコートを使用することで、ポリッシュのヨレを防げるので、しっかり塗ることがポイント。ベースコートは新しい物など、コンディションの良い物を使用し、ポリッシュを塗る前にしっかりと乾かしましょう。

色味だけで選ばないで!ポリッシュ選びは慎重に

各メーカーからさまざまなポリッシュが販売されていて、選ぶ際には迷ってしまうものですよね。これらの使いやすさや塗りやすさは、もちろんそれぞれ異なります。試し塗りができないショップで購入する場合や、迷ってしまった時は、口コミや売れ筋などを調べてみるのもいいでしょう。また、どんなに好きなカラーでも、パールやグリッターの質により、美しく塗れないポリッシュもあります。でも大丈夫!デコボコしてしまった部分は、ラインストーンなどのアートで隠してしまいましょう。

ポリッシュの塗り方とポイント

古くなったポリッシュには薄め液を

ポリッシュは、ドロッとした状態で使用せず、薄め液でゆるくしておくか、新品の物を使用するようにしましょう。使用前に振りすぎると、気泡ができる原因になるので要注意です。

まず爪先とサイドにポリッシュを


爪全体に塗る前に、まずポリッシュをエッジサイドに塗っておきましょう。ここを塗り忘れるとポリッシュの持ちが悪くなる原因に。ポリッシュだけでなく、ベースコートやトップコートも、エッジとサイドにはしっかり塗っておきましょう。

塗り始めは甘皮の1mm上から。



甘皮から1mm位上から塗り始めるのが理想的ですが、セルフネイルで一番難しいのは、実はココなんです。はみ出してしまった場合は、一度乾くのを待ってから、オレンジウッドスティックや爪楊枝の先端にコットンを薄く巻き付け、リムーバーを含ませてふき取ると綺麗に除去できます。放置してしまうと、見た目が汚くなるだけでなく、ポリッシュが剥がれやすくなってしまいます。

2度塗りが基本


ヨレや色ムラを防止し、ポリッシュを鮮やかに発色させるには2度塗りが基本!まず薄めに塗り、乾くまで時間を置いて。2度目はムラがなくなるよう意識しましょう。ボトルやサンプルの色よりも薄い場合は3度塗りもOKです。

トップコートも省くべからず!


セルフネイル女子は増えたけれど、トップコートベースコートを使用しない人ってまだまだ多いもの。この2つは爪をきれいに保つための基本アイテム。爪の黄ばみやポリッシュのヨレ、ムラを防げるので、必ず使用しましょうね。
サロンのような仕上がりを目指すなら、トップコートを満遍なくたっぷりと塗りましょう。ポリッシュの光沢が増し、美しいネイルを保つことができます。

塗った後のアフターケア

ポリッシュを冷やすのもアリ!辛抱強さも必要

ポリッシュを塗った後、困るのが乾くまでの時間。早く乾かしたい場合は、あらかじめポリッシュを冷蔵庫で冷やしておいたり、ドライスプレーなどを使用することをおススメします。
けれど、キレイな爪に仕上げるためには、スピードを重視すべきではありません。やはり肝心なのは、「塗ったポリッシュをしっかり乾かす」こと。完全に乾くまで、重ね塗りなどをしないように待ちましょうね。
完全に乾いた後は、オイルハンドクリームなどで指先を乾燥から守ることで、爪がしなやかになり、ヒビが入りにくくなります。

いかがでしたか?
ジェルネイル派の女子も多いものですが、ファッションに合わせてネイルもこまめに変えたい人は、やっぱりポリッシュですよね!今回お教えしたポイントをしっかり守って塗れば、ポリッシュでも2週間くらい持ちます◎ジェルネイルの寿命も2~3週間くらいですから、コスパ面でもポリッシュの方が良いと言えます。みなさんもベースケアをしっかり行って、ヨレやムラのない美しいセルフネイルにチャレンジしてみてくださいね☆

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!