新常識!「あぶらとり紙」でオイリー肌が悪化するってホント!?

モテ子
トイレ行く度にあぶらとり紙使ってるの?顔面が油田化するわよ!


季節は初夏。女子の悩みが、春の乾燥から、汗や皮脂による「ベタつき」へとシフトするシーズンです。既にヨレなどのメイク崩れや、Tゾーンなどのテカりが気になり始めている方もいることでしょう。皮脂分泌が盛んな若い女性の中には、ニキビと奮闘中という方も多いかもしれませんね。このような悩みを解消するために、アナタはどんなアイテムを使っていますか?「あぶらとり紙」と答えた人…もしも日に何度も使用しているようであれば、お肌がますますオイリーになっちゃうかも!でも、油分を取るための「あぶらとり紙」で何故脂っこいお肌になってしまうのでしょう?今回は、知って得する美容界の新常識をお教えします。

油分・水分を失ったお肌は皮脂の過剰分泌を始める

皮脂をある程度残しておくことが美肌の秘訣

「あぶらとり紙」は、その名の通り油分を取り去る機能を持つアイテム。小鼻の横やTゾーンを軽く押さえるだけで、女子の大敵である「脂浮き」を解消することができます。さて、今述べたように、あぶらとり紙とは、一度押さえるだけでもかなりの量の皮脂をオフできる強い力を持つもの。何度もお肌に押しつける行為は、必要な油分まで吸い取らせようとする行為だと言っても過言ではありません。更に、あぶらとり紙には、お肌の「水分」をもしっかりと吸収する力があります。けれど、美肌とは、肌内部の水分・油分の絶妙なバランスによって保たれているもの。肌表面を守ってくれる必要な油分を失ったお肌は、いわば無防備で乾燥し放題の状態。危機感を感じたお肌は、自らを守るため皮脂の過剰分泌を始めます。ここで、その皮脂を再度ゴッソリ除去してしまうとどうなるでしょう?お肌は焦ってどんどん皮脂を分泌します。あぶらとり紙を高頻度で使うことで、テカリやベタつきが悪化する理由、お分かりいただけましたよね?オイリー肌だから取っても取ってもテカる…のではなく、夏場でも「乾燥」が皮脂の過剰分泌を促す引き金になっていたのです。

余分な皮脂を放置するのもNG!

ニキビや肌サビの原因に…

では、浮いた皮脂や目に見えるほどの毛穴詰まりは「オフしない方が良い」のでしょうか?答えはNO!皮脂とは「油」ですから、空気に長時間触れることで酸化してしまいます。食用油やスキンケアオイルのフタをあけっ放しにしておくと、品質が劣化してお肌や身体に有害なものになるのと同じこと。酸化した皮脂を放置しておくと、下記のような悪影響が現れ始めます。

  • ニキビの悪化(炎症)/毛穴の黒ずみ/肌全体のくすみ/ニオイ/肌サビ(シミやしわなど、お肌の老化現象)

以上はほんの一例。皮脂とは、放置しても除去しすぎてもいけないものなのです。では、「やりすぎない皮脂対策」とは、一体何をどのようなものを指すのでしょうか?

コスパ良し!ティッシュで軽く押さえる

こすらないよう注意して

昨今の美容界で、あぶらとり紙に代わるものとして取り上げられているのは「ティッシュ」!スキンケアやメイク本を見ても、“ティッシュオフ”という言葉が盛んに使われているように、ティッシュには程よく油分を吸収する力があります。低刺激で、あぶらとり紙のようにゴッソリ油分&水分を吸い取るほどのパワーがないところが、かえって安心というわけ。使い方は極めて簡単。テカリや脂浮きが気になる部分に、清潔なティッシュを軽く押し当てるだけ。敏感肌の方やニキビがある場合は、保湿ティッシュや化粧水をしみ込ませたティッシュを使うのが良いでしょう。この時も、あぶらとり紙同様「やりすぎない」を意識して。お肌を摩擦で痛めつけてしまわないよう、こすらず触れるように使いましょう。

大人女子のメイク直しは保湿アイテム&ティッシュで

油分完全オフからのメイクはNG!

夏場の化粧直しでやりがちなNG行為と言えば、あぶらとり紙で必要以上に油分を取り去ったお肌に、直接ファンデーションやお粉をはたいてしまうというもの。乾燥状態のお肌に化粧品で刺激を与えているわけですから、お肌は自己防衛のために皮脂を出そうと頑張ってしまいます。これでは直したメイクもすぐ崩れてしまうというもの。特に、油分が不足しがちな大人女子は気をつけて。ファンデ浮きなど、余分な油分が原因で起こるメイク崩れでも、やはり「保湿」しながら直すことが大切。まずは、コットンなどに乳液をとり、直したい部分のファンデをオフ。その後、乳液でお肌を保湿し、余分な油分をティッシュオフ。この後、改めてファンデとお粉をのせることで、お肌にダメージを与えずに美しくメイクを直すことができます。ポーチの中にサンプル品など、小ボトルや個包装の乳液を忍ばせておくと便利ですよ。

化粧水で代用しても良い?

メイク直しの際、乳液ではなく化粧水を使用するのはNG。化粧水を馴染ませたお肌の水分量は一時的にUPするものの、乳液でフタをしていないため、すぐに蒸発してしまいます。メイクが再び崩れてしまう原因になるだけでなく、お肌自体の乾燥を悪化させることもありますので、気を付けてくださいね。

イマドキあぶらとり紙には「水分を奪わない」ものもある

いかがでしたか?休憩時間の度にあぶらとり紙を使っていた方は、衝撃を受けたかもしれませんね。では、あぶらとり紙は絶対に使わない方が良いのか?というと、実はそういうわけでもありません。現在、様々なメーカーから、「お肌に必要な水分は吸い取らない」と銘打たれた、フィルムタイプのあぶらとり紙が発売されています。皮脂分泌が多い部分には、このようなあぶらとり紙を使用してみても良いでしょう。ただし、頻度は1日2~3回程度までに抑えて。ティッシュオフ同様、摩擦を起こさないように注意することも大切です。油分をとりすぎない皮脂対策が、夏のテカリやベタつきを抑える最良の美容法。これまでのケアの頻度や方法を見直すことで、「オイリー」と思い込んでいたお肌が、サラリとした美肌に生まれ変わるかもしれませんよ。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

専門家ライター募集 モテ子YouTubeチャンネル