アイプチに絆創膏、どう使えば良い?上手な二重メイクのキホン

モテ子
時代の変化を感じざるを得ないわ…。


女子はいつの時代だって、美を追求しています。「可愛くなりたい」「こんな顔になりたい」、そんな想いがコスメの進化を後押しし、今や憧れの“パッチリ二重まぶた”だって、ドラッグストアで手に入るプチプラアイテムで作れる時代になりました!でも、アイテープも二重ノリも、いざ使ってみると意外と難しいもの。やらない方がマシだった…なんてガタガタのラインになってしまったり、周囲からバレバレの違和感まぶたになってしまったことのある女子も多いでしょう。そこで今回は、キレイな二重ラインを作るための基本テクニックを動画とイラストで解説!二重ノリ、ストレッチファイバー、絆創膏、それぞれの使い方を学んで、可愛い目元をGETしましょう♪

二重ノリの使い方

メリットとデメリット


「アイプチ」「アイトーク」など、液体ノリをまぶたに塗るタイプの二重コスメ。比較的カンタンにマスターできるので、二重メイクデビューには最適です。価格もお手頃なのが嬉しいところ。デメリットは、汗や水に弱く、長時間キープするのが難しい点。プールや海でのメイクには向きません。ちなみに、付属の「プッシャー」だけでも1本持っておくと、様々な二重メイクに使用できますよ◎(別売もされています。)

やり方

→動画を再生できない方はこちら

  1. 乾いたコットンでまぶたの余分な皮脂をオフします。目の皮膚はあらゆる皮膚の中でもトップレベルに繊細。丁寧に優しく拭いましょう。
  2. 付属のプッシャーを使い、二重ラインを決めて癖付けします。プッシャーで何度もラインをなぞってみて。
    【二重の位置の決め方】
    目を開き、プッシャーの一点だけをまぶたに当てたとき、全体にキレイな二重ラインが出る場所がベスト。二重幅を欲張って広げ過ぎるのは失敗のモトなので、ノリをつけていない状態でもクセがつく場所を探しましょう。特に目頭側は欲張りすぎないで。
  3. ここからは薄目で行いましょう。2で決めた二重ライン上に薄くノリを塗ります。
  4. ノリが乾かないうちに(白いうちに)、人差し指を使い、ポンポンとノリを左右に広げて馴染ませます。こうすることで、初心者さん特有の「目のつっぱり感」を防ぐことができます。
  5. ノリが半透明になったら、プッシャーの逆側(Y字型ではない方)を、2で決めた二重ライン上に優しくあて、ゆっくりと目を開いていきます。
  6. プッシャーを中央から目尻側へ、中央から目頭側へと二重の溝に沿わせながら動かし、ラインを整えていきます。深い二重ラインができたら完成☆

伸縮性ファイバーの使い方

メリットとデメリット


「メザイク」をはじめとするファイバータイプの二重コスメ。目を閉じても目立たないため、バレにくいのが最大のメリットです☆水に強く、また、両端が浮いてきたら二重ノリを上塗りして修正することも可能。ただし、初心者さんにとっては扱いが難しいところがデメリット。慣れるまで地道に練習して、コツをつかんでくださいね♪

やり方

→動画を再生できない方はこちら

  1. 乾いたコットンでまぶたの余分な皮脂をオフします。まぶたを清潔にすることで、ファイバーが皮膚としっかり密着し、二重ラインが崩れてしまうのを防げます。
  2. プッシャー(ピン)を使い、二重ラインを決めます。何度もラインをなぞるようにして癖付けしましょう。
  3. ファイバーの両端を持ち、左右にゆっくりと引っ張り、自分の目幅の長さまで伸ばしましょう。
  4. ファイバーをピンと伸ばした状態で、二重ラインの上に貼っていきます。
    ※黒目の上→目頭→目尻の順に、指で押さえるように貼り付けて。特に、目頭側はとれやすいのでしっかりと押し当てましょう。また、ファイバーがたるまないよう、ピンと張った状態をキープしながら貼ることも重要です。
  5. ファイバーの両端をカットしましょう。目幅よりもやや短めに切ると、バレにくい二重がつくれます。
  6. プッシャーを二重の溝に押し込み、ファイバーをなじませてラインを整えます。目尻側、目頭側のファイバーもしっかり隠れたら完成♪

絆創膏(ばんそうこう)の使い方

メリットとデメリット


二重コスメをデイリーメイクに使っていると、出費もなかなかかさむもの。絆創膏で作るアイテープの最大のメリットは、やはりコスパでしょう。絆創膏は、薄めの素材で半透明のものを選ぶのがオススメ。ただし、絆創膏によってはかぶれてしまうリスクもあります。目元の皮膚はデリケートなので、自分の肌にあったものを探し、不調が現れた場合はすぐに使用を中止しましょう。

やり方

→動画を再生できない方はこちら

  1. 絆創膏を目の幅よりほんの少し短めにカットします。イラストのように、長方形に切ってみて。太さは自由。細く切ると、目立ちにくいナチュラルな二重を作ることが可能。逆に、太く切ると、強力で持続力の高いアイテープになります。
  2. 乾いたコットンでまぶたの余分な皮脂をオフします。まぶたを清潔にすることで、絆創膏と皮膚がしっかりと密着します。
  3. プッシャーを使い、二重ラインを決めます。二重ノリやファイバーを使う時よりも入念にラインをなぞり、しっかり癖をつけておきましょう。
  4. 絆創膏を3で決めた二重ラインよりも少し下の位置に貼り付けます。黒目の上から貼っていき、両端が浮いてこないようしっかり押さえましょう。弧を描くように貼り付けると、自然で優しい二重ラインになりますよ。
  5. 目をゆっくりと開けば、二重まぶたの完成です。ブラウンのアイシャドウなど、絆創膏に近いカラーのメイクを施し、よりナチュラルな目元を目指しましょう。

最後に

絆創膏のデメリットとしてかぶれやすいことを挙げましたが、どのアイテムも、目元の皮膚にとっては多かれ少なかれ負担になります。不調が現れた時は潔くお休みしないと腫れてしまうことも。また、慣れてきても、必ず安全な場で鏡を確認しながら行ってくださいね。「二重コスメを使っていたら自然と二重になった」、「プッシャーのみで二重になるようになった」、このようにしてコンプレックスとお別れできた人も実際に沢山います。目とお肌の健康に留意しつつ、なりたい目元に近づいてくださいね!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル