浴衣に似合う☆編み込みアレンジ ~フルアップ&ワンサイドダウン~

モテ子
花火はテレビ中継で見る派の私が通るわよ。


夏と言えば、花火大会などのお祭りシーズン。大イベントでなくても、7月から8月にかけては浴衣デートに浴衣女子会にと、涼しげな和装でお出かけしたくなりますよね。そこで今回は、ロングやミディアムヘア向けの、浴衣に似合う簡単ヘアアレンジを2点ご紹介します。アップスタイルでうなじを涼やかに見せたいアナタも、髪をサイドに流して女らしさをアピールしたいアナタも要チェック☆編み込みを取り入れて、今っぽく和のお洒落を楽しみましょう♪

ガーリーな編み込みアップでうなじ美人


浴衣を着る最大のメリットと言えば、やっぱり普段よりも色っぽい自分になれること。髪を上げて、きれいに抜いた衣紋から白いうなじを覗かせれば、日本女性らしい控えめな色香を漂わせることができます。
今夏の浴衣ヘアアレンジのトレンドワードは「編み込み」。まずは、ロングさん向けに、裏編みで作る愛されアップスタイルをご紹介します。柄つき櫛(クシ)を使うことで、より美しく仕上がるので、用意しておきましょう。

編み込みの詳しいやり方はこちら

動画はこちら

→動画を再生できない方はこちら

編み込みフルアップのやり方

  1. 髪をあらかじめ梳かし、センターで分けておきましょう。

  1. 顔周りにお好きな量の髪を残し、残り全ての髪を耳にかけます。顔周りに残した毛束は、クリップで挟んでおいて。
  2. 右側のトップの髪を薄くとり、左側へと持ってきます。クシを使って少量の毛束を作り、少しずつ丁寧に分け目を作っていきます。

  1. クシの柄を使い、後頭部の真ん中を割るようにして、髪を二つの毛束に分けます。今回は左の毛束を先にアレンジするため、右側の毛束をクリップで仮留めしておきます。
  2. 左側の毛束をトップから裏編みしていきます。※3本の毛束を下へ下へとくぐらせていくのが「裏編み」。詳しい方法はコチラをチェック。

  1. 毛先まで編み込んだら、指で髪を軽く引き出すようにして編み目を緩ませましょう。こうすることで、今っぽいラフでふんわりとした印象になります。毛先近くまでまんべんなく緩ませたら、目立たない色のゴムで留めて。

  1. 右側の毛束も同様に。裏編みをし、編み込みを左側と同程度に緩ませたらゴムで留めましょう。

  1. 左側の毛束を下から右側へと持っていき、右耳の上で辺りピン留めします。この時、編んだ毛束の毛先(余った部分)は内側へ折り曲げて隠しましょう。また、ヘアピンは下から挿し、上から下へと返して、編み目の中に隠すように挿し込んで。ピンを目立たせずに、きちんと固定することができます。毛量が多い人は、ピンの数を増やしましょう。

  1. 右の毛束も同様に。左耳の上あたりまで持っていき、毛先を内側へ折り曲げて隠し、ピンで留めます。

  1. 最後に顔周りに残した毛をコテで内巻きにし、ふんわりと動きを出して。ゆるく巻くことで、可愛らしさも柔らかさもUPします。

三つ編みワンサイドダウンで艶っぽく


次に紹介するのは、ミディアムさんからロングさんまで、様々な長さの髪に応用できるワンサイドダウンアレンジ。髪を片側に流し、更に三つ編みを取り入れることでことで、大人っぽさも可愛らしさも演出できます。片側の首筋やうなじが見えるワンサイドダウンスタイル。簡単なのに、浴衣ならではの艶やかな色気は、アップスタイルにも劣りません。

動画はこちら

→動画を再生できない方はこちら

三つ編みワンサイドダウンのやり方

  1. 髪をセンターで分け、全体をコテでふんわりと内巻きにしておきましょう。
  2. 今回は左側に髪を流します。まずは左側のトップの髪を薄くとり、細い三つ編み(裏編み)を作っていきます。

  1. 三つ編みができたら、指で髪を引き出すようにして、編み目を緩ませていきます。頭頂部から毛先にかけて、丁寧に少しずつ引き出して。こうすることで、ラフで大きめの三つ編みを作ることができます。
    毛先はゴムで結び、上からリボンや花のついたヘアゴムなどで隠しましょう。

  1. 髪全体を左側に流します。手櫛を使い、ザックリと流して。
  2. 右側の首元(耳下)の毛を少量とり、ねじります。

  1. ねじった毛束を、ヘアピンで固定します。ピンは下から入れて、上に返し、ねじった毛束の中に隠すように斜め下へと挿し込みましょう。
  2. 数本のピンを使い、耳下から首裏中央まで固定したら完成♪

ワンポイントアドバイス

ミディアムヘアの方は、手順6の時に、ねじった毛束をしっかりと首元にそわせてからピンで固定してみて。こうすることで、サイドに流した髪が戻ってくるのを防げます◎
また、デートの時は、左と右どちらに流すかを慎重に決めるべき。なんでも、男女で歩く時は、ほとんどの女性が彼の「左側」を歩くのだそう!三つ編みを見せたいなら右に流し、首筋やピアスを見せたいなら左に流しましょう。

髪飾りにもこだわって

いかがでしたか?同じ浴衣を着ていても、髪を上げるか下ろすかによって、印象は全く異なるものになります。ヘアアクセも浴衣の柄やなりたいイメージに合わせて、こだわりをもってチョイスして。和装×洋風レースリボンなどもお洒落で可愛いですよ♪フルアップもサイドダウンもマスターして、毎回違ったアナタで浴衣シーズンを楽しんでくださいね☆

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!