忙し女子必読!「脱・オス化女子」のススメ

モテ美
オス化したくないので退職しまぁ~す!

「オス化女子」という言葉、アナタは耳にしたことがありますか?オス化女子とは、その名の通り、女性なのに男性化している女子のこと。ここでいう男性化とは、言動や性格がオッサン臭いということではありません。なんと今、口ヒゲ体毛体臭の濃さに悩む女子が急増しているのです。でも、それって一体どうしてでしょう?今回は、現代ならではのオス化女子が増える理由と、脱・オス化の方法についてご紹介します。

あてはまったらあなたも「オス化女子」!

こんな習慣が私たちを男に変える!

「オス化」してしまう女子の多くは、いわゆるバリキャリ女子。仕事にまい進するあまり、おしゃれを面倒だと感じる、部屋が片付けられず散らかったまま、飲酒の機会が多く、食生活が乱れがちといったといった特徴があげられます。このような環境での生活を続けることにより、体毛や体臭が濃くなり、さらには口周りにヒゲが生えてきてしまうといった非常事態に発展することも…。バリバリと頑張っているだけなのに、なぜ、このような変化が現れてしまうのでしょう。

強い女性でも、カラダはやっぱりデリケート

女性に上記ような体質的変化が現れる理由として、ホルモンバランス自律神経が乱れることが挙げられます。なぜ、ホルモンバランスが乱れる女性が増えたかと言うと、女性の社会進出が進んだからというのが通説。どんなに能力が優れている女性であっても、やはり、ホルモンバランスのセルフコントロールまでは難しいですよね。
忙しく仕事に打ち込む女性が増えていく中で、心身へのストレスが増え、寝不足になり、これが正常なホルモン分泌を阻む原因となります。これらが引き金となり、2種類の女性ホルモンの分泌量が乱れること、また男性ホルモンの分泌量が過剰になることが男性のような女性を生むことになってしまったといわれています。

STOP!女性のオス化=健康ではない

しかし、このような理由が「オス化女子」を増やしているのであれば、女性にとって、いいことである訳がありません。女性本来の体の働きが阻害されているわけ訳ですから、とても不健康な状態に陥っているということになります。既に、生理に不調が出ている方なども多いかもしれませんね。ひげや低い声、体臭などは男性ホルモンが過剰分泌されているために起こる現象。まずは、男性ホルモン過剰を抑え、女性ホルモンがバランスよく分泌されるよう、身体を整えていきましょう。

男性ホルモン過剰の原因は「ストレス」!

夜更かしもNG

ストレスもホルモンバランスを乱す原因の1つ。ストレスを感じると、脳は防衛本能として副腎皮質ホルモンを分泌するよう指令を出します。けれど、この副腎皮質とは男性ホルモンの分泌される部分。つまり、ストレスがかかると、副腎皮質ホルモンと同時に男性ホルモンまでもたくさん分泌されることになってしまうのです。女性がストレスを抱えこみながら仕事をし続けてしまうと、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまう、というわけ。また、夜更かしも男性ホルモンを増やす方向に働きます。夜型の人ほど男性ホルモンの数値が高くなる傾向にあるので、夜更かしすればするほど、私たち女性はオス化してしまうのです。

女性ホルモンを整えるには?

女性ホルモンを増やすためには、まずストレスを減らすこと。そして、早寝早起きをすることです。更に、女性ホルモンを積極的に増やすことも考えたいものです。オススメは、大豆製品を食生活に取り入れること。大豆イソフラボンはエストロゲンと酷似した作用があり、女性らしい体づくりの強力な助っ人になります。また、体を冷やさないことも、「子宮冷え」による子宮・卵巣機能の低下を防ぐために重要です。

ホルモン分泌を阻むNG習慣

タバコやアルコールもまた、性ホルモンの正常な分泌に悪影響を及ぼします。更に、先に述べた、散らかった部屋での生活は、気付かぬ内にストレスとなり、副腎皮質ホルモンのひとつ、コルチゾールの分泌に繋がってしまいます。「汚部屋女子」は「オス化女子」への第一歩なんですね。心当たりがある方は、今すぐ部屋を片付けて!

脱・オス化女子を目指しましょう!

私たちが女性らしくあるためには、ホルモンバランスを整えることが重要ですが、現代女性の生活では、意に反して男性ホルモンが過剰になることも。
そこをなんとか防ぐには、生活習慣をしっかり見直すことが必要になります。
早寝早起き、適度な運動、ストレス解消法を見つける。こういった心がけが、「脱・オス化」に繋がり、また、快適な月経リズムや生みやすい体を作ることにも繋がります。忙しくて毎日バタンキューという方も、ご自分の健康のために、できることから取り組んでみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!