10分でできる!時短きちんとメイクの4ポイント

モテ子
アイメイクのみで出かけられる若者には分からないでしょうね!


「やば!寝坊した!」そんな朝は、メイクの時間をできるだけ短縮したいもの。いつもの丁寧なメイク法だけでなく、「時短メイク」を覚えておくのも、忙し女子にとっては重要です。そこで今回は、10分でできる簡単時短メイクの方法と最低限抑えるべきポイントをご紹介します!コツをつかめば、僅かな時間でいつものメイクにも負けないきちんとメイクをすることができるんですよ。

ここだけ押さえて陶器肌!時短メイクのポイント

時短メイクと手抜きメイクは別物です。手抜きをするとメイク崩れやムラにつながり、「ちゃんとメイクすればよかった!」と後悔することに…。ここでは、10分で陶器肌を作るポイントをお教えします。

<3分>スキンケアは水分重視!


メイクのノリを左右するのは、ベースメイクではなくスキンケア。どんなに優秀なコスメを使っても、土台が整っていなければメイクは崩れてしまいます。朝のスキンケアはお肌に化粧水をたっぷりと与える水分重視のケアを。油分が多すぎるとメイク崩れの原因になるので、乳液やクリームは適量を。

<1分>BB・CCクリームでプロセスを省略


日焼け止め・下地・ファンデ・コンシーラーなど、多くの役割を兼ねたBB・CCクリーム。これだけで3つのプロセスが一度に済むので一つ持っておいて損はありません。仕上げに手のひらで顔を包み込むハンドプレスでクリームをなじませて。独特のテクスチャーが苦手な人は、乳液を1滴混ぜてみて。クリームの伸びが良くなりますよ。

<1分>仕上げにお粉をふんわりと


パウダー不要が前提のBB・CCクリームですが、クリームが乾くまでの時間を短縮するためにもルースパウダーを使いましょう。パフでふんわりとのせれば、余分な油分もオフできて、次に使うポイントメイクの持ちが良くなります。

<5分>目元・小鼻・口元の3ポイントをしっかりと

細かいパーツをしっかりとカバーすることで、仕上がりが格段にアップします。特に、目尻や上下のまぶたのキワ、赤みや毛穴が目立ちやすい小鼻、メイクが落ちやすい口元をしっかりとカバーして。広い部分は多少大雑把でもOK!

プラス5分のスペシャルテクニック

「今日は少し時間がある」という時にプラスしたいテクニック。時短メイクに見えない隠し技です。

<2分>コンシーラーをプラス

BB・CCクリームには補正機能が備わっていますが、クマやニキビ跡をしっかり隠そうとすると厚塗りになりかねません。そこで、クリームを顔全体に薄く伸ばした後に、気になる部分だけをコンシーラーでカバーして。クマのある目元など皮膚が薄い部分は、クリームを塗らずあえてコンシーラーだけを使いましょう。薄塗りの自然な印象に仕上がります。

<3分>眉・チーク・リップ重視で“メイクした感”を出す!

短い時間で手抜きに見えないメイクに仕上げるコツは、ポイントメイクにもあります。顔の印象を左右する眉・チーク・リップの3つは丁寧に施して。これだけで、時短メイクでも“メイクした感”を出せます。
眉は眉尻までしっかりと描き、チークは頬のムラをカバーするように広範囲にふんわりとオン。また、リップは落ちやすいグロスではなく、口紅を使うことできちんとした印象を演出しましょう。

時短ポイントさえ押さえておけば、「今日はメイクするのめんどくさいな」なんて時でも、いつものメイクと変わらない仕上がりに。時短メイクをマスターして、どんな時でも手を抜かないデキる女子を目指しましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル