輪郭別!似合う前髪とNGな前髪

モテ子
知れば知るほど選択肢が減ってマンネリ化するわよ?


前髪にもシーズンごとのトレンドがありますよね。でも、人気のシースルーバングや眉上バングにしたら、自分には驚くほど似合わなかった…なんて女子も少なくはないでしょう。それもそのはず、前髪だってヘアスタイルと同じく輪郭との相性があります。前髪を作った方が良い顔型、逆に流した方が良い顔型とはどんなものでしょう?今回は、アナタの第一印象をUPさせるべく、輪郭別に似合う前髪と避けた方が良い前髪をご紹介します。

丸顔さんは王道斜めバング

キーワードは「流す」

やや幼く見られがちな丸顔さん。前髪を味方につけて、可愛らしさはそのまま、大人っぽさや色っぽさも纏ってしまいましょう♪前髪は作っても作らなくてもOKと、自由度は高め。どちらの場合も分け目を作り、流すことをキーワードにしましょう。
たとえば、前髪を作る場合は、左右好きなところに分け目を作って、王道の斜めバングに。前髪パーマアイロンを使ってみるのも良いでしょう。を出すことで縦長効果が生まれ、顔の丸みを打ち消すことができます。
前髪に長さがある場合は、センター分けや斜め分けもGOOD。中でもオススメは後者。前髪を斜めに流すことで、顔の出ている部分がひし型シルエットになるため、理想の卵型に近づけるのです。

ワイドバング・ぱっつん前髪はNG

丸顔さんが前髪を作る場合は、「幅を狭くとること」を意識して。幅を広くとったワイドバングや、分け目を作らず一直線に切りそろえたぱっつん前髪は、顔の横幅を強調して、顔を実際よりも大きく見せてしまいます。

ベース型さんは前髪で顔サイドを覆うべし

前髪は長めが吉◎


エラとハチ部分が張り気味なベース型さんは、前髪を伸ばしてコンプレックスカバーに使ってみて。斜めに流して顔の内側にひし形シルエットを作るのも良し。また、センターでふんわりと分けるのも良いでしょう。ここで気をつけたいのは、フェイスラインにかかった前髪を耳にかけないこと。輪郭、特にエラ部分が露出してしまい、かえってベース型が目立つことになります。9:1に分けた、大人っぽい「かきあげバング」もベース顔さんに似合うトレンド前髪です。

ワイドバング・眉上バングはNG

ベース型さんも、幅広のぱっつん前髪(ワイドバング)は控えたいところ。横一直線のラインが角ばった印象を強調させてしまいます。輪郭の印象を打ち消すためには、顔周りの毛や前髪を遊ばせること。エラよりも額の両サイドのハチ張りが気になるという女子は、トレンドの眉上バングも避けた方が良いでしょう。

面長さんは前髪を厚めに

目の上ギリギリラインを意識


日本人の中でも多い面長さん。顔が縦方向に長いため、実年齢以上に見られてしまいがちですよね。そこで味方になってくれるのが、丸顔さんやベース型さんにとってはNGとされていた厚めワイドバング!前髪の幅を広くとることで、縦長感を打ち消すことができます。厚めの前髪は重たく感じるという方は、ふんわりとワンカールさせたり、8:2程度に分けて優しく流すのがオススメ。前髪を分ける場合は、額の面積を出しすぎないように気を付けて。縦長感がかえって強調されてしまいます。ふんわり流す場合もぱっつん前髪の場合も、目の上ギリギリまでの長さにそろえることで、目ヂカラUP小顔効果が得られます◎

センター分け・シースルーバングはNG

面長さんが最もやってはならない前髪といえば、センター分け。顔の長さが目立ち、「平安時代だったら美人系女子」になってしまいます。基本的に、前髪は作るべきと心得て。また、トレンドのシースルーバングも縦長感を出したくない面長さんなら控えたいところ。また、同じ「前髪アリ」でも、眉上バングなどのショートバングは前髪下の顔の長さを目立たせてしまうので避けた方が賢明でしょう。

逆三角さん ふんわり斜め前髪アシンメトリー

キーワードは「ふんわり」


クールな印象のある逆三角さん。アゴが細い分、目立ってしまう頭のハチ張りを前髪で隠したいところですよね。そんな逆三角さんにピッタリの前髪は、7:3など、アシンメトリーにふんわりと流した長めの前髪。前髪を作る時も、カールさせる、左右どちらかでわけるなどしてキツめの印象を打ち消して。透け感と柔らかさを感じさせるシースルーバングは、逆三角さんとの相性抜群☆個性的なギザギザ前髪や、女っぽさを上げるかきあげバングなど、流行の前髪もよく似合う顔型です。

厚め前髪やストンとしたぱっつん前髪はNG

厚め、重めの前髪や、横一直線のぱっつん前髪は、ハチ部分を強調してしまうばかりか、アゴが細いために離れ気味に見られがちな目を、更に離れているかのように見せてしまうのでNG!前髪を作る場合は、毛を遊ばせることや、自然な隙間を作ることをお忘れなく。

いかがでしたか?第一印象を左右する前髪って、失敗すると、伸びるまでテンションも低空飛行になってしまいますよね。こういったリスクを未然に防ぐためには、美容師さんに「自分の輪郭のこの部分をカバーしたい」と素直に相談するのも一つの手。ただ単にトレンドを追うだけでなく、ご自分の輪郭と照らし合わせて、ベストな前髪を見つけましょうね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル