夏物再利用はNG!気温が高い日の秋ファッション、どうすれば良い?

モテ子
日本人は古来から季節に合わせた装いをするものよ。


暦の上ではもうすっかり秋!でも、突如として「夏!?」と思うほど気温が上がる日ってありますよね。昨年東京では、9月最終週に気温27~29度という夏日を3日連続で記録しました。その他多くの地域でも、9月の最高気温は28度以上。こんな時、アナタはどんな服装で出かけますか?お洒落な女子とは、暑さ寒さから身体を守りつつ、「季節」を意識したファッションを貫くもの。9月後半に夏服再利用なんて言語道断です。そこで今回は、“秋だけど気温が高い日”のファッションポイントをご紹介します。

透け感素材×秋色


まずは、イラストを見てみて。同じデザインだったり、同程度に肌を露出していても、夏物と秋物の違いが明確にわかりますよね。
透け感があり涼しげなオーガンジースカートやチュールスカート、シースルートップス。これらを、素材はそのまま、色だけ「秋色」にチェンジすれば、季節感を上手に取り入れた「秋なのに夏日のコーデ」ができあがります。
トップスであれば、使いやすいのは黒やネイビー、グレーにアイボリー。ボトムスは、ボルドーやキャメル、カーキ、マスタードイエローなど、代表的な秋色で季節感を主張してみましょう。

夏の色に別れを告げて


イラスト左のライトグレー×爽やかな水色は夏の配色。気温に合わせて夏物を再利用しても、空気や風景に馴染まないため違和感や場違い感が生じてしまいます。
露出度の高い秋色の服がない…という方は、季節を問わず使える黒やベージュなどのアイテムを選び、鞄に秋色を取り入れて。小物の色ひとつを変えるだけで、印象は大きく変わります。

定番色も、夏と秋ではトーンが違う

キーワードは「くすみ」「深み」


前段で挙げたボルドーなど、“THE・秋色”ではなく、ピンクやイエロー、グリーンなどのお馴染みカラーも、季節に合わせてトーン(彩度と明度)を変える必要があります。たとえば、同じピンクでも、夏は明るくて軽いペールピンク、秋はくすんだスモーキーピンクというように変化を持たせて。このように、ちょっとダークな深みカラーや、渋みや濁りのある鮮やか過ぎない色味のアイテムを選ぶことで、イラストのように同じような配色のまま、秋モードへとイメージチェンジすることができます。

ホワイトにも注目

「白」も意識的に変えたいカラー。気温が高い日に、“半袖×真っ白×素材が薄め”といった服を着てしまうと、先に述べたように「真夏!?」といった違和感のある印象になってしまいます。同じ白でも、アイボリーオフホワイトのものをチョイスするだけで、素材を問わずシックな秋の装いに変わりますよ♪

秋の王道柄を取り入れよう


夏はボーダーやピンストライプ、秋はチェックやブリティッシュストライプなど、季節ごとに「王道柄」がありますよね。ブーツやブーティを履くのはちょっと…といった気温の日には、チェック柄パンプスで足元を彩ってみて。もちろん、スカートやパンツなど、服自体を柄物にするのも正解◎秋物スカーフを普段使いの鞄に巻くのも可愛いですよ。

アクセサリーで最旬感を! 

この秋はフェザーモチーフ


アクセサリーもコーデを完成させるために不可欠な要素。今夏はヒトデや貝殻モチーフが流行しましたが、この秋はフェザーモチーフ(羽)が爆発的な流行を巻き起こしそう。涼しげにまとめた髪を、存在感のあるフェザーバレッタで飾れば、それだけで今シーズンっぽさを演出することができます。
また、今秋もコットンパールアクセが引き続き人気の兆し。シックでアンティークな雰囲気を持つコットンパールのアクセサリーは、秋ファッションと非常に相性が良いので、こちらは夏物として終わらせず使いまわしちゃいましょう♪

最後に

一昨年は10月なのに30度越えの真夏日を記録する…という珍事件もありました。秋真っ盛りなのに暑い、そんな日もこれから何度もやってくるかもしれません。今回ご紹介したポイントを押さえて、秋空に似合う涼しいコーディネートで快適に過ごしてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル