夜更かしは肥満のもと?朝型生活のススメ

モテ子
夜行性だなんて言い訳しているうちに、あっという間に老けこむわよ?


アレもしたい、コレもしたい。でも自由な時間がほとんどない…。そんな悩みを抱えている現代女性も多いと思います。録りだめたドラマを見ているうちに、ふと気がついたら日付が変わっていたなんてこともあるのでは?毎朝ギリギリまでベッドでうとうとしているあなたに、夜更かしを続けるおそろしさと朝型生活のメリットをご紹介します。

夜更かし生活は太りやすい?

どんなに寝る時間が遅くても、朝起きる時間は毎日同じ。そうすると自然と睡眠時間が減ってしまいますよね。
コロンビア大学の研究調査によると、平均睡眠時間が7時間程度の人に比べて、4時間程度の人はなんと73%も太りやすいという結果がえられました。なぜ睡眠時間が少ないと、太りやすくなるのでしょうか?
(参考サイト:睡眠時間と肥満の関係

食欲抑制ホルモン「レプチン」が減少する

「レプチン」とは脂肪細胞で生産されるホルモンです。ギリシャ語で痩せるという意味のレプトス(leptos)から命名されました。「レプチン」が分泌されると満腹中枢が刺激され、食欲が抑制されます。おまけにエネルギーの消費まで促してくれます。睡眠不足になってしまうと「レプチン」の分泌量も少なくなってしまいます。その結果、満腹感が減って食欲増進につながってしまいます。

食欲増進ホルモン「グレリン」が分泌される

「グレリン」とは胃で生産されるホルモンです。自律機能の調整をつかさどる視床下部に働きかけて、食欲を増進させます。ダイエッターの大敵といえるホルモンですね。睡眠不足になると「グレリン」の分泌量が増えます。夜中に甘いものや脂肪分の多いものを食べたくなるのは、この「グレリン」が原因だったのです。

「レプチン」が減り「グレリン」が増えることによって、夜中のドカ食いが発生してしまいます。寝る直前にものを食べると消化不良を起こしますし、肌荒れの原因にもなります。夜は早く寝て、朝食をしっかり摂るようにしましょう。

朝型生活で時間を有効活用しよう

朝型生活に切り替えると、意外なほど時間を活用できることがわかります。

きちんとした朝食が摂れる

ギリギリまで寝ていると朝食を摂る時間がありませんよね。また、寝起きは食欲がわきにくいものです。早起きすると時間の余裕ができるので、いつもよりひと手間加えた食事が用意できますし、ゆっくり食べることもできます。朝食を摂ることで代謝がアップするのでダイエットの効果も上がります。

丁寧なスキンケアでメイクもばっちり

メイクのノリがいつもより良い。そんな日に共通しているのは、朝のスキンケアがきっちりとできているということ。早起きすればスキンケアの時間もたっぷり取れますね。お肌が健康だと、夕方までしっかりメイクが持ちます。

太陽光を浴びて心身ともに健康に

太陽光を浴びる時間が減ると、「セロトニン」という脳内物質の分泌も少なくなります。セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれていて、不足するとイライラや不安などのストレスがたまり、酷くなるとうつ病になってしまうこともあります。朝日を浴びることでセロトニンが活発に分泌されるようになります。加えて、ヨガやウォーキングなどの軽い運動を15分程度行うと、1日中気持ちよく過ごすことができます。

寝る前はスマートフォンを控えて身体を朝型に変えよう

以上のように朝型生活は良いことづくめですが、早寝早起きを実行するのはなかなか難しいのが現実です。そこで、まずは早寝に挑戦してみてください。また、スマートフォンから発せられているブルーライトの刺激は睡眠をさまたげます。ベッドに入った後はスマートフォンを見ないように心がけましょう。そして朝目が覚めたらすぐにカーテンを開けて朝日を浴びるようにしてください。

早起きを続けると心身ともに健康になります。内側から輝くためにも、メリットたっぷりの朝型生活に切り替えていきたいですね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!