テカリは乾燥のサイン!インナードライ肌って何?

モテ子
お肌って女心のように複雑なのよね・・・。

最近、乾燥しているのになぜかテカる、お肌がつっぱるのにすぐにベタつく…など、不安定な肌状態に悩んでいませんか?もしかすると、それって「インナードライ肌」の症状かもしれません!インナードライ肌とは、一見、皮脂が多くオイリー肌に見えがちですが、お肌の内側はとても乾燥している状態のこと。間違ったスキンケアを続けていると、乾燥肌がますます進行して、シミシワたるみなどの老け顔の原因になってしまいます!そこで今回は、インナードライ肌の改善方法についてご紹介していきます。

“テカる=オイリー肌”じゃない!インナードライ肌のメカニズム

肌表面は皮脂でベタベタしているのに、なぜお肌の内側は乾燥しているのでしょうか?
私たちの皮膚は、適度な皮脂を分泌して乾燥や外的刺激からお肌をから守る役割を果たします。そして老廃物や古い皮膚を排出し、新しい細胞を作り出すターンオーバーを行うのです。しかし様々な原因によって皮膚の表面が乾燥してしまうと、お肌守るために過剰に皮脂を分泌してしまいます。さらにターンオーバーも正常に行われないため、シミやシワの原因を作り出してしまうのです。

こまめにケアしているのに…インナードライになってしまう原因って?

インナードライ肌になる原因は、私たちの日常生活のいたるところに潜んでいます。冷暖房による空気の乾燥や紫外線ダメージなどの外的要因に加え、ストレスや不規則な生活習慣など、様々な要因によって起こると言われています。
しかし、最も危険なことは、自分のお肌がインナードライ肌だと気がつかずに間違ったケアを行っていること!テカるからといって保湿を控える、脂取り紙で必要以上に皮脂をとる、皮脂を抑えるパウダーを使う…など、過剰な皮脂対策がインナードライの症状を進行させてしまっていたのです。正しいと思って行っていたケアは、実はお肌の表面や内側を乾燥させてしまっていたというわけ。あなたの小鼻がテカっているのは、実は乾燥が原因だったのです!

インナードライ肌の正しいスキンケア方法は?

それでは、インナードライ肌を改善するための正しいスキンケア方法を見ていきましょう。いったい、どのようなケア法が乾燥を招かないのでしょうか。

本当に必要なのは水分補給

“乾燥=保湿”が当たり前のスキンケア法といえますが、実は水分による保湿が最重要だったのです。いくら高濃度のクリームをたっぷり与えても、お肌の内側の水分が足りていなければ何の意味もありません。インナードライ肌を防ぐには、まず化粧水をいつもよりもたっぷりと使用することが必須です。コットンや手を使って、お肌がもっちりと吸い付くような質感になるまで十分に与えていきましょう。

しっかり蓋をして内側に水分を閉じ込めて

十分にお肌に水分を与えたら、乳液やクリームなどの油分でしっかりと蓋をします。この油分が足りていないと、お肌が危険を感じて皮脂を分泌してしまいます。水分同様、保湿効果の高いクリームでたっぷりと潤いをあたえてあげましょう。

美容オイルを使った効果的なケア法

「オイルはベタつきが気になる…」と敬遠する人も多いものですが、美容オイルはインナードライ肌にオススメのアイテム。皮脂に近い成分のオイルを選ぶことで、お肌が自ら皮脂を出す必要がなくなり、テカリや過剰な皮脂分泌を抑えることができるのです。
洗顔後すぐにお肌全体にオイルを1滴。この1滴が、乾燥しがちな皮膚が柔らかくして、普段の化粧水を毛穴の奥まで届きやすくしてくれるのです。そして、化粧水をつけたら、再びオイルを1滴お肌に伸ばしましょう。蒸発しがちな化粧水をお肌の奥に閉じ込め、乳液やクリームでは補いきれない部分の保湿を叶えてくれます。

お肌のテカりが気になる・・・それってもしかすると「インナードライ」のサインかも。手遅れにならないよう、今一度スキンケア方法を見直してみてはいかがでしょうか?

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル