寒い夜もぽっかぽか☆湯たんぽのススメ

モテ子
体があたたかい方が脂肪も燃焼しやすいのよ。

今の季節、さあ寝ようと布団に入っても寒くてなかなか寝付けないことはありませんか?
冷えは寝つきを悪くする原因の一つです。また、冷えると血行が悪くなくなり、老廃物が体に滞ってしまうので、寝れたとしても疲れが取れない質の悪い睡眠になってしまいます。そんな時には昔ながらの「湯たんぽ」がおススメ。湯たんぽで体を温めながら寝る事で、寝つきも良く、ぐっすりと眠れるようになります。

湯たんぽの魅力

体を温めるだけなら、エアコンや電気毛布でもいいのでは?と思うかもしれませんが、
湯たんぽは空気が乾燥しないので、肌や喉を痛める心配もなく、また利用するのはお湯だけなので他の暖房器具に比べてとても経済的!そして湯たんぽの大きな魅力はその温め方。ゆっくりじんわりと体を温めてくれるので、体に負担がかからず、芯からしっかりと温まります。ヒーターや電気毛布を使うと体が急激な温度変化についていけず、体温の調整がくるって汗を大量にかいてしまい、その汗でまた体が冷えてしまう・・・なんてことも。

湯たんぽの使い方


湯たんぽと一口にいっても純銅製やトタンやブリキなどの金属製ゴム製プラスチック製と様々な材質のものがあります。純銅製は保温性にすぐれていたり、プラスチック製は軽くて値段もお手頃、最近人気のゴム製は柔らかいので、体にフィットし、部分的に温めたい時に最適など、それぞれ特徴があるので自分にあったものを選んでみて。

お湯の温度の目安

  • プラスチック製 70度前後
  • ゴム製 70度以下
  • それ以外 100度に沸騰したお湯

注意すること

  • お湯の量が少ないと内部気圧の変化で変形してしまう可能性があるので満タンに入れ、キャップをしっかりと閉めましょう。キャップがしっかりと閉まっていないとお湯漏れの原因に。お湯が漏れてこないか何度か逆さにしてチェックしましょう。
  • 直接肌に触れるとやけどや低温やけどをすることがあるのでどのタイプも必ずカバーをつけて使いましょう。
  • 就寝時に使用する時はあらかじめ布団に湯たんぽを入れておき、温まったころに布団に入ると眠りにつきやすくなります。
  • 睡眠中に限らず、長時間使用するときは低温やけどを防ぐため、必ず湯たんぽを体から離して使用しましょう。

お風呂に入る前にも効果的

体の冷えをとるのにもっと効果的なタイミングは、入浴前
お風呂は長時間の入浴でないと、温まるのは体の表面のみと言われています。
タオルを厚めに巻いた湯たんぽを、お腹にあててしっかりと体を温めてからお風呂に入りましょう。これなら、シャワーのみや短時間の入浴でもしっかりと冷えが取れ、体の芯からぽかぽかになるのです。

いかがでしたか?昔から「冷えは万病の元」と言われる通り、このほかにも自律神経の乱れや女性ホルモンの乱れ、免疫力の低下など、体にいろいろな不調を引き起こします。女性の大敵「生理痛」も冷えが原因の一つと考えられており、冷えを解消することで症状が和らぐ場合があるそう。湯たんぽで体を優しく温め、これからの冷えが厳しくなる季節と上手に付き合ってくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル