隠せる季節はもうすぐ終わる!ガサガサ乾燥かかとの原因と対策

モテ子
あら、ヤスリかと思ったらそっちが足だったのね。


かかとが乾燥してストッキングがひっかかったり、恥ずかしくて人前では素足になれなかったりと、冬のお悩みの一つであるガサガサかかと。夏に比べて素足になる機会は少ないものの、いざという時のためにかかとまでつるつるにしておきたいですよね。
そこで今回は、ガサガサかかとの原因と、つるつるかかとの作り方をご紹介します。

どうしてガサガサかかとになっちゃうの??

足の裏は非常に汗をかきやすい部分ですが、かかとだけは皮脂腺が少なく、潤いが奪われやすい場所でもあります。そこへ、毎日の歩行によってかかとの皮膚に摩擦や負荷がかかることで、角質層が蓄積されてしまいます。また、化学繊維でできたストッキングや、靴下による摩擦・刺激で起こる乾燥も原因の一つ。角質層の蓄積だけでなく、かかとの水虫が原因の場合も。かかとに起こりやすい角質増殖型の水虫は、かかとを中心に足裏全体の皮膚が厚くなり、粉を吹いたような状態になります。痒みがないので自覚症状がない人も多いですが、症状がある場合は皮膚科での治療も必要です。

こんな習慣がガサガサを悪化させる!

ガサガサかかとを悪化させる習慣の一つとして、角質を削りすぎていることが考えられます。硬くなった角質を削り落とそうとヤスリなどで必要以上に角質を削ってしまうと、防御機能が働いた肌は、もっと角質を厚くしようとします。さらに、必要な角質や皮膚まで失われたことで乾燥も悪化し、悪循環に。逆に肌を傷めることにもなりかねないので、削りすぎにはくれぐれも注意しましょう。
また、足の冷えにも要注意。足が冷えることで血流が悪くなり、かかとや足の新陳代謝が悪くなります。ターンオーバーが滞ると、新しい皮膚ができていても古い角質が剥がれ落ちず残ってしまうので、分厚いガサガサかかとになってしまうのです。

つるつるかかとの作り方

ガサガサかかとを悪化させないためには、日々のこまめなケアが大切。どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。

尿素配合クリームをこまめに

かかとのケアには、尿素配合のクリームを使用して。皮膚に似た成分の尿素は、角質にスムーズに浸透して硬くなった角質を柔らかくします。お風呂あがりや寝る前、朝靴下を履く前など、できるだけこまめに毎日塗ることが効果的。

靴下は天然素材のものを

アクリルやポリエステル素材の靴下は、皮膚の水分を奪ってしまうので乾燥を悪化させてしまいます。履いていると暖かく感じますが、通気性は良くないので皮膚にとっては快適でない場合も。かかとの乾燥を防ぐには、コットンシルクなどの天然素材のものを使用しましょう。

かかとパック


ゴワゴワした頑固なかかとには、かかとパックでスペシャルケアを。お風呂あがりの温まった状態の足にクリームをたっぷりと塗り込んで、足全体をラップに包み、5分から10分放置しましょう。クリームを塗る場合はなるべく肌に擦り込むように塗ると効果的です。ドラッグストアでも、パックタイプのかかとケアアイテムを購入することができますよ♪

いかがでしたか?いくらお肌やボディを丁寧にケアしていても、かかとがガサガサだとそれだけで魅力が大幅ダウン。普段見えないかかとまでしっかりケアできてこそ、女子力アップに繋がります。

あわせて読みたい

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル