新生活は美肌でむかえよう☆ニキビの原因と対策をおさらい

モテ子
初対面でニキビがあると、美肌の印象にはならないわよ。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

肌トラブルの中でも、ニキビは目立ってしまうので本当に厄介ですよね。特に季節の変わり目のこの時期は肌が敏感になり、悩まされている人も多いでしょう。ところで、そのニキビの原因、きちんと把握できていますか?また、できないようにする対策や、できてしまった顔のニキビを目立たなくする方法はあるのでしょうか?今回は、女子を悩ますニキビのあれこれについておさらいしていきましょう。

肌トラブルといっても種類は色々、ニキビに対する基本知識

ニキビができてしまう原因って?

ニキビとは、ひとことで言うと、毛穴が皮脂で詰まって炎症を起こした状態です。ただ炎症を起こしただけではニキビにはならないのですが、そこにアクネ菌やマラセチア菌が入り込んでしまうとニキビになってしまいます。毛穴の詰まりがニキビの原因ということになりますが、どうして毛穴が詰まってしまうのでしょう?普段の生活で考えられる原因は2つあります。まず1つ目が、空気中のホコリや化粧品などの汚れが毛穴に入り込み、それらの汚れがきれいに落ちずに、付着したままになっているということです。2つ目は、本来皮膚を守っている皮脂の過剰分泌によるものと考えられます。

ニキビの種類は4種類

ニキビには種類があるのをご存知ですか?見た目が違うのですが、ニキビの炎症状態によって分けられます。

  • 白ニキビ…皮脂や汚れが毛穴に詰まって、ポツっと盛り上がっている状態。特に痛みは感じません。
  • 黒ニキビ…毛穴に詰まった皮脂が酸化することによって、黒ずんで見える状態。アクネ菌はこの酸化した皮脂をエサにします。
  • 赤ニキビ…毛穴にアクネ菌が増殖して炎症を起こしている状態。赤ニキビでは、痛みやかゆみを感じるようになります。
  • 黄ニキビ…増殖したアクネ菌と白血球が戦うことによって、毛穴に膿が溜まってしまった状態。触ると固さがあり、痛みが強い場合は、肌の中に大量の膿が詰まっている可能性があります。

どのニキビも、肌を清潔に保つことが第一です。赤、黄と進行するごとに目立ってしまうので、早い段階で薬を塗ったり、病院に行ったりして対処しましょう。

なんでこんなところに…!ニキビ予防によい食べ物

こんなところにもニキビが!

ニキビは顔にできるものだと思い込んではいませんか?実は、背中やおしりにもニキビはできます。背中やおしりは普段見えにくい場所なだけに、あまり気がつかないかもしれませんが、触ってみてポツっとしたものがあれば、ニキビかもしれません。背中のニキビは、シャンプーやボディソープのすすぎ残しや、衣服の摩擦、汗に含まれる皮脂などが原因です。

ニキビ予防におすすめの食べ物

ニキビ予防には、過剰な皮脂の分泌を抑え、角栓が溜まりにくいように肌の状態を整える必要があります。主に必要な栄養素は「ビタミンC」「コラーゲン」「ビタミンB群」ですが、肌トラブル解消におすすめの食べ物をご紹介します。

  • 赤パプリカ
    ビタミンCが多く含まれる食べ物は、緑黄色野菜です。なかでも赤パプリカは、他の野菜に比べて多く含まれています。また、ビタミンCは熱に弱いのですが、赤パプリカのビタミンCは、加熱しても破壊されにくいのが特徴です。油と一緒に炒めることで、肌のターンオーバーを促進してくれる効果のあるβカロチンの吸収もよくなります。
  • 手羽先
    新陳代謝をよくし、老廃物を排出してくれる働きを持つコラーゲンが豊富です。
  • 納豆
    ビタミンB群は抗酸化作用があり、脂質の分解を助ける働きがあります。そのため、皮脂の分泌を抑えることができます。また、大豆内に含まれるイソフラボンは美しい肌を保つのにも効果的です。

デートなのに顔にニキビが…緊急カモフラージュ術

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

せっかくのデートなのに、顔にニキビやニキビ跡があると気分も滅入ってしまいますよね。そこで、メイクで簡単に隠せる技を3つご紹介します。

コンシーラーを使う

ファンデーションで隠そうとすると、カバーしきれずどうしても厚塗りになりがちです。特に小鼻などの周りはよれてしまって、ナチュラルなカバーが難しい部分です。そんな時活躍してくれるのがコンシーラー。赤ニキビには黄みがかったカラーを使用しましょう。あまり広範囲に伸ばさずピンポイントにつけていきましょう。上から塗るファンデーションは、同色を選んでくださいね。

ファンデーションの色を変える

ファンデーションの色味は、大きくわけて、ピンク・オークル・ベージュ・イエローがありますが、赤ニキビでは、ピンク系のファンデーションでは、さらに赤く見えてしまいます。前述のコンシーラー同様、オークルベージュ系の黄みのあるファンデーションがおすすめです。ニキビのところだけベージュ系にして、他はピンク系にするのもよいかもしれません。

ポイントメイクで視線をそらす

ニキビから視線を外すためにおすすめなのがポイントメイクです。目の周りや唇にはニキビはできにくいので、自然とそこに視線がいくようなメイクをしてみてください。印象的なアイメイクやリップで彼の視線を奪いましょう。

いかがでしたか?
ニキビのできる原因は、皮脂の過剰分泌にありますが、食生活が原因になっていることもあります。糖分の多いチョコレートなどの甘いものや油分の多いナッツ類などはなるべく控えるようにしましょう。また、肌の乾燥によっても皮脂が過剰に分泌されますので、保湿をすることも大切です。日頃からニキビ予防を心がけたケアで、きれいな肌を保ちましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

専門家ライター募集 モテ子YouTubeチャンネル