なぜか治らないニキビに悩むアナタヘ☆赤いポツポツの原因は肌の「カビ」?

モテ子
顔にカビですって?男性陣もドン引きね。


やわらかな陽射しが降り注ぐ、おだやかな春がやってきましたね。けれど、春はポカポカな陽気とは裏腹に、肌トラブルが発生しやすい季節でもあります。寒暖差や紫外線、花粉などの外的刺激によって、多くの女性が肌荒れにお悩みのことでしょう。さらに、季節に関係なくなぜかニキビが完治しないという声も。その長引くニキビ…もしかすると “肌カビ”が原因かもしれません…!

ニキビじゃなかった!肌カビの原因はコレ

そもそも肌カビって?

肌カビとは、お肌にカビが生えて炎症を起こしてしまうこと。赤くポツポツとしているため、ニキビと間違えられることも多いようです。けれど、この肌カビは “マラセチア菌”という常在菌によって引き起こされるため、ニキビ用のケアアイテムでは治すことができないのです。常在菌とは、私たちの身体に住みついている菌のこと。普段は悪さをすることはなくむしろ、外的刺激から素肌を守り健やかに保ってくれる役割を果たしてくれるのです。そんなマラセチア菌が大量に増え、毛穴に入り込んでしまうことで肌カビになります。ではどんなことが原因で増えてしまうのでしょうか?

汗や皮脂の放置

肌カビの原因となるマラセチア菌は、皮脂などをエサに生きています。そのため、肌に汗や皮脂がある状態を長時間放置してしまうと、その部分にマラセチア菌が増殖し、悪影響を及ぼしてしまうのです。特に、Tゾーンや背中などは要注意です。

過度な洗顔など誤ったスキンケア

前述したように、マラセチア菌は皮脂が大好物。普段、過度に洗顔をしたり、あぶらとり紙を頻繁に使っている女性は注意が必要です。必要以上に皮脂を抑えてしまうと、肌の乾燥を招き、皮脂が過剰に分泌されるのでマラセチア菌を増殖させてしまっているかもしれません。

鉄分不足

現代女性が不足しがちな鉄分。鉄分は、血液に含まれるヘモグロビンの主成分となるミネラルです。ヘモグロビンは全身に酸素や栄養を届けたり、老廃物を回収する重要な役割があります。鉄分が不足すると、ヘモグロビンの量が減り、酸素が十分に行きわたらないうえ、老廃物は体内に残ったままになります。その結果、身体の免疫力が下がり、皮膚もカビが生えやすい状態に。また、鉄分が不足すると、異物の排除を担う白血球の生成もにぶくなるので、増殖しはじめたカビを抑えることも出来なくなってしまうのです。

肌荒れとサヨナラ☆肌カビを防ぐ方法

鉄分をしっかり補う


私たち女性は、1日10.5mg(※1) の鉄分を摂取するよう推奨されています。サプリメントで「鉄」を補っている女性も多く見受けられますが、可能な限り、新鮮な食材から鉄分を補うように心がけましょう。鉄分は特に、豚レバー鶏レバーカツオ小松菜に多く含まれています。そして、ビタミンCとあわせて摂取することで、吸収率がグッと高まります。食事と一緒に果汁100%のオレンジジュースグレープフルーツジュースを摂るとよいでしょう。

※1 日本人の食事摂取基準(2015年版)より

誤ったスキンケアを見直す

前述したように、乾燥を悪化させるスキンケアを続けていると、皮脂の分泌を促進させ、カビが好むテカテカ肌に近づいてしまいます。日々、できるだけ丁寧な保湿ケアを心がけましょう。また、春は空気中に花粉やほこりが多くまっているため、お肌が敏感になっています。帰宅後は、ミルククレンジングなど低刺激なものでお肌に付着した汚れやメイクを優しく落としてくださいね。

メイク道具を清潔に保つ

普段、ファンデーションのパフやブラシは清潔に保っていますか?毎日使うパフやブラシは、皮脂や化粧品の油分を吸収するので放っておくと雑菌の温床に!皮脂や見えない細菌をたっぷり含んだファンデーションを使用していたら、マラセチア菌だけでなくほかの雑菌まで増殖してしまいます。また、メイク道具だけでなく、枕カバーやバスタオルなど、肌に触れるモノを清潔に保つことも重要です。肌をカビさせないためにも、常に身の回りを清潔に保つよう心がけてくださいね。

いかがでした?ニキビだと思っていた肌荒れも、もしかするとカビが原因だったのかもしれません。なかなか治らない人は状態が悪化する前に、皮膚科で診てもらいましょう。そのうえで、今回ご紹介した肌カビ防止法をとりいれてみてくださいね。長引く肌トラブルをクリアにして、心新たな新生活はピカピカの美肌で迎えましょう。

参考サイト:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

食材から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

専門家ライター募集 モテ子YouTubeチャンネル