実は肌より深刻だった!意外と知られていない春の髪ダメージ

モテ子
そろそろ髪のUVケアもルーチンに加えなさい。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

春になると紫外線を気にしてお肌のUV対策を始める人が多いはず。しかし、髪のUV対策にまで気を使っている人は少ないのではないでしょうか。肌が紫外線でダメージを受けるように、髪も紫外線でダメージを受けます。それどころか、肌よりも髪の方がちょっとやっかいなのです。今回は髪を紫外線から守るためのポイントについて見ていきましょう。

髪にダメージを与える紫外線とは?

主な2種類の紫外線

地球に届く紫外線にはUVAとUVBがあります。夏の炎天下で日焼けすると赤く痛くなるのはUVBによるもの。UVBは地球上の紫外線の5%にすぎませんが、エネルギーが大きいため肌に大きなダメージを与えます。一方、UVAは紫外線の約95%を占めますが、UVBに比べてエネルギーが小さいのが特徴。しかし、どちらかというとやっかいなのはUVAの方です。UVBは表面にしか届きませんが、UVAはガラスも皮膚も髪もどこでも通り抜けてしまいます。そのため、肌や髪の内部に浸透して中からダメージを与えてしまうのです。
紫外線は1月頃から徐々に増えはじめ、8月にピークを迎えます。特にUVAは4月頃になると夏のピーク時に迫る勢いで急激に増えます。そのため、紫外線対策は春からしっかりとしておく必要があるのです。

髪の構造を理解しよう

知っておきたい髪の毛の3層構造

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

髪の毛は、中心から「メデュラ」「コルテックス」「キューティクル」の3層構造になっています。まず、中心部のメデュラは柔らかい「ケラチン」というタンパク質の一種が主成分で、外的刺激による空洞ができやすい特徴があります。つぎに中間層のコルテックスは、髪の9割近くを占める組織で、主成分は繊維状のケラチンです。コルテックスのケラチンと脂質の割合や水分量によって髪の質感が決まります。
また、メラニン色素が含まれており、メラニンの量や種類によって髪の色が変わります。そして表面を覆っているキューティクルは、薄い細胞が4~10枚密着して、髪の根元から毛先に向かってうろこ状に重なっている層です。髪を外的刺激から守る働きをするのと同時に、髪のツヤを保っています。健康な状態だときれいなうろこ状ですが、外部刺激によってキューティクルにすき間ができたり、剥がれ落ちたりします。キューティクルが壊れると、シャンプー時に内部のケラチンや脂質が流れ出たり、水分が蒸発しやすくなり、髪にダメージを与えてしまうのです。

衝撃事実!紫外線のダメージは肌より髪のほうが深刻だった!

紫外線が髪に及ぼす恐ろしい影響とは

髪が紫外線を浴びるとキューティクルの層が破壊されるだけでなく、UVAが髪の内部に入り込んで内部にもダメージを与えます。すると、メデュラに空洞が増えて髪がもろくなったり、パサつきやごわつきの原因になります。また、紫外線はコルテックスのメラニンにもダメージを与えるため、髪の色も褪せてしまうのです。髪は肌のように炎症を起こすことがないので、紫外線のダメージになかなか気づくことができません。また、肌と違って傷んだ組織を修復する機能を持っていないために、髪が一度傷んでしまうと、自然に元に戻ることはありません。

春になったら紫外線対策をしっかりと!

出来るだけ髪へのダメージを少なく!様々な対策をご紹介!

髪が浴びる紫外線の量は、肌が浴びる量3倍とも5倍ともいわれています。紫外線(特にUVA)は春になると急激に増えてくるため、髪にも早めのUV対策が必要です。髪のUV対策には、朝のスタイリングの時に、UVカット効果のあるスタイリング剤洗い流さないトリートメントを使用するのがおすすめ。
UV対策と同時に傷んだ髪の補修もできるので一石二鳥です。UVAは窓ガラスも通り抜けてしまうので、屋内にいる時もUV対策を忘れないようにしましょう。また、外出時にはUVカットに効果的な日傘や帽子で髪や頭皮を紫外線から守るようにしてください。髪用のスプレータイプの日焼け止めもあるので、外出が長くなる時は持ち歩くとよいでしょう。

傷んだ髪のケアも忘れずに!

春も自信が持てる髪の毛を!

髪は一度傷んでしまうと自然に元に戻ることはありません。そのため、トリートメントなどで髪をケアする必要があります。特に新年度はパーマをかけたりカラーリングをしたりする機会も多いかと思います。せっかく髪形を変えても髪が傷んでいたら残念!新年度に向けて、早めのケアをしておきましょう。紫外線を浴びると髪がパサつきやすくなるので、シャンプーの後に保湿効果のあるトリートメントやヘアパックを使用するのがおすすめです。トリートメントは毎日行うのが効果的。ダメージが特に気になるようであれば、美容院でのトリートメントで集中ケアをするとよいでしょう。

いかがでしたか?
肌は日焼けすると赤くなったり黒くなったりするため、UV対策をすることが浸透していますが、ダメージが見えにくい髪のUV対策はどうしても忘れがち。髪は一度ダメージを受けるとなかなか元には戻らないので、早めの対策が必要です。春から、肌のUV対策を始めるのと同時に、髪のUV対策も始めましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!