ショーパン・ミニスカも自信!生脚になる前にすべきケア

モテ子
生脚だなんて…若さの象徴ね。


新年度のスタートと同時に、ファッションもコートからジャケット、そして足元もブーツからパンプス、そしてすぐにサンダルを履く季節がやってきます。突然脚を出すことになって焦らないように、今回は生脚を出す前にケアすべきポイントをチェックしていきましょう。

ムダ毛ケアと保湿でツルツル肌に

脚に限らず肌の露出が増えるこの季節、ムダ毛処理は必要不可欠ですね。ムダ毛のケアはカミソリや電気シェーバーで剃る方法と、脱毛テープやワックスで抜く方法があります。どちらの方法も肌に負担がかかるので、処理する前に保護用のクリームやジェルを使って肌をケアしながら丁寧に行いましょう。処理後はしっかり保湿することもを忘れずに。一度で処理できない場合は、焦らず数回に分けて行うなど、肌に負担を与えない工夫も重要です。また、冬の間にケアを怠っているとスネから太ももにかけての角質がカサカサになっていませんか?肌の表面が乾燥した状態でムダ毛処理をすると、肌への負担はさらに増!ムダ毛処理を行う前に毎日しっかりと保湿して肌の表面を整えてあげましょう。

老廃物を排出してむくみを改善

脚は老廃物が蓄積しやすく、むくみが出やすいパーツ。むくんだ状態を放置すると、脚自体が太く見えるだけでなく、老廃物がリンパの流れや血行を悪化させ、冷えの原因にもなります。脚がむくんでいると感じたら、次の日にむくみを持ち越さない意識を持ちましょう。専用のソックスを履いたり、つま先から太ももにかけて老廃物を身体の中心に戻すイメージで丁寧にマッサージをしてあげるのがオススメ。血行のよくなる入浴中にマッサージするとさらに効果UP!

虫刺され跡やヒザの黒ずみ対策

ムダ毛や保湿には気がまわっても意外と見落としがちなのが、脚にできてしまった虫刺され跡や、靴擦れの傷跡、毛穴やヒザの黒ずみなどの色素沈着です。傷跡は皮膚科で塗り薬を処方してもらうか、薬局で購入できるものもあるので、丁寧に塗り込んであげましょう。目立たなくなるまでに毎日根気よく塗り続けることが大切です。スネやふくらはぎなどにも意外と小さな傷があるので、まずは自分の脚をくまなくチェックして、この機会にケアしておくと良いですね!また、ヒザ下の黒ずみも美白クリームを塗ってつるつるのヒザを目指しましょう。

生足にはペディキュア必須☆


サンダルやミュールを履いた時、意外と目につくのが足の爪です。ケアはもちろん、ペディキュアを塗っているのと塗っていないのでは印象がケタ違い。足元はピンクやベージュなどの肌馴染みの良いベーシックなカラーより、インパクトのある鮮やかなカラーがおすすめ。足元に華やかさがプラスされ、生脚をより女性らしく格上げしてくれますよ。

いかがでしたか。サンダルを履いておしゃれをできる季節ももうすぐそこ。時間を活用しながら少しずつ脚のケアに意識を向け、ハリのある美脚で存分に季節のファッションを楽しんでくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

専門家ライター募集 モテ子YouTubeチャンネル