効果を120%引き出せ!肌タイプ別☆シートマスクの選び方

モテ子
とりあえず顔に貼って満足してない?


誰もが手に入れたい美肌。そんな願いを叶えてくれる身近な、スペシャルケアアイテムといえばシートマスクですよね。でもお肌の悩みや狙う効果は人それぞれ違うのではないでしょうか。シートマスクを選ぶとき、ついパッケージなどにつられがちですが「成分」をきちんと確認していますか?お悩みに合わせて効果的な成分を選ばないとせっかくのパックの効果が半減。今回はお肌のタイプ別にオススメの成分をご紹介します。さっそくチェックしていきましょう。

乾燥肌

乾燥が気になる人は「ヒアルロン酸」「セラミド」が入ったものがオススメ。

【ヒアルロン酸】

ヒアルロン酸は元々、肌の奥深くの真皮に備わっていて水分を保持している成分でもあります。注目すべきパワーはなんといっても保水力。ヒアルロン酸1gに対し6ℓもの水分を保持できると言われています。その保水力はシートマスクを使った際にも発揮され、乾燥肌を防ぎ、ハリ潤いのある肌へと導いてくれます。

【セラミド】

セラミドは肌の一番表面の角質層の細胞間にある脂質で、いわば乾燥から肌を守るバリアの役割をしています。しかしセラミドは、20歳を過ぎると徐々に減少していき、敏感肌の人は乾燥によって肌荒れやカサつきを引き起こしてしまうことも。このセラミドを補うことで元のバリア機能を取り戻し、外部刺激による肌荒れを抑え、潤いのある肌となります。

肌荒れ、ニキビ肌

肌が疲れて、ニキビなどの肌荒れにお悩みの方にオススメなのが「アロエ」成分。「アロエ」は日本に限らず様々な地域で古来から使用されてきた万能薬です!

【アロエ】


他の化粧品や食品でも人気があるアロエ。アロエには肌を整え、傷などを軽減する「収れん作用」、肌荒れを防ぎ、しっとりとした肌にする「保湿作用」、紫外線から肌を守り日焼けを軽減させる「紫外線防御作用」、肌を細菌や細菌のもととなる毒素から守る「抗菌作用」など、様々な作用があります。弱った肌のケアはもちろん、肌が荒れやすく弱い人は定期的にアロエのシートマスクをすることで肌荒れを未然に防ぐことが出来ます。

オイリー肌

皮脂の分泌が活発すぎて顔がテカテカして困っている方にオススメなのが「ビタミンC誘導体」。皮脂分泌コントロールだけでなく、ビタミンCは様々な美容効果があるため積極的に補いましょう。

【ビタミンC誘導体】


美容といえばビタミンC!美白や抗酸化作用など美容成分として名高いビタミンCですが、成分自体が壊れやすく効果を発揮しにくいという弱点を持っています。そんな弱点を解決したのが「ビタミンC誘導体」。人工的な改良により、成分が安定し、皮膚への浸透力が高くなります。
ビタミンC誘導体には、皮脂抑制作用があるのでニキビを防ぐ効果があるだけでなく、抗酸化作用、新陳代謝を促進する作用や、メラニン生成を軽減させシミを防ぐなどの紫外線対策にも役立ちます。
また、お肌のハリを保つコラーゲンの生成も促します。コラーゲンは真皮にあり、塗るなどの対外から浸透させることができないので、ビタミンC誘導体はコラーゲンを増やす救世主でもあるのです。

お肌に適した成分を選んで美肌になろう!

毎日のメイクなどで負担のかかっているお疲れ肌に、たまには休息日を。お肌の状態に合ったシートマスクは、定期的に利用すれば肌に良い効果をもたらしてくれるので、上手に活用しましょう。肌トラブルを解決し、素肌から美しい美肌女子を目指しましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル