スマホで肌が焼ける?!紫外線より怖い、ブルーライトがもたらす影響

モテ子
「モテ子BEAUTY」をチェックしたら、今日のスマホは終わりにしなさい。


あなたは、1日何時間パソコンやスマホの画面を見ていますか?
目の疲れや頭痛などの身体の不調は、その画面から出ている“ブルーライト”のせいかも!今回は、ブルーライトが私たちに与える意外な影響とその対策をご紹介します。

そもそもブルーライトって何?

ブルーライトとは、目に見える光の範囲の中で最も波長が短く、網膜まで届くほどの強いエネルギーをもつ青色の光のこと。紫外線は目の奥に届きませんが、ブルーライトは目の奥まで届いてしまいます。太陽光にも含まれていますが、LEDの照明やディスプレイに使われているので、部屋の照明だけではなく、1日で向き合うことが多いテレビやパソコン、スマホからも大量のブルーライトが出ているのです。

女子の大敵!ブルーライトが美容に及ぼす3つの悪影響

ブルーライトで睡眠障害に!

ブルーライトは太陽光にも含まれていることから、浴びることで脳内で眠気を起こすメラトニンの量を減らし、体内時計をリセットして身体を活性化させます。そのため、寝る前にパソコンやスマホを長時間見ると、体内時計が狂い、自律神経が上手く働かなくなり、睡眠の質が低下します。この状態が続くと睡眠障害を招き、日中ずっと眠かったり、疲れがとれないままになったりします。

ブルーライトで肌荒れ・クマ・日焼け!?

ブルーライトは、目と睡眠だけではなく、肌にも影響を与えます。睡眠の質が低下すると、血行が悪くなり、代謝も悪くなります。そうすると、便秘がちになり、腸内環境が悪化することで老廃物が体に溜まってしまうことに……。その結果、肌荒れまで引き起こしてしまうのです。また、ブルーライトを浴びすぎて眼精疲労になると目の周りの血行が悪くなり、「青クマ」もできてしまいます。ばっちりメイクをしてもクマのせいでお疲れ顔はイヤですよね。さらには、ブルーライトで日焼けをすることもあるのだとか!ブルーライトが目の奥を通って、紫外線と同じようにシミシワの原因となることが最近の研究で明らかになりました。このように、ブルーライトの浴びすぎは、あなたの美肌を脅かしているのです。

ブルーライトで太る!?

パソコンやタブレット、スマホを見ながら食事をとっていませんか?食べながらのスマホ等の使用は満腹感を得にくく、食べ過ぎの原因に!
ブルーライトが引き起こす睡眠不足も肥満をもたらします。夜遅くまで起きていると、食欲を増進するホルモンが分泌され食欲が増します。また、睡眠中に分泌される脂肪代謝を促すホルモンの働きも阻害され、さらに睡眠不足によって身体が生命の危機を感じて脂肪を蓄えようとするので、代謝が下がり太りやすくなってしまうのです。

ブルーライトをできるだけ浴びない努力をするためには


ブルーライトは、睡眠の質を下げ、肌荒れや太りやすい体質を招きます。だからといって生活からすべてのブルーライトを除くことはできません。テレビだって、パソコンだって、スマホだって、生活に欠かせないもの。それでは、できるだけブルーライトを浴びないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか。

眼鏡やフィルムでブルーライトをカット!

ブルーライトカット眼鏡は30~50%、パソコンやスマホ用のブルーカットフィルムは90%のブルーライトをカットできます。お店や通販で購入できるので、ぜひ試してみてください。

パソコンやスマホの明るさダウン!

明るさを1/3に落としたり、画面の青色の割合を少なく設定したりするだけで、ブルーライトの量が少なくなります。今すぐできることなので、早速設定してみましょう。

1時間につき15分休憩

厚生労働省のガイドラインでは「1時間のパソコンやスマホの利用につき15分休む」ことがすすめられています。長時間パソコンやスマホに向き合うのではなく、こまめに休憩をはさんで、目をしっかり休めましょう。

寝る30分前からパソコンやスマホは控える

寝る前にブルーライトを浴びると、体が活性化して眠れなくなってしまいます。その結果、睡眠不足や昼夜逆転の生活になります。寝る前の時間はできるだけパソコンやスマホは控えましょう。

ブルーライト対策コスメも登場

ブルーライトが肌に及ぼす影響の研究が進んだ近年では、ブルーライト焼けによるシミなどを予防するコスメも登場しています。気になる人は、紫外線対策と一緒にとり入れて美肌をキープしましょう。

ブルーライトをカットして、パソコンやスマホと上手く付き合おう

今や私たちの生活に欠かせないものとなったパソコンやスマホ。手放すことはできなくても使い方を少し工夫するだけで、ブルーライトから身体を守ることができます。今すぐできることから対策してパソコンやスマホと上手く付き合っていきましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!