素肌より素肌感UP☆美脚を引き出すストッキングの選び方

モテ子
ストッキング初心者なのがバレバレよ。


新緑がまぶしい季節となり、服装も長袖から半袖、そして足元もストッキングやソックスなど、軽やかになっていきますよね。脚をキレイに美しく見せてくれるストッキングですが、選び方を間違えると思った色と違い、浮いてしまって大失敗ということも。そこで、今回はストッキングの選び方についてご紹介します!

色選びの基本


ストッキングと一口に言ってもさまざまな商品が販売されています。選ぶときに注意したいのが、好みの色があなたの肌色に合うとは限らないということです。つい、パッケージの見栄えの良さなどで適当にチョイスしてしまいがちですが、パッケージでは白い紙に履かせてある状態のものが多い為、そのままの色をイメージをしてしまうのはNG。また、同じベージュのように見えても微妙なトーンの違いがあるということを意識しましょう。お店にサンプルがあれば、実際に手に取り見比べてみるのがベスト。腕の内側を脚に見立ててストッキングを履かせ、何も履かせていない腕の色と見比べて違和感のないものを選べば、履いた時に自然な肌色になります。光の角度を変えて色の違いや質感を見てみるのもポイントですよ☆

目指す脚のイメージは?

同じベージュでも微妙な色の違いがありますが、なにを基準に選んだらいいのかも気になるポイントですよね。それはズバリ!あなたが求める脚のイメージ次第です。脚を細く見せたいなら、肌の色よりワントーン暗いものを選ぶと良いでしょう。トーンが一つ暗くなるだけで、引き締め効果があり細く見せることができます。また、パーティーなどで脚にゴージャス感や存在感を出したい時には光沢があるパールが含まれているものや、イエローベースがおすすめ。ショートパンツなど、カジュアルに合わせる時にはワントーンピンク寄りのものを選ぶと血色が良く見え、健康的な脚を演出できます。ストッキングの微妙な色の違いを攻略し、その日のコーディネートに合わせてセレクトすれば、あなたの脚をよりキレイに見せる心強いツールになってくれますよ♪

ストッキングのジャストサイズを知る


なんとなく選んでしまい、結果的にサイズが合わずに失敗したという経験はありませんか?ストッキングのサイズは、ほとんどの商品が「S~M」「M~L」「L~LL」の表記になっています。この場合、書かれている大きいサイズ寄りの設計になっているということを覚えておきましょう。「M~L」ならこの商品はLだな、という感じです。また、ジャストサイズにめぐり合うには、ヒップサイズも要チェックポイント。ストッキングは、足先からお尻まですっぽりと包み込むものなので、表面的に見える脚に重点をおいて選んでしまうと、お尻のサイズが合わないというケースも多いものです。さらに身長によっても股下のサイズが変わるので、スリム体型で長身の場合、「M~L」では長さが足りないことも。ストッキングの多くは、身長とヒップの目安が記載されているので、自分のヒップサイズや身長に合わせたものを選びましょう。大きめを選んでしまうと、フィット感が減ってしまうので注意が必要です。

デニール数は20以下をセレクト!透明感のある脚に

ストッキングは、カジュアルアイテムであるタイツとは違って、いかに自然な素肌のように見せるかがとても重要!透明感のある仕上がりにするには「デニール数」もチェックしてみましょう。デニールとは“糸の細さ”を表す単位。数字が小さいほどストッキングを編んでいる糸が細いので、履いた時にキレイな透け感を出すことができます。

生脚ケアも忘れずに

ストッキングは繊細なものなので、履くときに丁寧に履かないとすぐに伝線してしまいます。脚にかさぶたや傷などがあると引っかかって、伝線してしまうことも。ストッキングを履くからには生脚ケアも重要です。そして指もささくれや爪のひび割れがないかなども定期的にチェックして、ちょっとした動作での「やっちゃった!」を防止してくださいね。

いかがでしたか?存在感のないストッキングですが、実は存在を感じさせないストッキング選びこそが上級スキル。自分にあった選び方をマスターして透明感のある美脚を手に入れましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!