心もほどける☆緑茶を飲んで毎日美肌サポート

モテ子
MADE IN JAPANをなめないでちょーだい。


葉が茂りはじめる時期に作られる新茶。その爽やかな自然の香りとしぶさのなかにある甘みに思わずほっとしてしまいますよね。そんな緑茶には、ダイエットや美肌効果が期待できる豊富な栄養が含まれています。今回はそんな身近な美容ドリンク・緑茶の魅力をご紹介します。

緑茶が旬の季節。おすすめは煎茶・玉露・抹茶


緑茶が一番おいしいのは、4月末から5月に出荷される「新茶」の時期!春の訪れとともに顔を出した新芽を摘んでいるので、爽やかな香りと深いうまみが特徴です。
緑茶とひとくくりにいっても種類は様々。中でもダントツで栄養豊富なのが煎茶、玉露、抹茶の3つ。これらには、カリウムやカルシウム、マグネシウム、リン、βカロテン、葉酸、ビタミンC、カフェイン、カテキン、テアニンなどが多く含まれています!それではこれらによってどんな美容・健康効果が期待できるのか見てみましょう。

お茶に含まれるカテキンがダイエットにつながる?!


「茶カテキン」ということばを聞いたことがある人は多いと思います。カテキンは茶葉が光合成を行なうことで増加するポリフェノールの一種で、高温のお湯で淹れると溶けだしやすくなります。緑茶の中に多く含まれるカテキンには、体脂肪低下作用があります。食事のときに飲むことで、食事に含まれる脂肪の燃焼が高まります。また、継続的に緑茶を飲むことで代謝があがり、日々の脂肪燃焼も高くなります。

カテキンが多いのは煎茶

カテキンを効果的にとりたい人にオススメの緑茶が「煎茶」。覆いをかけて栽培される抹茶や玉露などと異なり、煎茶は日光を浴びた葉を摘んでいるためカテキンがたくさん。また、充分に日を浴びる若葉のほうがカテキンが多く含まれるため「新茶」「二番茶」に豊富です!ですが、注意したいのが、緑茶に含まれる「タンニン」という成分。タンニンは鉄と結びつく性質があるため、食事と同時に飲むと鉄分の吸収が阻害されてしまう可能性があります。煎茶には、玉露や抹茶よりタンニンも多く含まれるため、貧血になりやすい人は食後15分ほどで飲むようにしましょう。

【カテキンのその他の作用】

血中コレステロールの低下、がん予防、虫歯予防、抗酸化作用、虫歯予防、抗菌作用、抗インフルエンザ、血圧上昇抑制作用、血糖値上昇抑制作用、口臭予防

美肌効果のあるビタミンCも!


美肌に効果的と言われる美容成分といえばビタミンC!ビタミンCは、水に溶けやすく熱や空気、アルカリなどに破壊されやすいため、調理された食事でとるのは難しいデリケートな成分。そんなビタミンCが豊富に含まれているのが緑茶なのです。そして緑茶に含まれるカテキンがビタミンCの分解を防ぐため、温かいお茶でも壊れることなく摂取できるんです。またビタミンCには、コラーゲン生成の作用があります。コラーゲンが作られると、肌にハリが生まれるのと同時にシミ予防などの効果も持つので美白・美肌を作ります。

【ビタミンCのその他の効果】

老化防止、免疫力向上、ストレス緩和

その他にも緑茶の健康効果はたくさん!

緑茶にはダイエットや美肌効果以外にも魅力的な効果があるんです!含まれる成分別に効果をみてみましょう。

【カフェイン】

持久力増加、二日酔い防止、利尿作用

【テアニン】

リラックス作用【βカロテン】
抗酸化作用、粘膜を丈夫にする、視力低下予防
※βカロテンは、玉露、煎茶、抹茶に多く含まれていますが、水に溶けないため、茶葉ごと飲む抹茶でとることができます。

緑茶で健康で美しい自分を手に入れよう!

緑茶を継続的に飲むだけでこんなにうれしい効果が見込めます。ペットボトルのお茶よりも、急須で淹れたお茶の方が効果が期待できます。旬のこの時期にぜひ緑茶で一息いれてみてくださいね。!

あわせて読みたい

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!