未来の美肌を死守!紫外線ダメージと日焼け止めの選び方をおさらい

モテ子
UVケアは美肌の基本よ。何度でもおさらいしなさい。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

紫外線対策は夏だけしかしていないけどまだ若いから大丈夫…と、思いこんではいませんか?
実は、紫外線は気がつかないうちにジワジワと老化を進行させているんですよ。
今回は、紫外線による肌ダメージのおさらいと日焼け止めの選び方についてご紹介します。

紫外線「UVB波」を浴びると肌が黒くなる理由

日焼けをすると肌が黒く焦げたようになりますよね。これは紫外線の2つの種類のうちUVB波を浴びた時の反応です。この「黒くなる」という反応は、肌が自らを守るために起こしている防御作用のひとつ。メラニン色素を増やして肌を黒くすることで、有害なUVB波を反射させ、肌の奥深くに入りこまないようにしているんです。
その後、肌の新陳代謝(肌の生まれ変わり)によって、不要になったメラニン色素は自然とはがれ落ちていき、元の肌色へと戻っていきます。
ただし、紫外線の量が多すぎたり、加齢などが原因で新陳代謝が正常に行われなかったりすると、シミ色素沈着として肌にとどまってしまうことも…。
子供の頃は、真夏に外で遊び、思いきり日焼けをしたとしてもすぐに元の肌色に戻ったのに、だんだん戻りが悪くなってきたと感じることはありませんか?日焼けをくり返すたびに、肌がくすんで透明感が薄れていくのは、排出しきれなかったメラニン色素が少しずつたまっていくからなのです。
それゆえ、いくら年齢が若くても適切なケアもなく日焼けをくり返していたら、ある日突然「シミ」が表れ、後悔することになってしまうかもしれません。

本当におそろしいのは紫外線「UVA波」

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

紫外線には肌を黒くするUVB波のほかに、肌の奥深くまで浸透するUVA波があります。
実はこのUVA波こそが、肌にとってはもっとも大敵なのですが、UVB波と違いすぐに肌表面に変化が表れないので、つい油断しがちです。
UVA波は、肌の奥深い部分までジワジワと浸透し、肌の弾力を保っているコラーゲンやエラスチンなどの繊維組織を傷つけてしまいます。
すると、肌の弾力が失われ、「たるみ」「しわ」などの原因となるだけではなく、肌の老化を加速させてしまうのです。

紫外線は、量の違いはあるものの、天候や季節を問わず1年中降り注いでいます。また、ガラスも透過するので、室内や車に乗っているときも油断は禁物!日常生活のありとあらゆるシーンで紫外線を浴び、知らず知らずのうちにダメージを蓄積させているのです。

日焼け止めを選ぶ際の3つのポイント

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

紫外線対策グッズの代表格といえば「日焼け止め」です。ただ、最近は日焼け止めの種類も多く、何を選んで良いのか迷ってしまいますよね?そんな方のために、日常使いのための日焼け止め選びのポイントをお伝えします。

1.紫外線カット(SPF,PA)指数は両方の表記があるものを選ぶ

UVA波のカット効果を示すPA値は、+の数が多いほど防ぐ効果が高くなります。
例)PA++よりもPA++++の方が防ぐ効果が高い。

UVB波のカット効果を示すSPF値は、数字によって何も塗っていない状態から何倍の時間防げるか?ということを表しています。

例)SPF15であれば15倍、SPF50であれば50倍の時間防ぐということですが、塗る量によっても効果は変わります。

2. 「紫外線散乱剤タイプ」を選んで肌への負担を減らす

日焼け止めの成分には、主に「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2種類があります。「紫外線吸収剤」の方が肌への負担が大きいので、日常使いならば「紫外線吸収剤」が配合されていない「紫外線散乱剤タイプ」のものを選びましょう。
「紫外線散乱剤タイプ」の日焼け止めには「紫外線吸収剤フリー」「ノンケミカル」「紫外線吸収剤不使用」などと書かれています。

3.クリームタイプがおすすめ

最近はローションタイプやスプレータイプなど、白浮きせずに手軽に使用できるものが多いですが、使用感が良いものの多くは「紫外線吸収剤」が配合されています。

肌への負担が少ない「紫外線散乱剤タイプ」は、やや白浮きしたり伸びが悪かったり、少し乾燥しやすいなどのデメリットはありますが、日焼け止めは長期間使用するものなので、肌への負担を考えると紫外線散乱剤タイプの中でも保湿力のあるクリームタイプ、もしくは乳液タイプのものを選ぶ方が安心です。

いかがでしたか?
このように紫外線による肌の老化は、気がつかないうちに進行していきます。だからこそUVA波、UVB波の両方をしっかりと防ぐことが大切です。美肌を目指すならば1年を通して、たとえ屋内にいる時にも、気を抜いてはいけないということを覚えておいてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!