白い角栓を無理にとるのはダメ!正しい角栓ケアで毛穴レスなつるん肌へ

モテ子
鼻パックで一気に取れた時のあの爽快感がやみつきになるわ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

しっかり丁寧に洗顔をしたのに、よく見ると毛穴からなにやら白い物体が、、、。その正体は角栓。放っておくと毛穴の黒ずみの原因にもなります。汚いと思ってついつい爪や指で取り除きたくなりますよね。でも無理に取り除くのはNG!今回は角栓ができる原因と正しいケア方法をご紹介していきます。

そもそも角栓って?

角栓とは、肌の毛穴に詰まった「古い角質」や「皮脂」、「汚れ」などが混ざったもののこと。角栓は、ニキビなどの炎症を引き起こしたり、酸化すると黒いぶつぶつのようになることもあります。では、これらの角栓はなにが原因で出来てしまうのでしょうか?

原因1.肌機能の低下

1つ目の原因は、肌のターンオーバー(再生機能)の低下です。実は鼻の角栓の約70%は古い角質や汚れで出来ているといわれているのです!中でも古い角質は毛穴の内側から剥がれ落ちたもの。本来古い角質は、たとえ毛穴の中であってもターンオーバーが正常に機能していれば徐々に排出されていきます。ですが、肌の機能が弱っていると排出がうまくいかず、毛穴の中に留まってしまうのです。

原因2. 乾燥

角栓を作る残りの30%は皮脂。ですが、その対極ともいえる乾燥も角栓の原因の1つです。毛穴は、肌が乾燥していると余分に皮脂を分泌し、過剰に分泌された皮脂によって詰まってしまうんです。また、肌が乾燥していると皮膚は硬くなり、毛穴も伸縮できなくなるので、余計に角栓ができやすくなってしまいます。

原因3. 化粧品の洗い残し

3つ目の原因は汚れです。この場合の汚れとは主に化粧品の洗い残しのこと。この汚れを毛穴に溜めたままにしていると、古い角質や皮脂と混ざって角栓の原因になるだけではなく、時間が経つにつれて酸化し、角栓を頑固な黒ずみへと変えてしまいます。化粧品は水では流せないので、しっかりとクレンジングをする必要があります!
では、そんな角栓のケア方法を見ていきたいと思います!

洗顔は優しく、オイリー肌さんも保湿を忘れずに


まず気を付けたいのは、洗顔。みなさんは、ごしごし洗ったり、あまり泡が立っていない状態で洗ったりしていませんか?ごしごしと洗うと、確かに洗った感じはするのですが、実際は肌を傷つけてしまっているかも。洗顔ネットで卵1個分の泡を立て、手の平ではなく、“泡で肌を洗う”ということを意識してみてください。そうすることで、泡が肌を傷つけることなく汚れを取ってくれますよ!
また、忘れてはいけないのは洗顔後の保湿。オイリー肌の人も含め、化粧水で肌のきめを整え、乳液でしっかりと保湿をしましょう。化粧水は、手の平で常温に温めてから肌になじませるとより浸透しやすくなります。

週1~2回はスペシャルケアをプラス


角栓の原因の1つである古い角質は、主にたんぱく質で出来ているため、クレンジングでは落とすことができません。そこで週に1~2回のスペシャルケアで取り除いていきましょう。

1.まずはホットタオルで毛穴を柔らかく

まず初めに、ホットタオルで毛穴を柔らかくし、洗顔で汚れをしっかりと落とせる状態を作っていきます。丁寧にクレンジングをしたら、ぬらしたタオルを電子レンジで1分ほどチン。出来上がったホットタオルを少し熱いかな?くらいの温度に冷まし、顔に乗せます。しばらく時間を置くと毛穴がしっかりと開くので、その後の洗顔やピーリングがより効果的になります。

2.ピーリングで古い角質をしっかり落とす

毛穴をしっかりと開き、洗顔が終わったら、市販のピーリング化粧品を使いましょう!ピーリングは肌への負担が大きいので、使う際は、指の腹で優しく肌に触れることがポイントです。また、使っているピーリング化粧品に書いてある使用回数は必ず守りましょう。

正しいケアでつるつる小鼻を目指そう!

角栓は本来はお肌のターンオーバーで自然と取り除かれていくものです。しかし、ピーリングのしすぎや、指や爪で無理に取り除くなどの、肌に負担が多いケアをしすぎることでもターンオーバーが乱れてしまいます。美肌をつくるには、角栓の見た目ばかりに着目するのではなく適切なケアや肌を元気にするための習慣が重要なのです。角栓は長い時間をかけてできたものなので、すぐに目立たなくすることは難しいですが、日頃のケアをしっかりと見直し根気よくケアすれば、黒ずみのないつるつる鼻を手に入れられますよ!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル