ナチュラルで無防備な魅力☆夏の日焼け風メイクとコーデ

モテ子
“日焼けしちゃった感”を演出してみなさい。

7月に突入し、夏も本番。天気が良く気温の高い日が続くと気持ちも盛り上がってきますね。海やプールに出かけたり、近づく夏休みの予定にワクワクしている人もいるでしょう。ビーチに映えるブロンズ肌にも憧れるけど、将来を考えるとやっぱり日焼けはしたくない…。そんな時はメイクで日焼け肌をつくってみるのはいかがですか?日焼けメイクといってもいつものメイクを少しアレンジするだけ。オレンジづかいでグッとヘルシーな印象にチェンジできちゃいます。今回は日焼け風メイクの方法と、さらに日焼け風メイクにあうおすすめのコーディネイトをご紹介します。

How to 日焼け風メイク

早速、日焼け風メイクのやり方をみていきましょう。

ベース

日焼け風メイクに欠かせないのは潤った印象を与えるツヤのある肌。アイテムに指定はないですが、ツヤを意識したベースメイクを心がけてみましょう。
ツヤが出るパール系ベースコントロールカラーをのせた後→CCクリームなどのライトな使用感のファンデ-ションでナチュラルなツヤ肌へと仕上げましょう。ワンステップでナチュラルなツヤ肌を作れるクッションファンデもおすすめ。

チーク&シェーディング


日焼け風メイクの一番のポイントはココ。チークは目の下から鼻に向け、真横にブラシでいれていきましょう。少し鼻の上にかかる程度でもOKです。日焼けするとほてりやすいおでこ、顎先にも軽く入れます。カラーは明るめのオレンジをチョイスしましょう。チークをのせた後は、ゴールド系のシェーディング用パウダーをフェイスラインやおでこと顎先のオレンジに重ね、チークが自然な仕上がりになるように適度に馴染ませていきます。

アイメイク

チークとのバランスをとり、作りこまないナチュラルなイメージのためにも眉は太くしっかりめに描きましょう。今回の主役はチークなのでアイメイクは少し控えめを意識します。アイシャドウはシンプルなブラウンをアイホール全体になじませ、ブラウンのアイライナーでまつげの間を埋めるようにラインをひきましょう。ゴールドのラメシャドウ目頭目尻に少量プラスすると華やかさもグッとUPしますよ。

リップ

リップもオレンジ系をチョイス。グロスを重ねて唇もツヤのある仕上がりを目指しましょう。

ボディや髪も濡れ感を重視

メイクにあわせてボディもしっかり保湿をしてツヤ感をUP!腕や脚などの肌にオイルをなじませたり、髪にワックスを馴染ませてセミウェットにしたりして、適度な “濡れ感”をプラスしてみましょう。

【番外編】“そばかす“をプラス?!
日焼け風メイクの仕上げにブラウンのアイライナーを使って頬にうっすらとそばかすを追加してみるとカントリーガール風に。フェスや野外イベントにはこんな遊び心のあるメイクで盛り上がってみるのも楽しいですね。

日焼け風メイクにおすすめコーデ

バンダナを投入したシンプルコーデ


今年らしい注目小物といえば“バンダナ”。コーデのアクセントとして投入すれば日焼け風メイクの元気でヘルシーなイメージをさらに底上げしてくれます。スカーフ風に首元につけるのもいいですが、夏はポニーテールの結び目にリボン風につけたり、カチューシャ風にヘッドアクセにして視線を上に集めてみましょう。服はシンプルな無地Tシャツ+ワイドシルエットのボトムと合わせれば日焼け風メイクが主役の旬コーデの完成です。

リゾっぽコーデとの相性も◎


日焼け風メイクは流行のカフタンブラウスかぎ編みアイテムオフショルダーブラウスなどのリゾートスタイルにもぴったり。日焼け肌に合うリラックス感のあるアイテムでコーデを楽しんでみましょう。

いかがでしたか?
せっかくの夏休み!いつものマンネリメイクを脱ぎ捨てて、日焼け風メイクで気分を盛り上げてみませんか?今年も美肌を死守しつつ、夏を満喫していきましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!