日焼け止めは強すぎもNG!肌荒れを防いで美肌をキープする選び方って?

モテ子
「とりあえず」で選んでるとロクなことにならないわよ。


紫外線が気になる季節。日焼け止めは、お出かけの時に欠かせないアイテムですよね。でも、数字が大きいからって、なんとなく「SPF50」の日焼け止めを選んでいませんか?「SPF」や「PA」の表示の本当の意味を知らずに、強すぎる日焼け止めを使い続けると、肌荒れ乾燥などのお肌のトラブルにつながることも。
せっかく日焼け対策で美白を維持できても、お肌が荒れてしまっては意味がありません。ツヤツヤ卵のような美肌・美白を維持するためには、どのようなことに注意して日焼け止めを使えばいいのでしょうか?

とりあえず強い日焼け止めは間違い!自分にピッタリの日焼け止めとは

お店で日焼け止めを選ぶときに注目するのは、パッケージに書かれているSPFの数字とPAの「+」の数。数字が大きければ、「+」が多ければ、日焼け止めの効果がUPするのだと勘違いしていませんか?
今回、活動別にSPFとPAの適切な数値と「+」の数を表にまとめてみました!あなたが今使っている日焼け止めは強すぎないかチェックしてみましょう。

さらに詳しくおさらいするなら

強い日焼け止めは「肌荒れ」の原因


日焼け止めには、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類の成分があります。
紫外線吸収剤は、日焼け止め成分が紫外線を吸収し、化学反応によって熱エネルギーに変換して外に追い出すもの。化学反応を起こすので、お肌への負担が大きく、肌荒れにつながることもあります。
紫外線散乱剤は、日焼け止め成分が紫外線を鏡のごとくはね返すもの。化学反応は起きないので、紫外線吸収剤よりもお肌への負担が小さくおすすめ。しかし、水分や皮脂を吸収してしまうので、乾燥しやすいとういうデメリットもあります。
SPF50のような強い日焼け止めは、基本的に紫外線吸収剤。肌荒れを起こしやすいので、特に敏感肌の人は要注意です。紫外線散乱剤も乾燥しやすいというデメリットがありますが、保湿してから日焼け止めを塗れば大丈夫!
日常生活での日焼け対策くらいの人が、アウトドアや屋外スポーツ用の強い日焼け止めを毎日使うと、肌への負担が大きく「肌荒れ」を引き起こしてしまいます。自分に合った強さの日焼け止めを使うことが大事ですね。

顔は身体よりも慎重に


強い日焼け止めは、肌荒れや乾燥などのトラブルのもと。皮膚の弱い顔にも、身体と同じような強い日焼け止めを塗ると、さらにトラブルを起こしやすくなります。顔は特に、慎重に塗りましょう。

顔用の日焼け止めをチョイスしよう

日焼け止めには、ボディー用と顔用があります。お肌の弱い方用の低刺激性のものも販売されています。顔は、肌が敏感で弱いので、必ず低刺激性の顔用日焼け止めを使用しましょう。

日焼け止めの前に、保湿ケア

日焼け止めを塗る前に、必ずしてほしいのが「保湿ケア」。日焼け止めによる乾燥を防ぐためです。乳液や化粧水でしっかり保湿してから、日焼け止めを全体に薄く重ねていきます。忘れがちな首や耳、えり足にも塗りましょう。
日焼け止めが効果を発揮するまでにかかる時間は約15分。お出かけ15分前には塗っておきましょう。

その知識間違ってない?効果的に使い続けるための3つのポイント


日焼け止めは、毎日使うもの。だからこそ、正しく使用しないと、効果がイマイチだったり、お肌のトラブルにつながってしまったりする可能性も…。より効果的に使うためのポイントを3つご紹介します。

顔に塗ったあとのクレンジングは念入りに!

日焼け止めは、実はほとんどがウォータープルーフ。だから、毎日しっかりクレンジングで落とさないと、毛穴に日焼け止めが残り、肌荒れニキビの原因に。顔に塗った時は、いつも以上にしっかり洗い落としましょう。

身体は、2~3時間置きに塗りなおそう

汗で流れるからと、日焼け止めをこまめに塗りすぎている人はいませんか?塗りすぎは、お肌によくありません。2~3時間置きで十分です。

身体の側面や指、足の甲も忘れずに

腕や足は、べったりと日焼け止めを塗りますが、身体の側面や指、足の甲は意外と忘れがち。足の側面だけ焼けてしまったり、リング焼け・サンダル焼けしたりすると、せっかくの日焼け防止の努力も水の泡。塗り忘れのないようにしましょう。

美白で肌荒れゼロ!日焼け止めを正しく効果的に使おう

日焼け止めは強ければいいというものではありません。せっかく美肌をキープしようと頑張っているのに、肌荒れの原因が日焼け止めだと悲しいですよね。大切なのは、使うシーンに合わせて日焼け止めを使い分け、正しく塗ることです。日焼け止めによるお肌のトラブルはもちろんゼロで、美白を維持しましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!