フルーツ好き必見!朝に食べる柑橘類はシミの原因だった!

モテ子
とんだ落とし穴ね。


香ばしいトーストとあったかいスープ、そして甘酸っぱいフルーツたち。眠い朝も、甘酸っぱいフルーツを食べれば、目がシャキッと覚めますよね。フルーツの中でも、みかんやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類は、ビタミンCが豊富なので大人気!ビタミンCは、シミ改善紫外線防止ニキビ改善コラーゲン生成など、とにかくお肌にいいことで知られています。
ところが、その柑橘類こそがお肌のシミの原因になっていたんです。今まで、ビタミンCがお肌にいいからと思って柑橘類を食べていた人は必見!柑橘類についての正しい知識を一緒に学んでいきましょう。

柑橘類に含まれる「ソラレン」がシミの原因

柑橘類には、お肌のトラブルを改善するビタミンCがたくさん含まれている一方で、シミの原因になる「ソラレン」という物質も含まれています。ソラレンは、日光を浴びると紫外線に敏感に反応し、紫外線を吸収しやすくします。ソラレンを含む柑橘類を食べてから紫外線を浴びると、シミやそばかす、お肌の赤み・かゆみを引き起こすことも。

ソラレンの効果は7時間。柑橘類は「夕方以降」に!


ソラレンは、体内に取り込まれてから約2時間で全身に回り、活動がピークに。さらに、持続効果は約7時間。例えば、朝8時に柑橘類を食べたら、お昼の3時までは紫外線を吸収しやすいお肌になってしまうのです。
でも、柑橘類は、ビタミンCを豊富に摂取できる貴重な栄養源。ソラレンを含むからと完全に避けてしまうのもよくありません。食べる時間を工夫すればいいのです。
持続効果は7時間なので、紫外線が強い午前中からお昼3時頃までを避ければOK。柑橘類を食べるなら、朝はやめて、夕方以降にしましょう!

ソラレンが含まれる食べ物は柑橘類だけじゃない?

ソラレンが含まれるフルーツは、柑橘類だけではありません。朝バナナダイエットに対抗して一躍話題になった夜キウイダイエットのキウイにもソラニンが含まれています。ほかには、いちじくやアセロラにも。
フルーツだけではなく、昔からパックにするといいといわれていたキュウリやパセリ、セロリ、しそなどの香味野菜もソラレンが含まれているのです。

柑橘類は食べる時間に工夫が必要!外側だけでなく、内側からも紫外線対策を

紫外線が強くなってきたこの季節。日焼け止めや日傘で対策することはもちろんですが、内側からの紫外線対策も欠かせません。ビタミンCはお肌のトラブルを改善するお肌にいい栄養分。だからこそ、ソラニンのせいで紫外線を吸収しやすくならないように、朝ではなく夜に食べるのが鉄則。食べる時間を工夫して、柑橘類の美容効果を最大限に発揮させ、内側からもキレイなお肌にしていきましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!