いつものアレンジにプラスするだけ!バンダナヘアアレンジであか抜けスタイル

モテ子
バンダナはもはや秋葉原界隈のものではないのよ。

今年っぽい小物といえば、“バンダナ”。コーデのアクセントとしてバックに付けたり、スカーフのように首元に結んだりするのもかわいいですが、この夏おすすめなのはヘアアレンジにプラスする取り入れ方。存在感のあるバンダナは、流行のスポーツMIXや、リゾート風コーデとも相性◎。今回はチャレンジしやすい3つのスタイルをご紹介します。コーデの仕上げにヘアにプラスして、おしゃれ上級者を狙いましょう☆

<ショート~ロング向け>バンダナをヘアバンドとしてON


最初にご紹介するのはヘアバンドとして頭に結ぶだけの簡単アレンジ。ヘッドアクセを取り入れることに慣れていない人でもチャレンジしやすいスタイルです。ロングヘアなら写真のように高めの位置でざっくりポニーテールをつくり、折ったバンダナをヘアバンドのようにオンしてみましょう。ショートヘアの人は、そのままトップから耳上を通し、後ろで結ぶだけでOK☆

【準備】バンダナの折り方

  1. まず斜め半分に折り、三角形にします。
  2. 三角形の中心を内側に折ります。
  3. 2をさらに半分におります。

やり方

  1. 高い位置でざっくりポニーテールを作ります。
  2. 折ったバンダナを結び目が後ろにくるように結びます。
  3. バンダナとサイドの髪をピンで固定して安定させれば完成。

<ロング向け>三つ編み編み込みアップ

誰でもできるヘアアレンジの定番、「くるりんぱ」とバンダナをあわせたアップスタイルのヘアアレンジ。すっきりまとめた髪からバンダナがところどころに覗くスタイルがキュート。

バンダナの折り方

  1. まず斜め半分に折り、三角形にします。
  2. 三角形の中心を少しだけ内側に折ります。
  3. 3回程度に分け折り込み、細めに折ります。

やり方

  1. ハーフアップをつくり、くるりんぱをします。結び目に、細く折ったバンダナを左右対称の長さになるように結びます。

    ※バンダナにボリュームがあるので邪魔をしないように、目立たないヘアゴムをつかうとアレンジがしやすくなるよ。
  2. さらに髪を真ん中で2つに分け、それぞれバンダナと一緒に三つ編みをしていきます。この時、最後に結びやすいように、三つ編みの途中でバンダナを長めに残しておきましょう。
  3. 出来あがった三つ編みを頭頂部に持ってきて、それぞれピンで固定します。
  4. 残しておいたバンダナの先端を頭頂部で結んで完成。

さらに三つ編みを適度に崩して、ルーズに仕上げるとこなれ感UP☆大きめのバンダナを使うと編み込みしやすくなります。

<セミロング~ロング向け>三つ編みダウンスタイル

髪とバンダナをルーズに編みこんでまとめた女子らしさ満点なスタイル。流行のリゾートスタイルにもぴったり。適度なこなれ感が大人女子にも取り入れやすいスタイルです。長さが足りない人は、サイドに寄せず、後ろの位置でざっくりと作ってみましょう。

バンダナの折り方

「三つ編み編み込みアップ」と同じやり方で細めに折ればOK

やり方

  1. 細く折ったバンダナの先端を、三つ編みをつくる側とは逆のこめかみ上あたりにピンで固定しておきます。

  2. 髪をサイドに寄せ、バンダナをまき込みながらざっくりと編み込んでいきます。

  3. バンダナの先端を少し残す程度編んだらゴムでとめます。
  4. 仕上げに1で仮止めしておいたバンダナの先端を内側に折り込み、トップの位置にピンでとめて完成。

いかがでしたか?
いつものヘアアレンジにバンダナを1枚プラスするだけで驚くほどオシャレ感が増します。今回使用したのは100円均一でGETしたバンダナ。プチプラで手にはいるアイテムなのも嬉しいポイントですね。服や気分にあわせてカラーや柄をチェンジして、アクセ感覚で楽しんでみましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル