夏のお肌も乾燥注意報!?うる肌をつくるスキンケアのコツって?

モテ子
なぜなの!?汗びっしょりなのに乾燥小じわがあるわ!
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

一見汗などでしっとりしているかのように思える夏の肌。でも、なんだか化粧落としのあと、乾燥している気がしませんか?夏は、紫外線やエアコンなどの影響もあり想像以上に肌が乾燥しています。加えて、気温の影響もあり肌の水分保持力も低下しているのです。そこで、今回は、そんな夏の肌における保湿ケアのコツをご紹介します。

どうして起こる?夏の乾燥

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

夏は特にテカリやベタつきが気になって、汗をふいたり、ベタつき予防シートなどを使っていませんか? そうするとお肌の表面は、水分が不足し、かえって保湿が必要な状態に。肌が乾燥していると、水分の蒸発を防ごうとして、皮脂の分泌を増やし、結果的に肌の中はカサカサ、外はベタベタという隠れ乾燥肌状態“インナードライ”に陥ってしまうのです。
インナードライ肌の表面は、汗や皮脂が多く分泌され、しっとりとしているようで、肌内部が砂漠のように水分不足に陥り、乾燥してハリが失われています。

紫外線やエアコンの影響も

夏の強い紫外線を繰り返し浴びると、肌の角層と呼ばれる部分が厚くなります。それが、肌の乾燥につながり、さらに肌のターンオーバーの乱れによって、角層が不均一になり、光を乱反射してしまうことに。すると、肌の透明感が失われて、くすみにつながることも。
さらに冷房も影響しています。エアコンの吹き出し口から出る風に当たると、その刺激で、肌の水分が失われてしまいます。

皮脂の取り過ぎを防いでインナードライを予防

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

夏のインナードライは主に皮脂の取り過ぎが原因です。ここではフェイス、ボディそれぞれで普段から気をつけたいことを確認してみましょう。

油取り紙の使用は避け、洗顔はぬるま湯で

油取り紙を使うと、皮脂を取りすぎてしまい、肌内部の水分は蒸発してしまいます。実は、顔のテカリをオフするのはティッシュで軽くおさえる程度で十分なのです。また、洗顔をするときには、35〜36度くらいのぬるま湯を使います。お湯で洗ってしまうと、肌の皮脂も綺麗に除去できますが、必要な油分まで奪われてしまう可能性大なのです。

ボディは洗い過ぎに注意

この季節はよく汗をかくので、シャワーやお風呂で頻繁に汗を流す機会が増えますね。でも1日に何度も石鹸で身体を洗うと、皮脂を取り過ぎてしまいます。また液体のボディーソープは固形石鹸よりも1回当たりの量が多くなりがち。シャワーでさっと流しただけでは肌の表面に残ってしまい、皮脂を取りすぎてバリア機能が弱っている肌が荒れる原因にもなってしまいます。

夏の保湿はこうすべし!=フェイス編=

夏は、汗や皮脂の分泌量が増えるため、どうしても肌がベタベタしてしまいがち。そんなときに、保湿力の高いクリームを使う気にはなりませんよね。そこで、オススメしたいのが、乳液とクリームを合わせたスキンケア方法です。乳液は保湿クリームよりも水分が多く、つけ心地が軽くなります。まずは、乳液を小指の爪くらいにとり、両手を合わせながら顔全体に薄く伸ばし、手で包み込むように数秒間おさえてじっくりとなじませます。そしてその後に保湿クリームを重ねます。ポイントは、最初からたくさんつけず、乳液だけでは物足りないと感じる部分や頬などの乾燥しやすい部分にだけ少量ずつ重ねづけするようにしましょう。

温タオル+冷タオル法でスペシャルケア

    【用意するもの】

  • タオル2枚
  • ※水で濡らして固く絞り、1枚は冷蔵庫で冷やしておき、1枚は500Wのレンジで30秒ほどあたためます。

【やり方】

まず、暖めたタオルが気持ちいい熱さになったら、顔にのせ、2〜3分間そのまま放置します。体温より冷たくなったらはずしましょう。
次に、冷蔵庫などで冷やしたタオルを顔にのせ、ぬるくなるまで2〜3分間放置します。温タオルは血行促進や保湿効果、冷タオルは制汗効果や、水分吸収力を安定させる効果が期待できます。これを交互に2〜3回繰り返すと、肌にいい刺激となり肌の動きを活性化する働きもあります。

夏の保湿はこうすべし!=ボディ編=

夏の乾燥から守るには、ボディケアクリームを塗るタイミングが大事。でも、お風呂あがりの身体が熱い状態で、クリームを塗るのに抵抗がある人は、あらかじめ化粧水を冷蔵庫などで冷やしておき、それを先につけて、身体のほてりを沈めてから、クリームを塗ってみてはいかがでしょう。
それでもやはりクリームはべたついて嫌という人は、水分が多めのローションや乳液でもOK。また、クリームを塗ったあと、ベビーパウダーで肌をサラサラにするという方法もあります。ベビーパウダーには、汗を吸収してくれる働きもあるので、ベトベト感が苦手な人には向いているでしょう。
夏のボディケアはお風呂あがりなど、お肌が柔らかい状態のあと、あまり時間をおかずに保湿をすることが大事なのです。

いかがでしたか?冬とは違って、夏は空気の乾燥が少ない分つい肌が潤っているように油断しがち。ダメージの原因は違っても保湿をしっかり行い健康な肌をキープしておかないと次の季節の変わり目にもまた肌が不安定になってしまいます。べたつきが苦手で保湿をおろそかにしていた人も、今日からしっかり隠れ乾燥対策を行ないましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル