スポーツMIXからこなれ感まで…真夏のタンクトップコーデのいろは

モテ子
ヘルシーなセクシーさをマスターしなさい。


真夏の定番アイテム、タンクトップ。スリーブレスとも言われ、涼しく、インナーとしても活躍する機会が多いですね。しかし、形がシンプルなだけにオシャレな着こなし方がよくわからない人もいるのではないでしょうか?そこで今回は定番のタンクトップコーデから今年流行のタンクトップコーデまで真夏に愛される可愛いタンクトップの着こなし術をご紹介します。

定番タンクトップコーデ

デニム×白タンクトップでシンプルに


デコルテや二の腕など“適度な肌見せ”が叶うタンクトップは、スポーティーな印象の中に女性らしさを引き出してくれるアイテム。デニムなどメンズライクなアイテムと合わせてシンプルなコーデしてみましょう。

シャツと合わせた定番重ね着スタイル

もともとインナーとしての活躍の機会が多いタンクトップ。シャツのインナーとしてコーデすればオフィスでもOKなスタイルに。シンプルなタンクトップには存在感のあるネックレスを投入したり、胸元レースやビジューのタンクトップを合わせて華やかさをプラスしてみましょう。

ロゴや柄のタンクトップはショートパンツと合わせて

大きめのロゴや柄が入っているタンクトップはショートパンツと合わせてカジュアルに。スポーティーコーデに慣れていない人は、まずは襟ぐりや袖ぐりをパイピングされたデザインのタンクトップであれば取り入れやすいです。キャップ、バンダナ、スニーカー、リュックなどのアイテムとあわせて、よりスポーティーにきめてみては?

2016年タンクトップのおすすめコーデ

異素材の重ね着スタイルが旬


ニット素材のキャミソールや総レース素材のタンクトップをコットン素材に重ねてコーディネイトすれば今年らしいスタイルに。さらにオーバーサイズのシースルーアイテムを重ねると涼しげなスタイルに仕上がります。

ハイネックのタンクトップ

襟ぐりの開きの少ない、ハイネックのタンクトップはトップスとしての存在感もあるので、一枚でのコーデに抵抗がある人も取り入れやすいアイテムです。トップスがコンパクトにまとめるのでガウチョパンツやワイドパンツなど流行のワイドシルエットのボトムとも相性抜群です。

短め丈をセレクト


今年旬なのは短め丈。OFFスタイルなら、おへそが見えそうで見えないくらいの丈感のタンクトップをハイウエストのデニムやオーバーオールとコーディネートをしてみましょう。サイドからチラリとみえるウエストが適度なセクシーさを作ってくれます。

オーバーサイズのタンクトップはインしてスタイルよく見せる

 今年タンクトップはインするのがオススメです。ウエストにインして少したるませてみると細見え効果UP。ショートパンツなら少し太めのベルトでアクセントをつけましょう。シャツを腰に巻いてウエストマークするのも手です。

とろみ素材でリラックス感

リラックス感を演出するコーディネートとして注目したいのは、キュプラやレーヨンやポリエステルいった“とろみ素材”のアイテム。とろみ素材は着るだけでこなれ感あるスタイルに。とろんとした落ち感と動いた時にふんわりと広がる素材は女性らしく、優しい雰囲気と適度なリラックス感も醸し出せるので大人女子にもぴったりです。

真夏はタンクトップコーデで!

肩紐部分が細めのタンクトップや襟ぐりが大きめのタンクトップをメインで着る時は、下着やインナーが見えないように気を配ることも忘れずに。肌見せの多いアイテムだからこそ、下品な印象にならないように女性としての品もキープしてきましょう。どんなパンツやスカートにも合うタンクトップは真夏のマストアイテム。せっかくなら今の季節しかできないコーデで真夏のおしゃれを楽しみませんか?。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル