若白髪の原因は遺伝だけじゃない!?見直すべき食生活

モテ子
・・・若白髪。どこまでが「若」なのか気になるわ、、
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

「あれ、こんなところに白いのが…」。みなさんは、若白髪って生えたことありますか?見つけて一瞬焦ってはみたけれど、「一本だけだし、いいや」とか「白髪って遺伝だから仕方ないか」とか思っていませんか。

実は若白髪の原因は遺伝だけではありません。あなたの健康状態を表すものさしでもあるのです。その一本は、普段の食生活が大きく影響しているかも。生えたことがある人もない人も、知っておくべき若白髪と食事の関係をご紹介します。

メラニンを作るメラノサイトって何?

白髪の原因がメラニン色素の不足ということは有名です。そのメラニン色素を作っているのがメラノサイトです。つまり、メラノサイトの働きが低下してしまうために白髪になってしまうのです。
逆にメラノサイトを活発化させれば若白髪は予防できます。メラノサイトを活発にさせるには、髪の根元まで栄養を行き渡らせることが重要です。でも、身体が栄養不足だと、髪にも栄養は届きません。正しい食生活を意識して、きちんと栄養を摂りましょう。

それ危険かも!若白髪になりやすい食生活


それでは、一体どのような食生活や生活習慣が若白髪になりやすいのでしょうか。さっそくチェックしてみましょう!

肉だけ・野菜だけ

お肉が好きな女子はたくさんいますが、お肉だけを食べるのはNGです。髪の毛はたんぱく質でできているのでお肉を取ることもとても大事ですが、アミノ酸の合成に必要なビタミンもきちんと摂りましょう!

また、女子に多いのがダイエット中だからと、野菜しか食べない人。お肉同様、ビタミンだけを摂るのではなく、お肉や魚といったたんぱく質もしっかり摂るように意識しましょう。

コンビニ弁当・パン・おにぎり

保存料や食品添加物をたくさん含んでいるコンビニ弁当や、パン、おにぎりは、摂るべき栄養の吸収を阻害してしまうので避けましょう。

カップ麺・ファーストフード・冷凍食品

これらはカロリーや塩分が高く、食品添加物も多くミネラル不足になりがちになります。栄養が摂りにくいので、ほどほどにしてください。

冷たい飲み物

身体が冷えると、血行が悪くなり栄養が頭皮にまで行き届かなくなってしまいます。できるだけ温かい飲み物を飲んで、身体を温めましょう。

スナック菓子やスイーツ

お菓子が好きで、ご飯代わりにする人がいますが、それはNG。いずれ栄養障害を引き起こす可能性があり、食べ過ぎると栄養バランスが崩れ若白髪の原因となります。

カフェイン摂取・喫煙

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは、血管を収縮させ頭皮の血行を悪くしてしまいます。また、食事ではありませんが、たばこに含まれるニコチンも同じく血管を収縮させます。さらに、たんぱく質であるケラチンの合成に必要不可欠なビタミンを大量に消費してしまうので、髪まで栄養がいかなくなってしまいます。

白髪を予防してくれる方法とは?

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

若白髪になりやすい食生活がわかったところで、次は予防する方法を見てみましょう。

チロシンを増やす

チロシンとはメラノサイトの元となり、血液中にあるものです。アミノ酸の仲間で、年齢を重ねたり、ストレスが多くなったりすると減少してしまいます。
チロシンを増やすには、チロシンが多く含まれている「チーズ」「大豆」などの食材で補うのが一番。ただ、難しいようならサプリメントなども活用し、吸収を高めるために、ビタミンB6、ビタミンB9を一緒に摂ることがおすすめです。

ビタミンB12を多く含む食材を摂取する

血液の元となるビタミンB12が不足すると貧血の原因になり、チロシンが頭皮にまで行き渡らず、またメラニン色素が髪に定着するのも妨げてしまいます。ビタミンB12を多く含んでいる食材は「貝類」「魚類」「動物の肝臓」です。中でもあさりや生の赤貝、生牡蠣に多く含まれているので、意識して取り入れてみましょう。また、ビタミンB12と一緒に葉酸を摂ると貧血の改善に効果的です。

きちんとした食事で若白髪を予防

髪の毛に栄養を与えてあげるには、まず身体に栄養を与えてあげなければなりません。何か「だけ」を食べる生活はやめて、まんべんなく栄養を摂り、若白髪を予防しましょう!日々の食生活を見直してみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!