キツくないのに印象的な目元に…中抜けラインで作る今っぽ顔☆

モテ子
ただの手抜きメイクと一緒にしないでよ


ファッションとメイク、共通のトレンドはエフォートレス。今季はeffort(努力)をless(より少なく)して肩の力を抜いた感じがおしゃれなんです。メイクの場合、フルメイクはかっちりとした印象ですが、一方、スキがなく近寄りがたい雰囲気になってしまうことも。完璧なメイクではなく、どこかにヌケ感を作ることで自然で優しく、女性らしい雰囲気を出すことができるのです。そんなヌケ感を作るメイクの中でも注目したいのが「中抜けライン」です。

さりげなく印象的な目になれる!中抜けライン


中抜けラインとは目頭目尻にだけアイラインを引くメイク法のこと。あえて黒目の上にはラインを引かないことで、きつい印象を抑えつつ、ほど良い目力を出すことができます。嬉しいことに目の幅が大きく見える効果もあります。目に存在感を出したいけれど、アイラインを引くときつい目元になる…という人にはおすすめです。

中抜けラインの引き方

  1. 目頭から黒目の手前までラインを引きます。ラインの終わりはスッとフェイドアウトさせるようにすると自然な印象になります。
  2. 次に目尻から黒目の手前までラインを引きます。目元をさらに強調したい場合は目尻から5mmほどラインをはみ出すように描きます。
  3. ブラシや指でラインを軽くぼかします。

アイライナーの色はブラウンがイチオシ

中抜けラインを引く時に使うアイライナーの色はブラウンがおすすめです。黒ほど強い印象を与えずに、さりげなく目を強調できます。ブラウンは膨張色なので、目が大きく見える効果も。ブラウンのアイライナーで中抜けラインを引けば、よりいっそう、さりげなく印象的な目元に仕上げることができます。

中抜けラインと相性バッチリ☆その他のヌケ感メイク

中抜けラインでヌケ感を出しても、ほかのパーツにガッチリメイクを施していたら、せっかくのヌケ感が生かせません。そこで、中抜けラインと合わせてヌケ感を演出してくれるメイク法をご紹介します。

ナチュラルな色気が出せるぽんぽんリップ

  1. 口紅を直接指で取り、唇をぽんぽんと軽く叩くようにして塗っていきます。
  2. 唇の輪郭を指でぼかして仕上げます。

この方法なら派手目な色の口紅でも、強い印象になりすぎないので、取り入れやすくなります。流行の赤リップなどで試してみてください。

すっぴん風美人になれるコンシーラー+パウダーのベースメイク

顔全体をファンデーションでカバーすると、のっぺりとした印象になりがち。下地を塗った後は、コンシーラーで気になる部分だけを隠してメリハリを出しましょう。クマはオレンジ系のコンシーラー、ニキビは肌の色よりワントーン暗いベージュのコンシーラーで目立たなくすることができます。仕上げにブラシでパウダーを顔の中央にのせましょう。これできれいな素肌っぽい肌を作ることができます。

ピュアな目元が実現!ノーマスカラメイク

マスカラは欠かせないという人が多いと思いますが、あえてマスカラをしないヌーディな目元透明感が出て魅力的です。ただし、何もしないと地味になりすぎてしまうので、まつげはしっかり上げましょう。まつげの存在感を出すには、ビューラーでまつげをきれいな扇状に広げることです。最後にマスカラのトップコートだけを塗ると上がった状態でキープしやすくなります。

100%完璧にメイクせず、ほどよく力を抜くことでこなれ感を演出できます。単なる手抜きメイクにならないように細部まで丁寧に仕上げてくださいね。

あわせて読みたい

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

専門家ライター募集 モテ子YouTubeチャンネル