ダイエット中だって大丈夫なんです◎マシュマロの美容効果を知らないと損!

モテ子
今日からおやつはマシュマロね。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

ちょっと小腹が空いた時に、ポンと口に運べるマシュマロ。甘くて柔らかく、手軽に食べられるお菓子としてバッグに忍ばせている女子も多いのではないでしょうか。甘くて美味しいので「カロリーが高くて太りそう」と思われがちなマシュマロですが、実は美容に効果があるのをご存知ですか。今回はそんなマシュマロの美容効果について探ってみました。

マシュマロの材料はコラーゲンたっぷりのゼラチン

マシュマロの食感といえば、やはり口に入れた時のふわふわ感。そのふわふわの正体は、コラーゲンが含まれているゼラチンなのです。このゼラチンは、肌に弾力を持たせる美肌効果があり、食べた次の日の化粧ノリも違うほど即効性が期待できる優れもの。また、マシュマロの中にはビタミンの一種とされるビオチンが含まれていて、ビオチンは肌の新陳代謝を促す働きがあるため、さらなる美肌効果が期待できるのです。

腸内環境が整えられ便秘解消効果も

ゼラチンは、体内に入って消化の吸収を助ける働きがあるため、腸を整え便の排出をサポートしてくれます。腸内環境が整えられるので、お通じもスムーズになりますよ。

意外と低カロリー

一般的なマシュマロは、1個当たり3〜10kcalと低カロリー。10個食べても100kcalなのでダイエット中のおやつにも最適です。

マシュマロの選び方と食べるポイント

以前は白いマシュマロが基本でしたが、最近はカラフルなものや、小粒でかわいいもの、キャラクターものなど値段や好みで選べるようになってきました。美肌効果を狙ってマシュマロを選ぶ時に注意したいのが、ゼラチンが入っているかということ。まれにゼラチンではないもので代用しているケースもあるため、材料にゼラチン含まれているかどうかを確認しましょう。そして中には添加物や着色剤などを多く使用しているものもあるため、余計なものは使っていないシンプルなマシュマロを選ぶのがベストです。そしてマシュマロは水分と一緒にとることで消化の吸収が早くなります。マシュマロを食べる時には水分や飲みものを用意して一緒に食べるようにしてくださいね。

楽しいマシュマロアレンジ☆

マシュマロはそのまま食べても美味しいですが、ヨーグルトに混ぜると水分がマシュマロの中に入りプルンとした食感を楽しむことができます。また、温かいココアに浮かべると、熱で溶けたマシュマロが柔らかくなり、トロンとしたマシュマロドリンクに早変わり。この食感がたまらないとマシュマロココアを愛飲している人も多いものです。串に刺したマシュマロを自宅のコンロで少し炙って溶けたところをクッキーで挟んで食べてもGOOD!溶かして良し、焼いて良し、いろいろな食感が楽しめるマシュマロをぜひ試してみてくださいね。

食べ過ぎは厳禁

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

女性に嬉しい効果があるとなると、たくさん食べたいと思うものですが、食生活の基本はバランスの取れた食事です。マシュマロはあくまでも補助食品なので、美肌効果をマシュマロにばかり頼って食べすぎてしまっては栄養のバランスが偏り、ほかの不調を引き起こすことにつながります。バランスの良い三食の食事プラスαとして取り入れてみてくださいね。

食べる量は1日10個が目安

マシュマロは10個程度で1日に必要なコラーゲンを摂取することができます。1日のコラーゲンの摂取目安は5〜10gといわれているのでパッケージの成分表を見ながら食べるようにしましょう。また、ゼラチンは過剰摂取によるアレルギー誘発の心配もあるので、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょうね。

まとめ

いかがでしたか。マシュマロは手頃な価格で手に入りますし、かさばらず手も汚れないので、場所を選ばずに食べることができます。マシュマロの弾力や甘さなどメーカーによっても少しずつ違うので、食べ比べを楽しんでみるのも良いですね。マシュマロを食べた次の日はお肌の変化を実感してみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!