クリスマスは1.5倍美人に盛ろう☆光を集める夜景メイクでモテ顔に

モテ子
昼メイクのままだと、夜は地味な子認定されるわよ。

みなさんは昼のメイクと夜のメイク、同じようにしていないでしょうか?夜は、外はもちろんレストランなど店内でも照明が落ちて暗いですよね。このため、昼と同じやり方ではメイクが足りず、輪郭がぼんやりとしてのっぺりとした印象を与えてしまいます。そこで、少ない光をしっかり集めて、美人度を上げる夜のお出かけ用メイクを伝授します☆

夜メイク講座1

「ラメシャドウ」で目元のキラキラ感をアップ!

夜にお出かけするならマットなアイシャドウでは目の周りが黒ずんで見えてしまいます。光を反射してニュアンスが出しやすい、ラメ入りのアイシャドウで目の周りを華やかに仕上げましょう☆ベージュやゴールド、ホワイトなど肌の色より明るい色を選ぶのがポイント。ラメは粒子が細かいもののほうがより品良く仕上がります♪さらに、上まぶただけでなく下まぶたにも塗ることで、顔全体が明るい印象になりますよ☆ただし、ラメはヨレやすいので、お化粧直しはマメにしてくださいね!お手洗いに行くタイミングがなければ、彼がよそ見している間に、こっそり指でなじませちゃいましょう!

夜メイク講座2

「ハイライト」で美肌効果を狙う♪

夜は暗くて肌がくすんで見えたり、逆に照明が強くて顔に影ができたり、美肌からは程遠い残念なお肌に見えがち。そこで、役に立つのがハイライトです。普段はチークしか使っていないという人も、夜のお出かけにはぜひ取り入れてみましょう。美肌に見せたい時は、目尻、目頭、小鼻を結ぶ三角ゾーンに、目力を上げたい時は、目の外側から下まぶたにかけてのCゾーンに入れるのがベスト!どちらもクマをしっかりカバーするのがポイントです。ハイライトは真っ白だと浮いてしまうので、ベースよりもワントーン明るいベージュ系がおすすめ♪ちなみに、チークは昼メイクよりもひと塗り多めに入れるとちょうどいい発色になります☆

夜メイク講座3

「ティントリップ」でうるるん唇をキープ♪

うるるん唇に欠かせないものといえばグロスですが、食事をしているといつのまにか消え去っていますよね…。そこで、おすすめなのが落ちにくいティントリップ。うるおうのにベタつかず、自然な発色が人気!食べていても落ちにくく、飲んだ時も食器につきにくいと話題になっているんです♪有名ブランドからも出ていますが、キャンメイクなどのお手頃なメーカーからも続々と登場しているのでぜひ試してみてください。

まとめ

夜メイク講座はいかがでしたか?ちなみに、パーティなどでいつもよりもドレスアップする予定なら、さらにアイラインを足してメイクを濃くするのもおすすめです。普段引き慣れていない人なら、濃い色のアイシャドウを目の際に細く入れるだけでも十分に目力がアップしますよ♪イベントラッシュのこれからのシーズンは、昼とは違うメイクで、友達や彼と思いっきり楽しんでくださいね☆

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

専門家ライター募集 モテ子YouTubeチャンネル