就活に効く☆「知的ナチュラルメイク」の作り方

モテ子
もちろん、すっぴんはダメよ。

就活メイクで大切なのは、自分の魅力を自然に引き立てつつ、知性をさりげなく漂わせること。特につけまやアイラインが手放せないという人は要注意です!目を大きく見せたり、華やかさを出したりして、多少盛っても許されるいつものメイクは一旦封印するのが正解。ベースからアイメイクやチーク使いまで、就活向けのメイクのコツをご紹介します☆

ポイント1「ベースメイク」

透明感とツヤ感にこだわる


もっとも大事なのがベースになる肌作り。ぼってり厚塗りに見えたり、ファンデーションが浮いていては元も子もありません!健康的で魅力的に見えるポイントは「透明感」と「ツヤ感」。クマニキビ跡など、どうしても気になるところは部分的にコンシーラーで隠し、それ以外は薄付きにしましょう。ちなみに、乾燥肌でどうしてもファンデーションが浮いてしまうという人は、パール大のニベアに、リキッドファンデーションを数滴混ぜるとツヤのあるナチュラルな肌が作りやすいですよ☆

ポイント2「眉」

自眉を生かしつつ、黄金比に整える

細すぎるとキツイ印象に、太すぎるとおっとりした印象に見られてしまいます。トレンドが色濃く反映される眉ですが、就活では自分に似合ったフツウの眉にするのがベスト。眉毛の黄金比に従って、適度な太さに仕上げましょう。毛がしっかりある人は眉マスカラで整える程度、部分的にうすいところがある人はペンシルで毛を1本1本描き足すように、あまりない人はパウダーとペンシルで仕上げるのがおすすめ☆色は黒だと堅い印象を与えてしまうので、ダークブラウンがベスト♪とはいえ、髪色や肌色によって個人差があるので、自撮りをして客観的に見てみましょう☆

眉の黄金バランスとは…

  • 眉頭は小鼻の延長上
  • 眉山は黒目の外側と目尻の間くらいの位置
  • 眉頭と眉尻の高さはおなじに
  • 眉尻は小鼻と目尻の延長上

ポイント3「アイメイク」

「引き算メイク」で眼力よりも輝きを重視

就活では目を大きく見せるより、輝きが大事。ブラウン系のアイシャドウをグラデーションにするのが王道です。とはいえ、目のまわりが沈み込まないように、濃い色は際にだけ使用し、アイライン替わりに使いましょう。目の大きさ、形にもよりますが、特にぱっちりした目の人は、元々の眼力が強いので、アイラインは一部だけ引くようにしたり、マスカラはブラウンやクリアにするなど、やりすぎないことが大切♪ 

ポイント4「チーク」

ほんのり丸く、上気感を出して熱意を伝える

チークは、おてもやん状態になるのはNGですが、かといって塗らないと血色が悪く見え、元気がないように見えてしまいます。お風呂上がりのような頬が上気しているくらいのイメージで入れるとやる気がある印象に♪色は冒険せずに、うすいピンク系を大きめのブラシでふんわりのせるのがコツ。一度につけず、手の甲で余分な粉を落としながら、少しずつ入れましょう。頬のあたりに丸く入れるとやさしい雰囲気になり、好印象をあたえられます☆

ポイント5「リップ」

口紅の色は個人差が大きいので、似合う色をとことん吟味!

おしゃれに見えても血色が悪く見えるベージュ系は避けたほうがベター。ローズやコーラルなどナチュラルなピンク系を選びましょう。とはいえ、口紅って、もとの唇の色によっても発色が異なりますよね。実際に試してから買うようにしてください♪ジャッジのポイントは、肌がキレイに見えるかどうか、全体に生き生きとした印象に見えるかどうか、老けて見えないかなど。乾燥が気になるという人は口紅をつける前にワセリンを塗るといいですよ☆

まとめ

就活メイクはいかがでしたか? メイクって肌色や肌質、目の形、顔の輪郭によってそれぞれですよね。大切なのは自分の魅力を最大限に引き出せるメイクを鏡の前で研究すること。そして、友達や家族に感想を聞くのがとっても大事☆いくらナチュラルメイクにこだわっても「体調悪いの?」なんて言われてしまっては失敗。「お肌の調子よさそう!」とか「なんかかわいくなった」と言ってもらえたら合格です☆とはいえ、何より大事なのは表情!ナチュラルメイクに口角をしっかり上げた笑顔をトッピングすれば最強の就活メイクの完成です♪

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!