UV対策勘違いしてない!?見落としがちなNG習慣をチェック!

モテ子
UVケアもそろそろ本格始動しないとね。

「まだまだ冬だしUVケアは春になってから」なんて思っている方も多いのでは?確かに、紫外線量が多くなるのは、春から夏にかけてがピーク。しかし、冬の紫外線対策を怠っているがために、シミを招いてしまうことだってあるのです。

しかも、一度できてしまったシミは、ケアしたからといってすぐに消えてくれない厄介なもの。だからこそ、きちんと毎日UVケアを行ってシミをしっかり予防していくことが大切です。今回は、シミができてしまう原因のおさらいと、シミを増やさないための紫外線対策をご紹介したいと思います。

シミが発生するメカニズム

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

お肌に強い紫外線が当たると、メラニン色素を作る細胞「メラノサイト」が刺激を受け、メラニン色素を作り出します。これは、紫外線の害からお肌を守ろうとして、肌色を黒くするため。

皮膚は、随時ターンオーバーを繰り返して新しい皮膚と入れ替わるので、本来はメラニンも古い角質と一緒に“垢”として自然に剥がれていきます。しかし、紫外線をたくさん浴びてメラニンが大量に作り出されてしまうと、話は別。ターンオーバーだけでは上手く排出できず、メラニンがお肌に留まってしまいシミになってしまうのです。

その他の主な原因として、加齢やホルモンバランスの乱れ、ストレス、さらにナイロンタオルや洗顔ブラシなどの摩擦によってシミができる場合もあると考えられています。

これ以上シミを作らないために。NG習慣をチェック!

日傘は黒いだけではNG

黒は紫外線をカットしてくれる定番カラーですよね。どうしても屋外で日焼けしたくないからと身の回りを黒一色で固めて、夏場になるとその格好のまま滝のように流れる汗にジッと耐えている方もいるでしょう。しかし、黒いアイテムを身に着けるだけでは紫外線をカットしてくれないという事実をご存知でしたか?

深く考えずに黒を選んで安心しがちな日傘も、選ぶ時に注意するポイントは、色や遮光率ではなく、“UVカット加工がされているかどうか”と“UVカット率”。遮光率がまぶしさや暑さを和らげる効果を表すのに対し、UVカット率は紫外線防止効果を表します。

しっかりと紫外線対策したいなら、UVカット率99.9%~100%の日傘を選ぶのがオススメ。また、日傘のUVカット加工は、1年から3年程度しかもたないといわれているため、適宜UVカットのスプレーを吹きかけるか買い替えが必要になります。長年、同じ日傘を使っている方は要注意です!

柑橘類は「朝」に摂らない

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

美肌の基本といえば「ビタミンC」の摂取ですよね。特に、シミ肌で悩む方は積極的にフルーツやサプリメントなどで摂取していることと思います。しかし、ビタミンCを多く含む柑橘類には同時に「ソラレン」という紫外線に反応する光毒性物質が含まれているものが多いので、朝に摂るのは実はとてもキケン!

ソラレンには紫外線の吸収率を高め、紫外線に対するバリアを弱くしてしまう特徴があるといわれています。しかも、この作用は摂取から2時間ほど経った頃にピークに達し、その後7時間ほど続くのだとか。ソラレンを多く含む柑橘系のフルーツや飲み物は、紫外線が最も多い時間帯(10時~14時の間)を避けるのが鉄則です。

もし、どうしてもソラレンを含む食材を摂りたい場合は、夕方から夜であればOK。さらに、ビタミンCは夜に摂ると体内に留まり、成長ホルモンと結びついてコラーゲン生成を促すので、より効果がUPします。

外出時間や場所によってSPF数値を使い分ける

日焼けはある程度個人差がありますが、紫外線が当たってから日焼けするまでの時間は、平均で約20分といわれています。SPF30の場合、その時間を30倍遅らせることができるという意味。単純計算で20分✕30=600分ということです。

ただ、SPF値がいくら高いからといって、汗をかいて取れてしまっては意味がありません。あくまでも、SPFは“日焼けを遅らせることができる時間の値”なので、外出時間や場所、さらにそこでの行動内容などによってSPFを使い分けるといいでしょう。例えば、洗濯物を干したり、近所へ買い物に行ったりする場合ならSPF15~20、PA++くらいがオススメ。また、長時間外出したり、海や山へ出かけたりする場合は、SPF30以上ものを使いましょう。ちなみにSPFの最高値は50ですが、実質30以上であれば紫外線カットの効果はほぼ変わりません。屋外に長時間滞在する時は、2~3時間に1回くらいは塗り直すことをお忘れなく。

シミから美肌を守ろう

自分なりに紫外線対策をしていたつもりでも、「実は間違っていた…!」という方もいるのでは?本格的な日焼けシーズンを迎える今だからこそ、紫外線対策を見直してシミにならないお肌づくりを心がけましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル