卒業式は「なでしこメイク」で、袴美人を目指そう☆

モテ子
和装に似合うメイクってコツがあるのよ。


袴って、華やかな色や柄が多いので、盛りすぎメイクはNG。とはいえ、ナチュラルすぎると素朴な感じになって垢抜けません。袴の和テイストになじみつつも、美人顔に仕上げるコツは、口紅にポイントをおき、アイメイクやチークは少〜し控えめにすること。こうすることで、顔にメリハリが出るんです♪そんな、控えめながら印象に残る「なでしこメイク」をご紹介します☆

なでしこメイク1

主役は口元!和色の華やかリップをセレクト

普段は抵抗があるという人も多い、赤リップをはじめとする色の濃い口紅。実は、和装と相性バツグンなんです☆真っ赤よりは、少し朱が入った赤や、少し渋みのあるピンクなど、日本の伝統色である「和っぽい色」を意識して選ぶと、より袴に映えますよ♪

なでしこメイク2

アイメイクは、アイラインがキモ!シャドウの色は控えめに

和色の口紅が目立つよう、アイシャドウはあまり色を使わず、ブラウン系やオレンジ系でナチュラルに仕上げましょう☆ただし、華やかな袴に負けないように、アイラインにはこだわって!目力が上がるとともに、メイク全体が引き締まります♪「アイラインは苦手〜」という人は、こげ茶など、濃い色のアイシャドウを引くだけでも印象が変わりますよ!

なでしこメイク3

はんなりチークで、色っぽさをトッピング☆

チークは、ないと血色が悪くなるし、塗りすぎると本当のおてもやん状態になってしまいます。お風呂上がりのナチュラルな高揚感をイメージして、さっとひとはけ払いましょう。色は袴や口紅に合わせてピンク系オレンジ系がおすすめ。こちらも和色っぽい少しくすんだ色味を選ぶと失敗しにくいうえ、全体の雰囲気にもなじみやすい☆

まとめ

袴に似合う「なでしこメイク」はいかがでしたか?和装用のメイクといっても、特にむずかしいことはありません☆色や使い方を少し注意するだけで、いつものメイク技術でじゅうぶん対応できることが、お分かりいただけたのではないでしょうか?大切な卒業式、思い出と一緒に、なでしこメイクで素敵な写真を残してくださいね♪

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!