シーン別♪香水であなたの魅力をさらに高める方法

モテ子
香水初心者は熟読しなさい。

『香水をつけない女性に未来はない』という、ココ・シャネルの格言をご存知ですか?香水は、自分の存在を強く印象づけ、恋や仕事を成功に導くエッセンス。その日の気分や目的に合わせて好みの香りをまとえば、自然とエネルギーが湧いてきたり、リラックスできたり、周囲の人を夢中にさせたりと様々な効果を得られるのです。

香水の付け方が好印象のカギ!

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

香水は付け方を一歩間違うと、周りの人から香水クサイと思われ嫌がられる事態に…。まずは、香水の基本的な付け方を知ることが重要です。まず、絶対にハズせないのが清潔な肌に付けるということ。汗をかいた状態でつけてしまうと、汗と香水の匂いが混ざり本来の香りを楽しめなくなってしまいます。また、香水は時間とともに香りがグラデーションするように作られているので、つけるタイミングも超重要。肌に付けて10〜30分で香り始めるトップノート、30分〜1時間後に香るミドルノート、2〜3時間後に香るラストノートがあります。人と会うときは香水の魅力が一番高まるミドルノートに合わせて付けるタイミングを調整しましょう。

シーン別☆香水の効果的な付け方

シーンに合わせた香水の使い方をマスターすると、香水の楽しみ方もグッと幅が広がります。香りは下から上に向かって蒸発するもの。相手に香りを印象付けたいときは上半身に、ほのかな香りを忍ばせたいときは下半身に付けるのがおすすめです。

お仕事の時…足首に2プッシュ

お仕事中は香水の主張を抑えめに、ほのかに香る程度がデキ女の鉄則。足首に付けておけば、ストッキングやタイツなどで香りがセーブされ、歩くたびにさり気ないオシャレ感を演出できます。また、香水を1プッシュした名刺を使えば、あなたを強く印象付けられる可能性も。フローラルや柑橘系など、万人ウケする香りを選びましょう。

彼とのデート…胸元に1プッシュ

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

男性はいい匂いの女性が好きですが、香水がプンプン匂うようなあからさまな付け方はちょっぴり苦手。デートなら、近づいたときにフワッと香らせるテクで彼を夢中にさせちゃいましょう!心臓の鼓動が高鳴るにつれて、胸元から放たれる甘い香りが何ともセクシー。

ほかの女子より目立ちたい時…お腹に2プッシュ

結婚式や女子会など、オシャレ女子が集う時こそ、ファッションやメイクにこだわってほかの女子より目立ちたいもの。そんな時は、お腹に付けるのがおすすめです。お腹は胸元よりも体温が高く、香水の香りを引き出すにはとっておきのスポット。身体の内側から溢れ出すような自分だけの香りで、周囲の女子に差をつけちゃいましょう!

お泊りデートの時…内ももに1プッシュ

彼とのスキンシップが予想されるお泊りデートの時は、内ももに1プッシュの媚薬を仕込んでおきましょう。至近距離で触れ合う場合、香りを強く感じやすいので付けすぎには要注意。

香水を付ける時の注意点

香水を使う前にいくつか注意しないといけないことがあります。

脇・足の裏には付けない

脇や足の裏など皮脂腺の多いところには付けないようにしましょう。香水と皮脂が混ざり合うと、香水本来の良さが打ち消されてしまいます。

太陽光が当たるとシミになる

香水の種類によっては光毒性があり、紫外線を浴びるとシミができることがあります。とくに顔や首など、シミを絶対作りたくない部分への塗布は控えましょう。

服に直接吹きかける場合は素材をチェックする

香水を直接服に付けるという方法もありますが、シルクなど、シミになりやすい素材もあるので要注意。香水を染み込ませたハンカチなどをクローゼットに入れて、サシェのような使い方をするのがおすすめです。

香り付き柔軟剤は用法用量を守って

最近、香水顔負けの柔軟剤が大人気ですよね。しかし、香り付き柔軟剤で洗い上げた衣類を着ると、肌が刺激され、アレルギー症状を引き起こす可能性も。赤ちゃんがいる人や肌が弱い人は、使用上の注意をよく読んで使用しましょう。

香水の似合うイイ女になる

香水は使い方によって香り方がさまざまに変化する、奥深いもの。今まで何となく付けていた人も、これから香水デビューをする人も、イイ女と思われるような使い方をマスターしてワンランク上のハッピーライフに活かしてくださいね!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!